ソードアート・オンライン第21話感想~人生相談があるの!!~

タイトル 第21話「アルヴヘイムの真実」

和人&直葉サイドによる現実世界でのストーリーとアスナサイドによるゲーム世界を描いた1話。
直葉の恋物語とアスナの視聴者サービス回という見せ場があったわけですが、最後はリーファの涙にもっていかれたというか、ALOでのヒロインの座は譲りません!

メンテナンスによるログアウトはオンラインゲームではよくあることです。たいてい決まった日時にするものなので、プレイヤーはその時間までに狩りやクエストを一時中断できるようにしておきますね。
接続人数が何人いるのかが分からないですが、メンテナンス終了時にログインすると、プレイヤーの少なさを実感します。大勢いた都市内のキャラクターが少なくガラガラな光景を何度も見たものです。

和人の現実世界でのアフターケアーも説明がりましたね。リアルでは成績優秀だったようで、ゲームでもリアルでも能力の高さをさりげなく披露! 互いのキャラクターの素性が知られると教室は勉強どころではないような気がしますが……。学生以外の社会人や元々引きこもりのニート(笑)らは、どうケアされているのでしょうね。

さて、始めて明日奈と対面した直葉ですが、和人と明日奈の仲を改めて思い知られることになるのは分かっていたはずです。現実を知ることで、目を背けていた事実を受け止めるようとしたのかもしれません。
自分の気持ちを確かめようとしたわけですが、本当の気持ちを和人に言うことだけはできなかった。
OP曲「INNOCENCE」の歌詞にある~隠してた感情が悲鳴を上げてる~が直葉に突き刺さるようでした。

悲鳴を上げた想いはALOで涙となったのですが、キリトにだけは今の気持ちを打ち明けることができた。
キリトはリーファの傍にいることで、悲しみの感情を受け止めたのですね。何も言わず泣く事を許してくれたことでリーファはすごく安心したことでしょう。そして兄に対する想いをキリトに重ねてしまうのも分かります。視聴者はキリトと和人が同一人物であると知っていることで、リーファの感情が理解し易くなってますね。現実世界の人間関係とゲーム世界での人間関係を上手く利用した演出であると思います。
現実世界でも和人は妹の人生相談しそうですね。

たった一人で反抗するアスナですが、アルヴヘイムで行なわれている人体実験の真実まで辿り着いてしまいました。各扉をロック式かIDカード式にすといったセキュリティが見られなかったのですが、システム内部に侵入されることは想定してなかった? 外壁は強くても内部は脆い印象を受けました。
アスナが手に入れたカードキーですが、足で摘んで抜き取ったのでしょうね。「未来少年コナン」のような器用さです(笑)。
キリトがあの現場に駆けつけていたならば、ナメクジ男の2人は行き地獄を味わったことでしょう。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



"ソードアート・オンライン第21話感想~人生相談があるの!!~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント