たまこまーけっと 第12話感想~たまこが愛する商店街~

タイトル「今年もまた暮れてった」

~各話にでてくるお餅達~
第1話「お餅 「豆大福」と「つきたてお餅」
第2話「お餅 「ラブラブハート餅」
第3話「桜餅」
第4話「柏餅」「ジャム柏餅」「チョコ柏餅」「ハッピー餅」
第5話「白玉ならぬ…お餅」
第6話「お餅なし!?」
第7話「お祝いの紅白餅」
第8話「栗もち」「朝大福」
第9話「豆大福」「バースデー餅」
第10話「豆大福」
第11話「豆大福」
第12話「豆大福」「鏡餅」


デラと出会ってから一年…突然の来訪者であるデラが語り部となることで、商店街を客観的に見て、人々の人情を感じることができるのは、デラしかできない役であったことが分かる。

デラとの出会いでたまこが成長していく……という作品ではなく、デラがたまこたちを理解していき、時には導きながら共に生活していく中で、人々の心情を描く作品であった。
日常の人間関係にデラが加わることでストーリーに面白さが加味されていたように思う。

たまこは商店街が大好きで、デラもそのことがよく分かったからこそ、王子の婚約候補には相応しくないことを直談判する覚悟を決めたのだろう。
たまことデラとの出会いとこれまで過ごしてきた日々が、本話に活かされているのだ。

チョイ花嫁候補疑惑!?
チョイの首筋にもホクロがる? 首飾りで見えないのだが、チョイが首筋を気にする仕草をしている。
王子を慕っている描写はあるものの、自身とでは釣り合わないと決めているようだが、最後までその姿勢が貫かれたままであった。

デラがいることが日常となっており、一時の別れのあとの再会で、再びいつもの日常に戻った感がある。
本当に一年間を通しての物語で、あったかな作品でした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

たまこまーけっと (3) [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2013-05-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by たまこまーけっと (3) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"たまこまーけっと 第12話感想~たまこが愛する商店街~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント