とある科学の超電磁砲S 第14話感想~最高のヒーロー~

タイトル「約束」

上条さん格好良すぎ!

ぬいぐるみに隠した計画書が遂に上条の手に!
当初は黒子が発見するものと思ってましたが、上条が寮にくるまでの壮大な伏線でした。

美琴がこれまで抱えてきた苦しみ、悲しみを知った上条がとる行動は……。
自分を犠牲にすることで贖罪しようとした美琴をとめたいとする上条さんがヒーロー像として描かれました。

目の前で傷つく人を助けたい。勝つ勝算がないまま一方通行を倒すことで解決しようするのは、一歩間違えば自分の死につながる行動でもあるのですが、ぶっつけ本番で果たして成功するのか? 
上条さんは、成功する確率をどうこう考えるのではなく、やるかやらないかの二択で選び迷わずやることを選択するタイプですね。

美琴が頼った唯一の人、本作の主人公となった上条さんの活躍は、本来「とある魔術の禁書目録」で描かれるべきなのですが、美琴視点で描かれる上条さんはイケメン度が増している。
美琴あってのストーリーですが、上条視点で展開することで、彼の人間性がより詳しく描かれている。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版)(特典ディスク付き) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (UPGDP)
2013-07-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版)(特典ディスク付き) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"とある科学の超電磁砲S 第14話感想~最高のヒーロー~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: