ソードアート・オンラインⅡ第12話感想

タイトル「幻の銃弾」

キリト対デス・ガンのバトルが始まる……。
デス・ガンの人物像が見えてきた。キリトはSAO時代のプレイヤー名を知ることはなかったようですが、アスナは心当たりがありそうな反応でしたので、リアルプレイヤーの情報にたどり着くことができそうですね。

デス・ガンことステルベンは、キリトがSAOプレイヤーのキリトと同一人物であると確信した様子の物言いでしたが、本来GGOでの目的はキリトへの復讐ではなかった筈である。過去の因縁と出会った事で、決着をつけようとするステルベンですが、無差別殺人を楽しむ為に始めたGGOなのか、何か計画があっての殺人計画なのかは未だ不明。ステルベンの剣術が予想外に凄く、キリトが苦戦を強いられることになりそうです。

シノンは、キリトのおかげで再び前へ進むことができそうですね。ステルベンの殺人計画の対象になってしまったわけですが、その手口についての真実はまだ明かされていません。

ステルベンに勝利するだけでは解決しないでしょうから、意外性のあるストーリーが楽しめそうです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



"ソードアート・オンラインⅡ第12話感想" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント