キディ・ガーランドぴゅあ 最終話「ハッピー☆エンディング」

【主な登場人物】 ESメンバー:アスクール ESメンバー:ク・フィーユ ESメンバー:ディア GTO局長:イヴェール 秘書:ゾマ 喫茶室長:ミ・ヌゥルーズ ESメンバー見習い:リトゥーシャ ESメンバー見習い:パウーク 喫茶室常連:サングラス男達 【あらすじ】 巨大人型兵器マイネ・シュヴェスターに立ち向かうアスクール達。 ク・フィーユとアスクールの連携攻撃で、コクピットの障壁を破壊。ディアのキスでパワーアップしたリトゥーシャが、パウークを助け出し巨大人型兵器を破壊するのだった……と、いう事がかつてあったと解説するク・フィーユ。リトゥーシャとパウークは、ESメンバー見習いとして、喫茶室のウェイトレスをすることとなる。 時は、星歴0380年。GTO本局内喫茶室「Touch&Go!」では、本日も平和な一時を過ごす来客で賑わっているのだった。 【解説・批評】 リトゥーシャ物語でもあった『キディ・ガーランドぴゅあ』。 アスクール&ク・フィーユとの出会いから、対決、共闘、そして仲間へと転換していく心情が描かれている。TVシリーズ終盤での経緯を全て省いたことで、リトゥーシャが導いたノーヴルズ達のその後や、生き残った他のGソサエティらのその後については一切触れておらず、読者の想像に委ねている。 前・中・後編と描かれてきたプリンス・&プリンス編は、ク・フィーユの回想シーンの描写であった。エクレール&リュミエールも描かれており、TVシリーズ最終話からどれだけの時が過ぎた頃なのかは不明。リトゥーシャとパウークがESメンバーになろうとした気持ちの変化は何だったのか? 特殊能力保持者としてスカウトされたのか、ノーヴルズの生活保障を条件とした取引があったのかは不明であるが、ク・フィーユ以上のツンデレキャラとして、皆に愛される存在となっていることは喜ばしい。 ミ・ヌゥルーズが女装の姿のまま喫茶室長をしているのも、本来は重要な意図があってのことなのであろうが、遂に明らかにされないままであった。 サングラス男達は、ボディーガードからリトゥーシャ親衛隊となったのであろうか(笑)。 毎日変わる制服で有名なGTO喫茶室「Touch&Go!」に通い詰のようであるが、毎日リトゥーシャのウェイトレス姿を撮影しているのであろう。 “ぴゅあ”をテーマとした作風で最後まで描きハッピーエンドとした締め括りには安心させられる。TVシリーズとの辻褄合わせをフォローするまでには至らなかったのだが、リトゥーシャの純潔さが印象的であった物語なだけに、正ヒロインの1人として、アスクールやク・フィーユ以上の存在感を示したことは評価したい。
キディ・ガーランド ぴゅあ (2) (角川コミックス・エース 247-3)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2010-04-22
緋賀 ゆかり

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド (2)M3 My Moveless Memory (角川スニーカー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
きむら ひでふみ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#24 ~最終回はオール出演!~

タイトル:#24 いつまでも一緒! 【主な登場人物】 准ESメンバー:アスクール 准ESメンバー:ク・フィーユ 准ESメンバー:ディア タマ ESメンバー:トゥイードゥルディ ESメンバー:トゥイードゥルダム ESメンバー:アンオウ ESメンバー:エイオウ ESメンバー:ヴァイオラ ESメンバー:シザーリオ ESメンバー:エクレール ESメンバー:リュミエール GTO局長:イヴェール 秘書:ゾマ 謎の喫茶室長:ミ・ヌルゥーズ シャドウワーカー:リトゥーシャ シャドウワーカー:パウーク シャドウワーカー:トーチ シャドウワーカー:シェイド Gソサエティ総帥:ガクトエル 【最終話における各キャラクターの名台詞】 トゥイードゥルダム「ESメンバーの力は伊達じゃない!」 逆襲のシャアのアムロの台詞を彷彿させる名台詞。 リトゥーシャ「例え足蹴にされようと、泥にまみれようと、心に誇りが持ちつづける限り、私達はノーヴルズ! 地球人の子孫です!!」 リトゥーシャ様の1千万倍格好良い台詞であった。 ヴァイオラ「もう~~やっと復活したってのにもうおしまい!」 全く持ってその通り! この代償はランチ10年分、ディナー30年分は奢ってももらわないとね(笑)。 ガクトエル「リーゼロッテ、おまえの全ては私のものだ。私の全ては、おまえの……」 笑顔で逝ったガクトエル。最高の幸せを手に入れたガクトエルは、アスクールの中でいつまでも行き続けていく。 ミ・ヌルゥーズ「おまえら、無茶しやがって!」 超展開! あなたの正体って……ぽきゅ~ん。 エクレール「ぢゃっぢゃ~ん!」 かぼちゃプリンを最後にもってきた。壮大なる伏線劇。華麗に登場したのはやはりエクレール。 リュミエール「エクレールもアスクールも、女の子はエレガントに!」 アスクールというエクレールに負けず劣らずのやんちゃ娘に、リュミエールの悩みが新たに増える。 アスクール&ク・フィーユ「ぽっきゅ~ん!!」 最後の〆るのはもちろんこの台詞! 大団円でした♪ 全キャラ総出演なのであるが、前作のESメンバーであるヴァイオラやデクストラの復活劇も霞んでしまう役回りは勿体無い。シニストラの表情が虚ろでやる気モードが感じられないように見えるのは作画の手抜きではないですよね? 圧倒的優位立っていたGソサエティであったが、ガクトエルという絶対的君主の存在があっての国家。過去の地位を失ったノーヴルズ達の傲慢さが、逆境を覆す向上心をなくしていたのである。ガクトエル任せにした結果を思い知ったエルデメテオールの住人らであるが、リトゥーシャの言葉が、新たな生きる道を切り開いた。人種に関係ない世界が築けるかどうかは本作のテーマではない為、リトゥーシャ達の生き方は視聴者の想像に委ねられた。 暴君となったガクトエルにより、遂にシャドウワーカーらが離反。独裁国家ともいうべきGソサエティの脆さが露呈したわけだが、ガクトエルの復讐劇によって銀河が滅亡される事態になるのは、事のスケールに対してあまりにも視野の狭いたった一人の怨念である為、心の病んだ精神障害者の域を出ない印象を与えた。前作「キディ・グレイド」のラストでも、ノーヴルズへの復讐の為に地球を滅ぼそうとしたアールヴと被ってしまうが、格の違いが明らかである。 アスクールに自身の全てをギフトし、妹と一緒に生きる望みを叶えたガクトエル。彼がこれまでに奪った命に対する代償は償いきれるものではない。ガクトエルの能力を受け継いだアスクールが銀河系を救ったことで、彼に対する恩赦はあったのだろうが、放置状態で消えゆく人生であったサフィルだけが全ての報いを受けたような扱いであった。 Gソサエティの悪事が明るみになったことで、誰が責任をとらされるのか? 艦隊搭乗員らや組織の悪事に係った者達の存在は一切描かれておらず、トーチ&シェイドらが指名手配となって追われている様子もない。惑星連合政府評議会議長のバジルは、組織に係ったということで処罰されているであろう。 エンディングのエピローグとCパートでのこれからのエピソード。アスクールとエクレール達との和気藹々感は待ちに待った1シーンであった。 エクレールとアリサとの出会いであるが、リッキィ先輩と係りのある人物である。アリサがエクレールに対して先輩顔してあれこれとでしゃばることになるのであろう。エクレールやリュミエールにBLは勧めないで下さいね(笑)。 散っていったシャドウワーカー達のその後をフォローしたエピローグであるが、赤薔薇を刺されて致命傷であった筈のトーチ、宇宙船のエンジン噴射と共に消えたリュビス、サフィルは時間凍結のまま宇宙を漂っている?(ジョジョのカーズの刑?)  最終話に詰め込みすぎて、超展開気味となってしまったが、それでもESメンバー見習いであったアスクールとク・フィーユが銀河を救うまで成長したのである。 シリーズを通しての所見であるが、楽しんだ者勝ちということで。 ESメンバーがいる限り、これから先の未来も展望が持てる締め括りであった。 諸般の事情で色々ありましたが、スタッフ&キャストの皆様、お疲れ様でした。 キディシリーズと出会って良かったと思っております。
劇場版「キディ・グレイド」Blu-ray EDITION (初回限定生産品)
角川エンタテインメント
2009-12-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
【CD】キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.1 太陽と月/内田彩(アスクール) ウチダ アヤ
バンダレコード
収録曲 / 太陽と月 / Growing UP! / 太陽と月 / Growing UP!「内田彩(


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
【CD】キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.2 月と太陽/合田彩(ク・フィーユ) ゴウダ アヤ
バンダレコード
収録曲 / 月と太陽 / スパークルは未来へと / 月と太陽 / スパークルは未来へと「合田彩(ク・


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランドぴゅあ 第12話「プリンス&プリンセス(後編)」

【主な登場人物】 准ESメンバー:アスクール 准ESメンバー:ク・フィーユ 准ESメンバー:ディア Gソサエティ:リトゥーシャ Gソサエティ:パウーク 部下:サングラス男達 【あらすじ】 巨大人型兵器マイネ・シュヴェスターに捕われたパウークを救い出すため、サングラス男達はバズーカ砲を使用するのだが、パウークの能力をエネルギー源にしたマイネ・シュヴェスターは機動力・機敏性がアップしており全く通じない。リトゥーシャはアスクール達と協力し合ってパウークを助け出す事を決意する。 【解説・批評】 12ページのショートストーリーとなった第12話。別連載の『ゼロの使い魔 chevalier』『魔法戦記リリカルなのはForce』に時間をとられたのであろうか。アニメの放送が最終回を迎えたこともあり、次回でリトゥーシャとの友情物語クライマックスとなるようである。今話で見せ場があったサングラス男達であるが、 小説版「キディ・ガーランド(1)L3」にて、アーケロン バジリスク サイクロプス の暗号名であることが明かされている。頼りないボディーガード役としての登場であったが、彼らのハイテク装備については是非小説版で、確認して頂きたい。 ツンデレリトゥーシャが、ようやくアスクール達を信頼し、打ち解けあう素振りを見せたことで、みんな仲良しの大団円となることであろう。和やかムードの作風をラストまで貫いて欲しい。
キディ・ガーランド(1)
楽天ブックス
商品副データL3 legacy little lady 角川文庫 角川スニーカー文庫きむらひでふみ/


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#23 ~ぢゃっぢゃ~ん!とぽきゅ~ん☆~

タイトル:#23 とまらない想い 【主な登場人物】 准ESメンバー:アスクール 准ESメンバー:ク・フィーユ 准ESメンバー:ディア タマ ESメンバー:トゥイードゥルディ ESメンバー:トゥイードゥルダム ESメンバー:アンオウ ESメンバー:エイオウ ESメンバー:エクレール ESメンバー:リュミエール GTO局長:イヴェール 秘書:ゾマ シャドウワーカー:リトゥーシャ シャドウワーカー:パウーク シャドウワーカー:トーチ シャドウワーカー:シェイド Gソサエティ総帥:ガクトエル ガクトエルの野望は復讐する権利を行使しているだけ……。 一族から異端児とされ捨てられたガクトエルであるが、リュミエールやドゥルダム姉弟もかつては自身の《特殊能力》故に、純血の一族から認められず命を消されそうになった経歴がある。 エクレールというパートナーとの出会いによって支えられたリュミエール、姉弟の絆があったからこそ生き延びてきたドゥルダム姉弟と違い、心が癒されることのなかったガクトエルの生き方は対照的である。 ますます痛い方へと病んでいくガクトエルの豹変ぶりは、銀河系レベルの大犯罪者としての器に疑問を抱かせることとなるのだった。 ガクトエルの両性具有的な身体の秘密について初めて明らかにされたのだが、補足的な解説は小説版で書き足されるはず。現在発売されている『小説版キディー・ガーランド(1)L3』ではアニメ本編では明らかにされなかった裏設定が明らかにされており、互いにリンクして物語の全貌が理解できるギミックを仕掛けているからだ。(かつてのESメンバーであったヴァイオラやシニストラ達が、どうなったのかも小説版で明らかにされている) ガクトエルが攻撃に使用した赤薔薇は体内の分子機械を暴走させ、体内の内部から死滅させる殺人ツールであったことも小説版で解説されている。 今話で注目する点は、エクレール&リュミエールと出会うアスクール&ク・フィーユであろう。 アスクールの“ぽきゅ~ん☆”は、エクレールにも新鮮だったようで(笑)。先輩と後輩との掛け合いに思わずニヤニヤ。あくまでサブヒロインとして描かれているエクレールとリュミエールである為、最終話での見せ場はアスクールに委ねられた。 二転三転のストーリー展開は楽しめるのだが、ご都合主義的な流れも感じてしまう。 艦隊戦や能力者同士のアクションシーンで盛り上がりが乏しいのだが、全力全開のラストバトルに期待したい。 【似たもの同士?】 トゥイードゥルダム「この事件が終ったら、呼び捨てでも許してやる」 リトゥーシャ「約束よ! 絶対無事に戻ってこなきゃ百万倍許さないんだから!!」 優しくできずツンツンしちゃってるところが可愛いですね。
キディ・ガーランド (1)L3 Legacy Little Lady (角川スニーカー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
きむら ひでふみ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.1 太陽と月
ランティス
2009-12-09
アスクール(内田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

「キディ・ガーランド」GTO喫茶室「タッチ&ゴー!」第9回

【放送日】2010年1月8日 【パーソナリティ】白石稔(ミ・ヌルゥーズ役) 内田彩(アスクール役) 合田彩(ク・フィーユ役) 【ゲスト】なし 【恒例の近況報告】 内田彩:ごーでぃーと露店風呂に入っている時、男湯の方から白石さん達の大声が聞こえた。 合田彩:うっちーと2人部屋で泊まった際、あまりのだらしなさにク・フィーユと共感した。 白石稔:ロケの初日に露天風呂で洋楽を歌いながら踊り撮影の成功祈願をする。 【今回のスイーツ】 『style-k』の猿マカロンと『京橋千疋屋』フルーツヨーグルト。 『style-k』ではお菓子パン教室を開いており、動物マカロンは好評の品である。 『京橋千疋屋』は創業百二十年以上の「果物の老舗」店。最高級の果物を取り揃えた高級品の品々である。 【声優になって良かった事】 内田さんは、自分の声がキャラの命となることの責任感と尊さの凄さを実感したこと。 合田さんは、憧れの先輩との出会いに感謝。 白石さんは、人に必要とされること。そして、人に夢を与える仕事であること。 【企画のコーナー】 白石さんが芸人声優になるきっかけとなった一発ギャグを披露。 お笑い芸人にはまったのは『江頭2:50』。そして現在は『松岡シュウゾウ』。 2人の物真似とオマケに『さかなくん』を披露。映像配信ならではの効果で、熱演している白石さんの様子がわかる。 【ラジオミニドラマ】 きむらひでふみさん書き下ろしシナリオ。 さうんどおんり~第九話「能力の代償」 能力を使う代償に腹が空くアスクール。眠くなるディア。では、ク・フィーユは? という疑問からそれぞれのESメンバーの代償を想像するアスクール。エイオウは甘い物が食べたくなる。アンオウは女装したくなる。トゥイードゥルダムは姉が好きになる。そんな事ないと否定するク・フィーユなのだが、どこかしら心当たりがあるようで、アスクールのペースにのせられるのであった。 そんな中、夕食のサンドイッチを持って現れたミ・ヌルゥーズ。ディアちゃんに頼まれて仕方なく来たとツンデレするが、アスクールとク・フィーユはサンドイッチに夢中で、ミ・ヌルゥーズのネタは放置されたまま流されてしまうのであった。 (出演) アスクール……美味しい物、食べたいです。内田彩 ク・フィーユ……皆さんのお口直しに。“ツンデレ言うなー!”合田彩 ミ・ヌルゥーズ……結局、内田の物真似は成功しませんでした。白石稔。 第10話は「忘れ物」。 ドラマ内で内田さんの大好きな『SLAM DUNK』の安西光義監督の物真似ネタが出る。 内田さんにつられて合田さん、白石さんも物真似するのだが、アニメネタとして脚本に書かれていたのかどうかは不明である。その安西役の西村知道さんは、アニメ第8話にてニーグラム役で登場。ただし、ガクトエルによって殺され1話だけの出演となったのであった。 【感想】 トリクシーの技で、アスクールが受け継いだ『空間カッター』の正式名称が『ディストーション・チャクラム』であることが判明。 物真似ネタ満載となったのだが、真面目に声優業について語ったりとギャップの差がある番組であった。ロケのスタッフが涼宮ハルヒと同じであることから、スタッフと馴染みのある白石さんの内話ネタは貴重情報である。 台詞を噛んでも、どんなギャグを披露しても編集している様子がないことから、長時間番組であるのも納得である。

「キディ・ガーランド」GTO喫茶室「タッチ&ゴー!」第8回

【放送日】2010年1月1日 【パーソナリティ】白石稔(ミ・ヌルゥーズ役) 内田彩(アスクール役) 合田彩(ク・フィーユ役) 【ゲスト】伊藤敦(企画プロデューサー) 【恒例の近況報告】 内田彩:トイレに駆け込んだ時、ディア役の高橋夢波さんが足音で自分だと分かったらしい。 白石稔:屋根裏で走り回っていたのが、ハクビシンであると判明。 合田彩:ガチャガチャが好きで“ぴんくうんち”をゲット。 【今回のスイーツ】 お正月スペシャルということで築地「鈴富」産のお寿司。 紅白お寿司でマグロ系のにぎりが多い。 【都会暮しか田舎暮しか】 北海道出身の合田さんの感想としてはコンビニがない。人が少なく空気が美味しい。 合田さん、内田さんは当初東京に上京した時、渋谷の信号が渡れないくらい、人の多さに驚いたようだ。 白石さんは将来結婚したら田舎の方がいいとのこと。 【企画のコーナー】 第8話「Gソサエティ」の感想。 ノーヴルズが出てきて前作との繋がりが把握できる。 Gソサエティのお揃いの征服が格好良い。 リトゥーシャのシャワーシーンが可愛い♪。リトゥーシャとディアが大好きなサテライトの制作進行“渡辺”さんも大喜びであることを明かす。 <イケメンの条件> 内田さんは伊藤P顔。合田さんは斎藤ディレクター。白石さんは女優の石原さとみ。 【ラジオミニドラマ】 きむらひでふみさん書き下ろしシナリオ。 さうんどおんり~第8話「スイーツ・スイーツ」 喫茶室のメニュー表にある『エクレール』について、アスクールはとあることに気づく。 Sメンバーの名前は甘い物から付けられている。ク・フィーユの“ク”は4。お菓子のミルフィーユの“ミル”が1000であることから、ク・フィーユは1/250ミルフィーユ。アンオウの“アン”は餡子を指しており、甘い物繋がりの名前であるというのだ。 しかし、アスクール・ディアらは全く繋がりがなく、ク・フィーユの本名は「カトル・フィーユ」て゜四葉のクローバーを意味するものであることを指摘する。 ミ・ヌルゥーズの名前の意味に興味をもったアスクールとク・フィーユは本人に尋ねるのだが、答える事を断固拒否し、逃げてしまう。深い事情で名前に隠された意味とは……? (出演) アスクール……甘そうな気がするけどな~。内田彩 ク・フィーユ……深いのよ! 合田彩 ミ・ヌルゥーズ……い、色々あるのよ! 白石稔。 第9話は「能力の代償」。 【感想】 前回に続き伊藤Pはお休み。1月1日配信であるが、実際は前回の二本録りなのであろう。 カメラマンのザッキー山崎氏もカメラを抱えたまま番組参加をしており、斎藤ディレクターの顔も初めて映像に映ることなった。ダイエット宣言する白石さんであるが、喫茶室の番組で食べた分のカロリーをどこで消費するかにかかっているであろう。
Baby universe day
ランティス
2009-11-25
アスクール&ク・フィーユ(内田彩&合田彩)

ユーザレビュー:
清々しいんじゃないで ...
パワフル全快!ノリノ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#22 ~遂にエクレールとリュミエールが……~

タイトル:#22 流れ始める時間 【主な登場人物】 准ESメンバー:アスクール 准ESメンバー:ク・フィーユ 准ESメンバー:ディア タマ ESメンバー:トゥイードゥルディ ESメンバー:トゥイードゥルダム ESメンバー:アンオウ ESメンバー:エイオウ ESメンバー:エクレール ESメンバー:リュミエール GTO局長:イヴェール 秘書:ゾマ シャドウワーカー:リトゥーシャ シャドウワーカー:パウーク シャドウワーカー:トーチ シャドウワーカー:シェイド Gソサエティ総帥:ガクトエル 記憶が蘇ったク・フィーユは、ガクトエルの妹であった時の記憶も覚えていた。 その上でガクトエルを崇拝してきた気持ちが偽りであったことを理解している。 同じ能力でも能力者の力の差で効果の違いが生じるようである。ク・フィーユの能力効果を打ち消したガクトエルであるが、ク・フィーユはガクトエルの能力に抵抗できなかったからだ。ディアの特殊能力《エイ・キュア》よってガクエルの能力効果を打ち消したことから、力の差を補えば対抗できるはずである。 ガクトエルにとってク・フィーユはリーゼロッテを手に入れる為の道具でしかなかった。道具を使うための便宜として、心を騙し操っていたのである。 リュビスがク・フィーユを憎めなかったのは、彼女との間に仲間意識が芽生えていたからであった。前話でリトゥーシャとパウークがアスクールに同情したように、リュビスも思いやる優しさをもっていたのである。 ガクトエルがアスクールに強いるのは強要であって協調ではなかった。皮肉にもアスクールを思いとどまらせたのはリトゥーシャの祖母に対する想いであったのだ。ガクトエルはかつてのアルフリートとリーゼロッテの関係に戻りたいのではなく、銀河の滅亡という野望を果したいだけであった。リトゥーシャとパウークが完全にガクトエルと進む道が違うことが明らかになったことで、敵対関係が解消したことは喜ばしい。 一方でリュビスとサフィルのコンビ解消となったわけだが、サフィルの復讐心はガクトエルと同等のものであった。ガクトエルと共に選ばれた者として生き残ることを信じているのだ。ガクトエルにとって必要とされているから、ク・フィーユのように捨てられる事はないと確信しているのであろう。ガクトエルがパートナーのリュビス以上の存在である為、リュビスと共に歩めなくなったのだ。そして、ガクトエルのやり方に賛同できなくなったリュビスはサフィルを止めることができなかった。固い絆で結ばれたパートナーであったのだが、心がバラバラになってしまっている。 流れ始めた時間……それはエクレールとリュミエールの止まった時間が流れ始めたことも意味している。2人は爆発を抑えるのに精一杯で、ガクトエルらと戦う余力はないだろう。銀河を救うカギを握るのはアスクールとク・フィーユになりそうだ。 半人前コンビが銀河を救うなんてたいそうな事だと思ってましたが、ここにきて急成長をみせている2人に期待です。
キディ・ガーランド キャラクターソング5
ランティス
2010-04-21
リュビス(斎藤楓子) サフィル(水原薫)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド キャラクターソング6
ランティス
2010-04-21
シェイド(飛田展男) トーチ(中井和哉)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#21

タイトル:#21 蘇る記憶 【主な登場人物】 准ESメンバー:アスクール 准ESメンバー:ク・フィーユ 准ESメンバー:ディア タマ シャドウワーカー:リトゥーシャ シャドウワーカー:パウーク シャドウワーカー:トーチ シャドウワーカー:シェイド Gソサエティ総帥:ガクトエル ~キスから始まる物語~ ガクトエルの目的はリーゼロッテの記憶を蘇らせて自身と同等の能力を引き出させること。 その手段がキスであった。 そしてク・フィーユの記憶が蘇ったのも、アスクールのキスによるものであった。 これは、ガクトエルとク・フィーユが同質の能力者であったことも影響していたと思われる。 カグトエルからアスクールに作用した効果を、アスクールはク・フィーユに施したのである。 アスクールの蘇った過去の記憶。兄想いの優しい少女であったのだが、それ故に妹を失ったガクトエルの復讐心は凄まじかった。研究所の破壊から銀河系を滅ぼすに至る事になったのは、家族を不幸にし、ノーヴルズを破滅に追い込んだ全銀河への報復なのであろうか。 過去の記憶を取り戻したアスクールであったが、彼女がパートナーとして選んだのはク・フィーユであった。“ぽっきゅ~ん”のない真剣なアスクールは格好良さ倍増である。そして目覚めた能力はGクラス級。 【アスクールvsシャドウワーカー】 圧倒的不利な状況にも係らず、アスクールの瞬間移動能力が冴え渡っていた。第4話では、瞬間移動のたびに体力を消耗していたのだが、空間干渉能力の拡大と共に瞬間移動能力もレベルがあがっているようである。 アスクールははなからシャドウワーカー達と戦うつもりはなかったようですね。ク・フィーユを連れ戻したいだけであった。だから戦う事はせず、何度も何度も何度も……呼びかけ続けていたのでした。1対8の絶体絶命の中でも、アスクールが観ているのはク・フィーユだけであった。 リトゥーシャ「なんか一倍可哀相かも……」 クレイジークラッカーで拘束したアスクールの呪縛を解いたリトゥーシャとパウークは、人の痛みが分かる心の持ち主でした。 【ク・フィーユ抹殺命令】 ガクトエルの命令に動揺するシャドウワーカー達。その中で動いたのはサフィルとシェイドの2人だけ。共にガクトエル崇拝者で、自己の意思よりもガクトエルの意思のまま動く事が当然だと認識しているのである。 アスクールと心を通わさずに御することしかできないガクトエル。何人に対しても支配者であろうとするのだが、パートナーとしか共鳴できない彼は寂しい人なのかもしれない。 【アスクールとク・フィーユ】 アスクールの名を呼ぶク・フィーユ。2人のキスシーンが美しい。まさに心と体が通じ合った真のパートナーであった。
Baby universe day
ランティス
2009-11-25
アスクール&ク・フィーユ(内田彩&合田彩)

ユーザレビュー:
清々しいんじゃないで ...
パワフル全快!ノリノ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
 【DVD】キディ・ガーランド 第1巻 <初回限定版>映像アニメ
ゲオEショップ楽天市場店
タイトル キディ・ガーランド 第1巻 <初回限定版> &nbsp; キディガーラ


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#20

タイトル:#20 ほんとうの私 【主な登場人物】 准ESメンバー:アスクール 准ESメンバー:ク・フィーユ 准ESメンバー:ディア タマ GTO局長     :イヴェール 秘書        :ゾマ GTO受付嬢    :アリサ GTO受付嬢    :ベル 喫茶室長      :ミ・ヌゥルーズ シャドウワーカー:リトゥーシャ シャドウワーカー:パウーク シャドウワーカー:トーチ シャドウワーカー:シェイド Gソサエティ総帥:ガクトエル 【ク・フィーユとシャドウワーカー】 “どっか悪いの?” “頭とか?”アスクールの専売特許台詞をク・フィーユが(笑)。 ク・フィーユに真実を告げるリトゥーシャ。なぜか? おそらく彼女の自尊心がそうさせたのであろう。ガクトエルの妹として兄を慕っていた関係を否定したくなかったのだが、ガクトエルはリトゥーシャとの妹関係を解消し、ク・フィーユを代わりに選んだ。自分が一シャドウワーカーに過ぎないことを痛感し、耐えられなくなった心の痛みをはき出したのである。リトゥーシャの涙はまるで失恋して傷心した乙女のようでもあった。しかしながらク・フィーユを憎むことはなく、倒れる様を見て心配する素振り見せている。根は心優しく純粋な少女であるのだ。 再びク・フィーユに精神干渉するシェイド。しかしながら、ガクトエルを兄として記憶を改竄するものではなく、ほんとうの自分が誰なのかを問わせる幻影であった。 シェイドはク・フィーユの記憶が戻ることを望んでいるのではないだろうか!? 一体何故か? ク・フィーユが、ガクトエルにとってよくない人物であると危ぶんでいるからだ。アスクール共々ガクトエルに近づけさせたくないのが本音なのであろう。ク・フィーユが記憶を取り戻せば、ガクトエルに従おうとはしないであろうから、その切っ掛けを施したものと思われる。 【アスクールの決意】 ミ・ヌゥルーズからの特務! それは“必ずク・フィーユを連れて3人で帰って来ること”。 只ならぬ決意にアリサとベルは、アスクールがESメンバーとして特務に赴くことを悟ったわけだが、ミ・ヌゥルーズもアスクールがESメンバーであると薄々気づいてもよさそうである。 保護者的視点で見守っていることから、まだまだ半人前で心配なアスクール達がESメンバーであるとは考えられないのであろう。 エルデメテオールへの侵入は小細工なしの力押しであった。 デジャブと共に過去の記憶の断片が思い浮かぶアスクール……幼女時期からアホ毛は健在で、兄想いの妹であったようだ。真面目モードのアスクールは頼もしく感じられるのだが、天然度全開のアスクールでないと違和感を感じるのは気のせいであろうか?  ク・フィーユ&ガクトエルとの対決を前にして次回に続くわけだが、ガクトエルにとってリーゼロッテが戻ってきた以上、偽りの妹であるク・フィーユは用済みになるのでは? ク・フィーユの安否が心配である。
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.2 月と太陽
ランティス
2009-12-09
ク・フィーユ(合田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド 第2巻 限定版 [DVD]
角川書店
2010-02-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランドぴゅあ 第11話「プリンス&プリンセス(中編)」

【主な登場人物】 准ESメンバー:アスクール 准ESメンバー:ク・フィーユ 准ESメンバー:ディア Gソサエティ:リトゥーシャ Gソサエティ:パウーク 部下:サングラス男達 【あらすじ】 起動した巨大人型兵器マイネ・シュヴェスター。しかし、制御装置が故障してしまい直接操縦席に乗り込むリトゥーシャとパウークであったが、暴走したシステムによりパウークは捕われてしまう。救出しようとするリトゥーシャであるが、一人では歯が立たず窮地に陥ってしまう。その時リトゥーシャを助けたのはアスクールであった。 【解説・批評】 ガクトエルが人型兵器の髪型にこだわったのは、最愛の妹であるリーゼロッテと同じアホ毛にしたかったからであろう。 リトゥーシャの“なぎはらえ!”のシーンは『風邪の谷のナウシカ』のパロディ!? クシャナが巨神兵に命令してプロトンビームを放つシーンを彷彿させる。 協力を申し出るク・フィーユ達に戸惑うリトゥーシャであったが、内心は一億倍の感謝の気持ちで溢れており、敵同士だった者同士が初めて力を合わせる展開となるのは、“ぴゅあ”ならではである。 ディアにとってはリトゥーシャとパウークは友達であり、敵対しているという認識はないのであろう。リトゥーシャのツンデレ度はコミック版の方が一千倍アップしているようである。アスクール達との因縁が深いリトゥーシャとパウークであるが、アニメ本編ではコミックでの馴れ合いがなかったかのようにク・フィーユと接しており、脚本に認識の違いが感じられる。 (参考までに) キディ・ガーランド公式ホームページ http://www.kiddygrade.com/ キディ・グレイドファンページ http://saineria.at.webry.info/200607/article_4.html キディ・グレイド解説部屋 http://www5b.biglobe.ne.jp/~saineria/kiddygrade.htm キディ・ガーランドファンページ http://saineria.at.webry.info/200909/article_14.html
キディ・ガーランド ぴゅあ (1) (角川コミックス・エース 247-1)
角川書店(角川グループパブリッシング)
緋賀 ゆかり

ユーザレビュー:
お笑い+お色気+勧善 ...
これはおもしろい^ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

「キディ・ガーランド」GTO喫茶室「タッチ&ゴー!」第7回

【放送日】2009年12月25日 【パーソナリティ】白石稔(ミ・ヌルゥーズ役) 内田彩(アスクール役) 合田彩(ク・フィーユ役) 【ゲスト】なし 【今回のスイーツ】 クリスマスということで『ルコント』のブッシュ・ド・ノエル クリスマス用チョコケーキ。 【タッチ&ゴー! 出張デリバリー】 初めての握手会となるうっちー&ごーでぃーは緊張しまくり。ク・フィーユのファンが多かったものの、アスクールの「ぽっきゅ~ん!」が聞きたい人も多かったとのこと。 白石さんはミ・ヌルゥーズのコスプレでオチ担当。付けマツゲ、アイシャドウ、口紅といった化粧もだんだん上手くなっていったのであった。参加者から応援と励ましの声を頂いたのが、なにより嬉しかったのだそうだ。 ここで皆が忘れていた【恒例の近況報告】 内田彩:クリスマスクラッカーをやりたくてスタジオ持込。3人で鳴らすのだった。 白石稔:温野菜のため蒸し鍋を購入。ダイエット的なものを始めることに。 合田彩:モンスタハンターのキャラ名をQ-feulleに。文字数制限でク・フュールになった。 【企画のコーナー】 -アニメ第7話について- Gソサエティのトーチ&シェイドが初登場。2人は女性キャストに大人気。 合田「素敵すぎますね。ゲヘゲヘしちゃう♪」 内田「なにそれ~」 ディア役の高橋夢波さんは、トーチ役の中井和哉さん・シェイド役の飛田展男さんが喋っている時のデレデレ度がすごいようである。 合田さんのお気に入りのシーンは、アスクールが“あっかんべー”をしてガートーロボットのトライアンフに教えるシーン。 トロワジェイン役のゆかなさんと歌を歌った合田さんであるが、収録で行き詰まった時でも、優しく励ましてくれた方であったとのこと。美人で、白石さんも隣の席に座るとドキドキしてしまうのだった。 【ラジオミニドラマ】 きむらひでふみさん書き下ろしシナリオ。 さうんどおんり~第7話「冷蔵庫・冷凍庫」 時間凍結事件について気になって仕方のないアスクール。ク・フィーユも調べたが記録に残っておらず分からずじまいであった。GTOの機密情報扱いの為、公にされていない可能性があることから、イヴェール局長からの説明を待つしかないのだが、アスクールは今すぐ知りたいと駄々をこねる。2人のコソコソ話を聞かれたミ・ヌルゥーズを誤魔化そうと、すべりっぱなしのウケ知らず・客席を凍らす芸人を例えに出すのだが、これがミ・ヌルゥーズの逆鱗に触れることとなる。昨年の忘年会の出し物で、大勢のお客の前で盛大にスベったのであった。哀れみの目でミ・ヌルゥーズを見る2人の冷たい視線に、ミ・ヌルゥーズの繊細なハートはさらに凍り付いていくのだった。 (出演) アスクール……気になる気になる。内田彩 ク・フィーユ……何もかもが言い辛い。合田彩 ミ・ヌルゥーズ……凍りついちゃう。喉痛い白石稔。 第8話は「スイーツ・スイーツ」。 【感想】 伊藤Pがお休みでゲスト不参加となった。【ミヌ姐さんの泉】コーナーがお休みになったのも、相方の伊藤Pがいなかったからなのであろう。その分、カメラマンのザッキー山崎氏の遊び心が随所にみられるカメラワークで、白石さんを苛めていたのだった。 アニメ第7話の感想で盛り上がるのだが、女性キャストにとっての「憧れの2人」というのは、トーチ&シェイドだったようである(笑)。

キディ・ガーランドぴゅあ 第10話「プリンス&プリンセス(前編)」

【主な登場人物】 准ESメンバー:アスクール 准ESメンバー:ク・フィーユ 准ESメンバー:ディア ESメンバー:アンオウ ESメンバー:トゥイードゥルディ GTO局長 :イヴェール 秘書    :ゾマ Gソサエティ:リトゥーシャ Gソサエティ:パウーク 部下:サングラス男達 【あらすじ】 Gソサエティの秘密兵器工場調査の特務を受けたアスクール&ク・フィーユ&ディア達。 一方リトゥーシャとパウークは、ガクトエルより戦闘マシンの処分の命を受け秘密工場を訪れていた。 アスクール達が工場に乗り込んだ事を知ったリトゥーシャは、撃退するべく《クレイジークラッカー》で追い詰めるが、ガードロボット“シフォン”によって形勢逆転。リトゥーシャ達を援護すべく、黒サングラス男達は、秘密兵器を起動させるのであった。 【解説・批評】 TVアニメ第7話「憧れの2人」回に登場した兵器工場と構造が相似している(笑)。 かつてトリクシー&トロワジェインの調査を見ていた3人であったが、証拠資料&物件を確保せずにいきなり身柄拘束? 調査任務だけのはずなのだが、活動停止処分を受けているGTOに逮捕権が発動できるのだろうか? その辺りは有耶無耶のままであった。 リトゥーシャ&パウーク組がまたまたアスクール達ぱんつ3人娘に敗北! リトゥーシャってこんなに弱かった? と思える失態ぶりであるが可愛さは10万倍コミック版が上である為、ツンデレ系の和みキャラとなっている。 シフォンの援護射撃があったもののアスクール達が新たな能力に目覚めていたかは不明。 TVシリーズの時間軸に合わせるならば、3人が准ESメンバーの地位を与えられたのは、第10話以降である為、トリクシーとトロワジェインの能力使用が可能となっている頃である。 ESメンバーのアンオウ&トゥイードゥルディのみしか登場しなかったことから、互いのパートナーは第10話で負傷したままであると思われる。 起動した秘密兵器であるが……コミック版ならではの人型兵器で遊び要素満載である。 タイトルの「プリンス&プリンス」であるが、アスクール達のプリンスがシフォンであるなら、リトゥーシャのプリンスはパウーク、といったところであろうか。パウークの片想いであったものの、序々にリトゥーシャも特別な感情を抱き出している様子が微笑ましい。 (参考までに) キディ・ガーランド公式ホームページ http://www.kiddygrade.com/ キディ・グレイドファンページ http://saineria.at.webry.info/200607/article_4.html キディ・グレイド解説部屋 http://www5b.biglobe.ne.jp/~saineria/kiddygrade.htm キディ・ガーランドファンページ http://saineria.at.webry.info/200909/article_14.html
キディ・ガーランド ぴゅあ (1) (角川コミックス・エース 247-1)
角川書店(角川グループパブリッシング)
緋賀 ゆかり

ユーザレビュー:
お笑い+お色気+勧善 ...
これはおもしろい^ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
【送料無料選択可!】TVアニメ『キディ・ガーランド』キャラクターソング 1 / アスクール (CV: 内田彩)
CD&DVD NEOWING
コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>2002年10月から2


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#19

タイトル:#19 パートナー 【主な登場人物】 准ESメンバー:アスクール 准ESメンバー:ク・フィーユ 准ESメンバー:ディア タマ GTO局長     :イヴェール 秘書        :ゾマ GTO受付嬢    :アリサ GTO受付嬢    :ベル 喫茶室長      :ミ・ヌゥルーズ シャドウワーカー:トーチ シャドウワーカー:シェイド Gソサエティ総帥:ガクトエル 【アスクールvsク・フィーユ】 ~空間干渉能力vs時間干渉能力~ アスクールの戦い方は瞬間移動で撹乱させることと重力波による砲撃。 ク・フィーユのこれまでの戦い方は小型爆弾と未来予知であったが、対象の時間に干渉する戦い方に変わっている。第16話では、干渉時間の制限と記憶喪失の後遺症がみられたのだが、今話では能力が強化されており、能力の連続使用も可能としている。 精神年齢と実年齢においても互角の勝負! ほっぺの抓り合いが微笑ましい。 【ディアの特殊能力】 ク・フィーユを止めたのはディアであった。GOTT局長エクリプスから受け継いだ能力は《クヴァント》。量子を自在に操る能力で、空間に存在する量子化した粒子を操ることによって空間と時間に干渉したものと思われる。かつてエクリプスは『選択性量子ジャンプ』と『量子再構築』でESメンバー達の不死を担っていたのであった。 アスクールを助けたいと思う意思が引き金となって発動した能力であるが、ディアが心身ともに成長していけば最強のESメンバーとなることであろう。 【トーチとシェイド】 銀河警察所属のESメンバーであったのだが、組織の裏切りにあったところをガクトエルに救われた経緯が明らかにされる。サフィル&リュビスの時といい、利用されてあげく厄介払いとして始末させられる境遇があまりにも似すぎているのだが、なぜガクトエルは事前に情報を知って現場に現れることができたのか? Gソサエティに関る役人が利権に固執している悪人だらけなのも、ガクトエルの正当性を認める演出なのであろうか……。 【総評】 アスクールとク・フィーユのパートナーの「パートナー」対決であるが、記憶操作されたク・フィーユがアスクールと戦いながら無意識のうちに涙を流したことで、記憶が蘇る可能性を残した演出が嬉しい。そして2人の姿から、トーチが自身のパートナーとの絆を確認し、ガクトエルに対して不快感を抱いたことも気にかかる。「パートナー」とは互いに掛け替えのない存在であり、互いを戦わせる行為は、自身にとって耐えがたき行為でもあったからだ。ガクトエルにしてみれば、アスクールのパートナーは自分自身であり、ク・フィーユは本来邪魔な存在なのである。アスクールを確保する為に戦わせることにはなんの躊躇いも感じないのであろう。保護するべき者への情はあっても、そうでない者に対しては容赦なく切り捨てる二面性をガクトエルから感じる。
キディ・ガーランド キャラクターソング3
ランティス
2010-02-24
タマ(若本規夫) ディア(高橋夢波)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#18

タイトル:#18 シスター・プリンセス 【主な登場人物】 准ESメンバー:アスクール 准ESメンバー:ク・フィーユ 准ESメンバー:ディア ESメンバー:アンオウ ESメンバー:エイオウ ESメンバー:トゥイードゥルディ ESメンバー:トゥイードゥルダム GTO局長     :イヴェール 秘書        :ゾマ GTO受付嬢    :アリサ GTO受付嬢    :ベル 喫茶室長      :ミ・ヌゥルーズ シャドウワーカー:サフィル シャドウワーカー:リュビス シャドウワーカー:リトゥーシャ シャドウワーカー:パウーク シャドウワーカー:トーチ シャドウワーカー:シェイド メイド嬢      :コア Gソサエティ総帥:ガクトエル 【すべてはGソサエティの思惑通りに】 GTO組織の解体に成功し、Gソサエティが惑星連合政府認定の組織として発足。 政府内の関係各所にGソサエティの関係者、協力者が多数いることになる。 第9話「記念式典」での大失態や組織能力が疑問視されることは必定であったし、Gソサエティの真の目的が公にされていないことからも、その存在を否定できないのであろう。前作「キディ・グレイド」ではシュウがすべての罪を被り犯罪を証明したのだが、今のGTOではGソサエティの野望を止める力はないであろう。 正規のESメンバーを失ったことで、アスクールを主役とするお膳立てはできた。 今日も今日とて暇な喫茶室。当初いたウェイトレス達は転属に? ミヌさんの髪型と制服だけは新調されている(笑)。未だにミ・ヌゥルーズがアスクールとク・フィーユの正体を知らないのかどうかは気になる所であるが、2人のバックアップ担当にはなれそうにないのが残念である。 【アスクールvsイヴェール&ゾマ】 トリクシー譲りの能力《パワーズ》に対し、イヴェールの特殊能力《インサイド》は共有空間への出入りを自在に行う。ゾマの特殊能力《ブラックボックス》はケース内部の空間を捻じ曲げ、自分と同じ位の質量を封じ込めると合わせることで、アスクールの空間に干渉する障壁から易々と脱出できたのである。ゾマが持っていた小型ケースだが、アームブラスト時に所有したいたケースとのサイズの違いが、現時点での能力が限定的であることを物語っている。 しかしながら、命令無視・局長への反抗・ガクトエルとの経緯などの未報告等、国家の職員としては懲戒処分は免れないものでしょうね。かつて「キディ・グレイド」の主人公達も、命令無視による登録抹消から処分対象として追われる立場に変わったのですが……アスクールの立場がそれらの行動を大きな問題点としてないですね。 【ガクトエルの思惑】 アイキャッチにその答えが!?  【ク・フィーユvsリトゥーシャ】 ク・フィーユへの反感を抱くものの、ガクトエルに対しての忠誠心は揺らぐことがない。この結束力の強さが保たれているのがGソサエティの強さでもありますね。 コミック『キディ・ガーランドぴゅあ』設定となったリトゥーシャが愛らしい。リトゥーシャ親衛隊のサングラス男達がアニメに登場しないのが残念である。 リトゥーシャが仕掛ける! 仕掛ける! 仕掛ける! しかし、ク・フィーユの笑顔が憎めなくなっていき……止めのバスタイム♪  【ク・フィーユの秘密を知るアスクール】 トリクシー&トロワジェインの墓に刻まれていた文の秘密がついに明らかに。 ESメンバー複製計画によって誕生した彼女達。 これまで知る事のなかったク・フィーユの心のうちを初めて理解したのであった。 アスクール「私だって、私だって……ク・フィーユは大事なパートナーだもん!!」 そしてストーリーはク・フィーユvsアスクールへ……。 2人の絆の強さが証明される時、力の共鳴によってク・フィーユの記憶が戻る奇跡が起きることを期待する。 【感想】 リトゥーシャのコミカル画とク・フィーユ&リトゥーシャの仲良しお風呂シーンに釘付けされる出来栄えであった(笑)。ク・フィーユのキャラチェンジはこれまでのギャップの差が激しく、強烈な印象を受けさせる。お兄様LOVE一直線であるのは今話のタイトルからも想像できる。大人びた性格から、実年齢にあった性格変更は、違和感がなく本来の姿ともいえるかもしれない。リトゥーシャとの友情を築いたことも、リトゥーシャを憎むべく敵としての認識から、一人の少女という認識に改めさせて可愛げのあるキャラクターにさせたのであった。ガクトエルがク・フィーユをGTOへ差し向けたのは時期尚早の感がある。今のク・フィーユが扱える能力がどれだけのものなのか? アスクールを連れ去る事が目的で、ク・フィーユは最初から捨て駒にするつもりなのであろうか。ガクトエルがク・フィーユを見放したことで、リトゥーシャのガクトエルに対する忠誠が揺らぐ展開もありかもしれないが、ここ数話の引きは実に見事で楽しませてくれている。 (参考までに) キディ・ガーランド公式ホームページ http://www.kiddygrade.com/ キディ・グレイド解説部屋 http://www5b.biglobe.ne.jp/~saineria/kiddygrade.htm キディ・ガーランドファンページ http://saineria.at.webry.info/200909/article_14.html
キディ・ガーランド 第2巻 限定版 [DVD]
角川書店
2010-02-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド (1)L3 Legacy Little Lady (角川スニーカー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
きむら ひでふみ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

「キディ・ガーランド」GTO喫茶室「タッチ&ゴー!」第6回

【放送日】2009年12月18日 【パーソナリティ】白石稔(ミ・ヌルゥーズ役) 内田彩(アスクール役) 合田彩(ク・フィーユ役) 【ゲスト】伊藤敦(企画プロデューサー) 【恒例の近況報告】 白石稔:秋葉原あるアフレコできるメイド喫茶に行っていた。今度戦国メイドカフェに行きたい。 内田彩:DS『クロノ・トリガー』を合Dとしてる。白石さんはスーファミ時代でプレイ済とのこと。 合田彩:亀太が脱皮。 惑星連合上層部のコマンダーより、ク・フィーユに指令。ミ・ヌルゥーズ室長に対して、「大好きです。愛してます」と連続で5回は繰り返す。 うっちーとごーでぃーとパウーク役の松元恵と3人でを作ったらどんなのかを飲み会で話していたとのこと。ミ・ヌルゥーズは2週目から攻略できるキャラ。もしくは被対象キャラのサポート役かなと想像したらしい。 内田「もしやったら誰を一番最初におとしたいですか?」 白石「う~ん、そうだな~。とりあえずでも俺全員いくだろうから」 内田「え~」 合田「大好きです。愛してます! 大好きです。愛してます! 大好きです。愛してます! 大、『キディ・ガーランド』の恋愛シュミレーションゲーム好きです。愛してます! 大好きです。愛してます! 大好きです。愛してまぁます! だからク・フィーユおとして!!」 白石さんがよく行っていたのは秋葉原『とらのあな』の上階にあったメイド喫茶「Cafe with Cat」であった。今では閉店しておるものの、静かで居心地が良かったお店だったとのこと。うっちーもメイド喫茶にいったことあり。可愛い制服を見るのが好きだとか。ごーでぃーはまだ経験なし。 【今回のスイーツ】 『シャルパンティエコンテンポラリーキュイジーヌ』。略して『シーキューブ』のチョコレートケーキ。脚本のきむらひでふみさんからの品であり、6話のBパートでアスクールが食べていたケーキとごうでぃの誕生日ケーキをあわせて選別した品であった。 合田「チョコレートの味がすごいしっかりする」 内田「美味しい」 白石「チョコパウンドケーキなんだけど、こっちが弱冠甘めじゃなくて、ビターなほうにいってて、外のチョコレートケーキもカフェオレとまではいわないにしろ、控え目になってて、見た目からすると甘さ爆発みたいになるかなと思いきや全然あっさりしている」 【第6話について】 若本さんのアドリブが全開。タマの「タマタマ~マ」の台詞などはすべてアドリブであった。 白石さんの即興曲は全3曲あったのだが、採用されたは1曲だけ。 ゾマ役の瀧澤樹さんのあだ名が“ハム太郎”に。ゾマがイヴェールにキスをするシーンの一番テストで、キス音の擬声音を「はぁむ」としたから。“ハァム”という呼び名からハム太郎のあだ名になったのであった。 【企画のコーナー】 白石さんのミ・ヌルゥーズ役がぴったりな理由。白石さんは子供の頃から女の子っぽい面があったという。女の子用のベビーラーメンの付録を集めていた。シルバニアファミリーをよくやっていたとのこと。おねえ調の方が意外と噛まずに喋れるのであった。 お酒の魅力について 本心が知れること。普段話ができない人でも話ができて、言いたい事がいえる。日本酒が大好き。(ごーでぃ) 洋酒が好き。ビール、レッドアイが大好き。最近は佐藤順一音響監督のせいもあって、ホッピーが好きになった。(うっちー) コップ2杯くらいで酔う。精神を和らげて、腹をわって話ができるきっかけにさせてくれる。(白石) ドクターストップがかかって飲めない。血圧が高いためで、上180・下110の高血圧。(伊藤P) 構成作家とは ベースは通常の作品のプロデュース上の仕事で、その延長線上にある仕事。本編のアニメーションから派生するラジオで、本編を盛り上げる為に番組を作っている仕事。声優さん達の個性やキャラクター性を引き出して展開させていく。番組編成やコーナー企画を考えて番組を作っていく。アニメーションは制作よりだが、ラジオの構成的な仕事は宣伝よりな仕事なのだという。 【ラジオミニドラマ】 きむらひでふみさん書き下ろしシナリオ。 さうんどおんり~第六話「成長促進」 いつもの陽気さが消えているものの、きちんとオーダーをとるアスクールと注意力散漫でへまばかりのク・フィーユ。 いつも2人を見つづけているミ・ヌルゥーズ喫茶室長は、そんな彼女達を心配する。 いつものドジっ娘あわてんぼのおまぬけ娘のアスクールと記憶力良し子のツンデレに戻ったク・フィーユを見ながらミ・ヌルゥーズは、2人が少しずつでもいいから成長していくことを切に望むのだった。第7回は「冷蔵庫・冷凍室」。 【ミヌ姐さんの泉】 相談は「ロケ太りをなんとかしたい!」 普段の食生活を改める。軽い運動をする。疲れを体にためないこと。 一言でいうと『○×▲(規制音:ぽっきゅ~ん!)へ行きなさい!』 【感想】 二本録りじゃない前振りも、映像で同じ服装であることの言い訳をしなくてはならないのであった。伊藤Pによる業界用語の基礎解説が遂にスタート! 惑星連合上層部のコマンダー指令だが、次は白石さんの番? 近況報告では合田さんの亀太観察日記が続く模様である。 『キディ・ガーランド』の恋愛シュミレーションゲームは、なかなか面白い企画であるが、各ESメンバー同士のバトルを楽しむ格闘ゲームとしても企画できそうである。もっとも『キディ・グレイド』のゲーム化は実現しなかった。果たして伊藤Pの力で『キディ・ガーランド』が新たに派生していくのか期待がかかる。うっちーが攻略したいキャラはシェイドとのことで、イケメン強し! といったところか。
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.2 月と太陽
ランティス
2009-12-09
ク・フィーユ(合田彩)


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド キャラクターソング4
ランティス
2010-02-24
ベル(堀川千華),ミ・ヌゥルーズ(白石稔) アリサ(相沢舞)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

「キディ・ガーランド」GTO喫茶室「タッチ&ゴー!」第5回

【放送日】2009年12月11日 【パーソナリティ】白石稔(ミ・ヌルゥーズ役) 内田彩(アスクール役) 合田彩(ク・フィーユ役) 【ゲスト】伊藤敦(企画プロデューサー) 【恒例の近況報告】 白石稔:マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」を観て感動。 内田彩:出張デリバリーのイベント用にポスター撮影をする。 合田彩:亀太が浮島に潜り込んで巨大亀太に。12月16日が誕生日で、欲しいプレゼントは亀太の餌と下着。黒ぱんつのク・フィーユに感化されて、下着選びが黒系になっているのだった。 惑星連合上層部から監査に訪れたコマンダーから、アスクールに話す言葉の最後に「にゃん」をつける指令が出される。 「タッチ&ゴー!」出張デリバリー! 来場者にプレゼントされるポスターの撮影で、白石さんはミ・ヌルゥーズ役として女装。胸パットは紙製。写真に慣れている白石さんの撮影を見て勉強になった内田さんと合田であった。 【今回のスイーツ】 伊勢丹新宿店にある『L'OLIOLI 365(ロリオリ 365)』のピンククーヘン・ミルククーヘン・ホワイトクーヘン。アイスキャンディーの形状で片手で持って食べられるサイズである。 内田「チョコレートの層が分厚くて、バームクーヘンすっごくしっとしてて美味しいにゃんね」 合田「チョコレートが甘すぎない。バームクーヘンを串刺しにするという発想が面白い」 白石「酸味が強くてホワイトクリームの甘さと苺の酸味が重なってチョコレート臭くない。弱冠チョコレートがでかくて硬いのでちょっと甘すぎるかなっていう気もするんだけど、木苺のおかげでまったく抑えられてる」 曲紹介は第6話のEDタマこと若本規夫が歌う『夢でもいいさ』。 【タマ役の若本さんについて】 師匠はやっぱりすばらしい。 “みゅ~ん”じゃやりようがないと言ってても、存分にやってる。 【企画コーナー】 遂にメール紹介。 投稿されたメールで読まれたのは……はい、私です(苦笑)。サークル名『サイネリア』の名前で投稿しておりました。 【ラジオミニドラマ】 きむらひでふみさん書き下ろしシナリオ。 さうんどおんり 第五話「臨時休業」 創立祭の日、喫茶室内でただ一人のミ・ヌルゥーズ。ここぞとばかりに自身のオンステージマンワンショーを披露。 一曲目は『恋のミ・ヌルゥ伝説』。 ~みんみんミラクル ミ・ヌルゥーズ みんみんミラクル ミ・ヌルゥーズ♪~ 二曲目はオリジナル曲の『ミ・ヌルゥ伝説パートⅡ』 三曲目『カボチャプリンのうた』を歌う前、“かぼちゃプリン”に反応したアスクールによって、隠れ見がバレてしまうク・フィーユ達。式典会場へ案内係りの手伝いにいった2人だが、受付嬢の制服に着替えないといけなかった為、一旦戻ってきたのだった。 なんとかして2人に見られた事を忘れてもらおうとするミ・ヌルゥーズは、式典で大事件が起きるよう神に祈るのであった……。 出演はアスクール「聴きたいな~」の内田彩。 ク・フィーユ「私、何も見ませんでした」の合田彩。 ミ・ヌルゥーズ「何か起きろ~」白石稔。 第六回は「成長促進」。お楽しみに。 第9話のサブストーリー。喫茶室での出来事のあとに起きたGソサエティ事件の騒動で、ミ・ヌルゥーズの願いは叶ったことになるのだが……。ミ・ヌルゥーズワンマンショー回でもあり、完全即興の曲を披露した白石さんの熱演が冴えわたる。それにしても、乙女の怒りは恐ろしい……。 【新コーナー ミヌ姐さんの泉】 相談は『女性と上手くトーク出来るようになりたい!』 ポイント1 相手の話していることに関心をもつ 相手の好きな事を知る。髪型やアクセサリーなどを褒めてあげる。 まとめると『○×▲(規制音:ぽっきゅ~ん!)へ行きなさい!』 【感想】 映像での配信割合が増え、配信時間も70分に突入! 『上層部からの指令』『ミヌ姐さんの泉』という新企画が導入され、内田さんがターゲットにされたのであるが、アドリブが達者な白石さんはともかく、内田&合田さんにとっては、即興ネタは厳しいハードルとなることであろう。 ごーでぃーの名称表示が『合D』に決定。規制音はアスクールの“ぽっきゅーん!”に。 投稿メールの最初に自身のメールが読まれたことには感激♪ 改めて聴くと恥かしいものですね(笑)。 編集なしの放送なのであろうか、無駄に時間を費やしている印象はなく、トークにしても一生懸命な取り組みさが伝わる。スイーツコーナーで休憩を挟んでいることもあり、終始元気いっぱいの出演者達であった。 (参考までに) キディ・ガーランド公式ホームページ http://www.kiddygrade.com/ キディ・グレイド解説部屋 http://www5b.biglobe.ne.jp/~saineria/kiddygrade.htm キディ・ガーランドファンページ http://saineria.at.webry.info/200909/article_14.html
Baby universe day
ランティス
2009-11-25
アスクール&ク・フィーユ(内田彩&合田彩)

ユーザレビュー:
清々しいんじゃないで ...
パワフル全快!ノリノ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#17

タイトル:#17 知らない名前 【主な登場人物】 ESメンバー見習い:アスクール ESメンバー見習い:ク・フィーユ ESメンバー見習い:ディア GTO受付嬢    :アリサ GTO受付嬢    :ベル 喫茶室長      :ミ・ヌゥルーズ シャドウワーカー:サフィル シャドウワーカー:リュビス シャドウワーカー:リトゥーシャ シャドウワーカー:パウーク シャドウワーカー:トーチ シャドウワーカー:シェイド メイド嬢      :コア Gソサエティ総帥:ガクトエル 【ク・フィーユの視点からみたGソサエティとは?】 第8話でリトゥーシャとパウーク視点でGソサエティ側のキャラ紹介をかねたエピソードが描かれたが、本話はサフィルとリュビスの過去を新たに描き、新政府に対する復讐の動機を明かしている。 サフィルとリュビスは犠牲者であった。特殊能力者として生み出された道具である。そしてク・フィーユも……。 これまで倒すべき敵として認識していたGソサエティであったのに、自然と近親感を抱かせたのは、ク・フィーユに感情移入して見る事ができるからである。ク・フィーユは、シャドウワーカー達を敵視しておらず、親しみさえ抱いている。ESメンバー見習いとしてのク・フィーユから見れば、仲間の仇であり、銀河の平和の為に戦わなければならない相手であったのにだ。 正義が必ずしも1つとは限らない。それぞれの立場に正義があることを強く認識させる演出であった。 もしサフィルとリュビスがGTOのESメンバーとして生まれていたら、今の境遇とは違った生き方をしていたであろう。 何が違うのか?  それはガクトエルの存在である。記憶を変革されガクトエルの妹として新たに誕生したク・フィーユは性格の変貌がみられた。 アスクールと出会ってからのク・フィーユと出会ってないク・フィーユが違った人格になることを証明している。しかし、ク・フィーユはリュビスやガクトエルを慕っていたとしても、無関係な一般人らに危害を加える行為をするのだろうか? アスクールとク・フィーユの2人で一人前のESメンバーとしての成長をみせている中での突然の別れ。そして別々の道を歩もうとしている展開は、どちらも幸せになって欲しいと願う視聴者をハラハラさせることであろう。 【キディ・ガーランドぴゅあとの繋がり】 コミックで散々対決してきたク・フィーユとリトゥーシャ。今回、対面した時に呼ぶ名前は“黒ぱんつ!”であるべきなのでは? 友達になっていきそうなやり取りであったのに、あまりにも他人行儀であるのは違和感を感じる。 【感想】 ストーリーの展開が面白い。ク・フィーユのアスクールに対する想いが消え、GTOからGソサエティ側の一員となろうとしているからだ。状況的に圧倒的不利なアスクールとディアに何ができるのか? これまでのように能天気馬鹿キャラでいられないアスクールの成長に期待がかかる。今話もGTO喫茶室の衣装がチェンジ! この路線でこれからも突き進んで欲しい(笑)。
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.1 太陽と月
ランティス
2009-12-09
アスクール(内田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド キャラクターソング3
ランティス
2010-02-24
タマ(若本規夫) ディア(高橋夢波)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#16

タイトル:#16 冷たい涙 【主な登場人物】 ESメンバー見習い:アスクール ESメンバー見習い:ク・フィーユ ESメンバー見習い:ディア GTO受付嬢    :アリサ GTO受付嬢    :ベル GTO局長     :イヴェール 秘書        :ゾマ シャドウワーカー:サフィル シャドウワーカー:リュビス Gソサエティ総帥:ガクトエル 【隠しておきたい悩み】 ガクトエルから妹であることを明かされたアスクールは、誰にもそのことを話せずにいた。 ク・フィーユもまた、過去の記憶を失っていっていくことを話せずにいる。 信頼し合うパートナーだからこそ、打ち明けたときに信頼を失うかもしれないことが恐いのであろう。 アスクールとアリサのやりとりは言葉伝わらずではがゆい。「君に届け」の貞子と千鶴&あやねとの「友達じゃない」発言によるすれちがいを彷彿してしまった。 2人とも同じであるというディアの指摘が的を得ていて、返す言葉がない。 【アスクールvsリュビス】 互角の知力同士! つまるところ共にバカということなのですけどね(笑)。 アスクールの気円斬もどきの重力派攻撃は当たれば大ダメージ。テレポートの能力で間合いをとれる。超人的な身体能力で近接戦を仕掛けたいリュビスは、アスクールの攻撃をかわして間合いをつめていく。 【総力戦】 アスクール、ディアが力尽きていく中、ク・フィーユが能力の限界に挑む。しかし、ク・フィーユは能力を使うごとに記憶を失う諸刃の剣であり、頭痛をともなうごとに記憶を失っていくものと思われる。 アスクールからボケを学んだティフォン。序盤はアスクールといいコンビで漫才しておりましたが(笑)、サフィル&リュビス戦では身を挺しての救出行動。ミストラルの自動操縦プログラムまで起動させる優秀さでした。 【総評】 ガクトエルから使命を受けたサフィルの芝居劇であったのだが、ガクトエル自身で再び会いに行くと予告していた前話のふりは何だったのか? サフィルに強制的に連れ去らせる必要があったとは思えない。サフィルが今回の作戦を提案したのかもしれないが、あわよくばアスクールを始末したかった意図も見え隠れしている。サフィルの本心としては、ガクトエルの寵愛をアスクールに横取りされたくないからだ。 アクションシーンは回をおうごとに成長していくアスクールとク・フィーユの能力もあって見応えのあるレベルになってきている。 第14話でク・フィーユの記憶障害については解決……と思わせておきながら症状は治ってなかった。今回の戦闘でアスクールとの記憶も消えてしまってないか心配でならない。安否の確認はとれたものの、目覚めたのはおそらくGソサエティの本拠地内。絶妙の引きでストーリーが気になる締めであった。さらに驚かせたのは次回予告……サンテレビでは第16話の再放送って一体!?。 どうやらテレビ局に放送する為の素材が届かないドラブルがあったようで……興奮度も興ざめてしまいそうで勿体無い。 今日も今日とて衣装が変わるGTO喫茶室。このこだわりはこれからも続けて欲しいところである。もう衣装デザイン専用の担当がいてもいいくらいである(笑)。
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.2 月と太陽
ランティス
2009-12-09
ク・フィーユ(合田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

「キディ・ガーランド」GTO喫茶室「タッチ&ゴー!」第4回

【放送日】2009年12月4日 【パーソナリティ】白石稔(ミ・ヌルゥーズ役) 内田彩(アスクール役) 合田彩(ク・フィーユ役) 【ゲスト】伊藤敦(企画プロデューサー)  佐藤順一(音響監督) 【恒例の近況報告】 白石稔:家の天井から音が聞こえ出した。ネズミとの戦いが始まったのであった。 内田彩:妹と京都に行った時、青蓮院で開帳された国宝青不動明王をみる。 合田彩:初めて東京の冬を体験。外よりも部屋の中の方が寒いことを実感。 佐藤順一:イベントで大阪に行った時、ポンズマヨと塩たこ焼きを食べた。 【今回のスイーツ】 脚本のきむらひでふみさんが買ってきたのは 「ベルアメール」のシュークリーム 商品名は「ツインクリームシュー」。 黒と白の2色クリームがポイント。 「ピエールマルコリーニ」のエクレア 12月から2月までの期間限定商品「カプチーノ」が人気。 黒は黒ぱんつことク・フィーユ。白は白ぱんつことアスクール用に購入したのだとか。 そして気になるミ・ヌルゥーズのぱんつの色は…… 稔「情熱の紫に決まっているじゃないの。情熱の赤、魅惑の紫に決まっているじゃないの」 原作ではまだお披露目されていないミ・ヌルゥーズのぱんつの色はこれで決定されることであろう。 今回はTVアニメ4話の感想。 初登場のディアであるが、声優の高橋夢波さんは現役女子高生なのであった。 サフィルは京都風の言葉をとりいれ、リュビスは横浜千葉風の喋りにしたのであるが、リュビスはアニメーションプロデューサー金子文雄の監修で台詞をチェック。サフィルの台詞についてはベル役の堀川千華さんが京都出身だったこともあり、お手本をしてもらってたのであった。 【企画コーナー】 音響監督である佐藤順一さんとのトーク。 声優養成学校を出た内田さんと合田さんであるが、実際の現場では先輩声優さんたちがいることで空気が全然違っていたとのこと。最初は迷惑をかけまいとする思いでいっぱいだったのが、今ではアスクールとして喋ることが楽しい内田さん。当初は臆して臨んでいたが、やる気十分で取組めるようになった合田さん。白石さんからのアドバイスとしては上手いくなるコツは上手い人と共演すること。 佐藤さんからは、数をこなしていきながら失敗をすること。指摘されて自分で反省することが重要だということ。 【ラジオミニドラマ】 きむらひでふみさん書き下ろしシナリオ。 さうんどおんり~第四話「お祭りタイム」 誰もお客がこないGTO喫茶室。GTO創立25周年式典があるためであった。 その代わり出前が増えるGTO喫茶室であったが、アスクールは出前時にテレポートを使っていた。バレずにすんでいると安心しているアスクールであるが、トゥイードゥディ指揮による警備監視システムで見つかっているとク・フィーユは指摘するのであった。かつてのカボチャプリン事件が頭をよぎるク・フィーユ。あの警備システムは政府から侵入者に極力傷を負わせない警備システムを構築するよう命令されてつくったものであった。 記念式典をお祭りと勘違いしてボケるアスクールであったが、相方のク・フィーユのツッコミレベルが低いためにアスクールのボケが暴走していると指摘するミ・ヌルゥーズは、ク・フィーユにツッコミの極意を伝授するべく特訓を開始したのだった。 脚本のきむらさんが見守る中で行なわれたのだが、野放しになった役者が勢いだけで演じるとこうゆう結果になることを実感したのであった。 【感想】 乙女であり、漫才の師匠でもあったミ・ヌルゥーズの役の幅が広い。普段チェックする佐藤順一さんを前に合田さんは緊張ぎみであった。 すっかり白=白ぱんつ=アスクール、黒=黒ぱんつ=ク・フィーユと認識しており、コミック版の設定が浸透している。 内田さんと合田さんがアスクール&ク・フィーユと共に役者として成長していってるようで、心境の変化と心構えなど先輩方からのアドバイスを交えながら、わりと真面目な番組となった。 そして配信時間が60分にまで拡大! 豪華なスイーツコーナーに時間をさいているからであろうか。白石さんの一人喋りも目立つが、内田&合田ペアが自由奔放に話し出したらもっと時間は長くなることであろう。 
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.1 太陽と月
ランティス
2009-12-09
アスクール(内田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.2 月と太陽
ランティス
2009-12-09
ク・フィーユ(合田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#15

タイトル:#15 悪い夢 【主な登場人物】 『Aパート』 2-B:アスクール 2-B:ク・フィーユ 2-B:ディア 2-B:アンオウ 2-B:エイオウ 2-B:トゥイードゥルディ 2-B:トゥイードゥルダム 2-B:ゾマ 担任:イヴェール 生徒A:アリサ 生徒B:ベル 演劇部先輩:トリクシー 演劇部先輩:トロワジェイン 給食のおばちゃん:ミ・ヌゥルーズ 校長:タマ 『Bパート』 ESメンバー見習い:アスクール ESメンバー見習い:ク・フィーユ ESメンバー見習い:ディア シャドウワーカー:トーチ シャドウワーカー:シェイド Gソサエティ総帥:ガクトエル Aパート&Bパート共にキーワードは「夢」。 【いきなり学園ドラマに作品チェンジ!? なAパート】 他のクラスメイトキャラもしっかりとキャラが描かれているのだが背景なのが勿体無い。 アスクール&ク・フィーユのキャラクターソングが初披露。良い演出であった。 エイオウの“ロングホーントレイン”はキン肉マンでバッフローマンとモンゴルマンの2000万パワーズによる合体必殺技でした。それにしても同学年のディアという設定は無理無理のような(笑)。トリクシー&トロワジェインの復活は嬉しい設定……って夢オチ!! 前話の伏線を引き継いでホットドックを食べるアイキャッチはギャグ路線のまま。 【衝撃な事実が明かされるBパート】 アスクールの夢オチはシェイドの精神系幻影能力ミラージュ・Dの能力によるものであった。アスクールの深層心理を探る目的で見せた夢であるが、「バカ姫!?」「ドジっ子ナース」「女刑事」「魔法少女」「ハリーポッター風魔法学園ドラマ!?」 これはもうコスプレショーでしょ(苦笑)。 アスクールの夢に幼年期の記憶が一切出てこなかったことから、過去の記憶を失ったと判断したのであろう。深層心理の奥にあるものは意識している記憶にはない無意識の記憶が含まれているのである。アスクールが夢を覚えている部分は意識の記憶のみである。シェイドはアスクールの見た夢を映像化して認知していたことになる。 そして遂にガクトエルがアスクールに接近! ガクトエルから知らされたアスクールの秘密であるが……2人は血の分けた兄妹であった!! アスクールの本名は“リーゼロッテ”。 アスクールが特殊能力者だったのはとある研究所で開発された能力であった。 ガクトエルの能力は時間に干渉する能力。トロワジェインと同じ能力なのであるが、Gクラス級の同じ能力者がこうも複数生まれるものなのであろうか? 【ガクトエルの心理】 Gソサエティ内の誰も信頼をしていないのだが、肉親に対しては対応が別である。 ただアスクールの能力を利用したいのではなく、妹として兄を支えて欲しいという願望を感じる。それは孤独であることの裏返しでもある。アスクールを迎えることで、幹部達の反感をかうことなど全く問題としておらず、心を開ける存在としてアスクールを求めているようであった。 【アスクールの想い】 パートナーのク・フィーユを卑下されて本気で怒ったアスクール。怒りと共に能力も増幅している。これは感情と精神のコントロールによってより強力な力を発揮できるということであろうか。ガクトエルよりもク・フィーユを選んだアスクール。トリクシー&トロワジェインの敵であり、倒すべき宿敵としての見方が強いからであるが、兄として意識した時、果たして肉親を討つことがアスクールにできるであろうか。 アスクールがガクトエルの妹であったということは、アスクールも純血のノーヴルズであるということである。第13話のバカンス惑星でセンサーが反応したビップ扱いで入国した純血のノーヴルズというのはアスクールのことであったのだろう。 それにしてもシェイドやガクトエルにやすやすと侵入されるGTO本部。敵の能力が判明していることから、何らかの対策を立てるべきですね。 局長をはじめとする他のESメンバーが表立って行動していないのがもどかしい。
キディ・ガーランド キャラクターソング1
ランティス
2010-02-10
アスクール(内田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド キャラクターソング2
ランティス
2010-02-10
ク・フィーユ(合田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#14

タイトル:#14 出逢いの刻 【主な登場人物】 ESメンバー見習い:アスクール ESメンバー見習い:ク・フィーユ ESメンバー見習いの見習い:ディア GTO受付嬢    :アリサ GTO受付嬢    :ベル GTO局長     :イヴェール 秘書        :ゾマ ESメンバー:トゥイードゥルダム 軍警察:ブロンコ “ク・フィーユの七年間という人生。そしてアスクールとの出逢いがようやく明らかに” 【ク・フィーユの過去】 ク・フィーユがESメンバーとして誕生したのは、エクリプスの特殊能力《クヴァント》によるものであった。《クヴァント》とは量子ジャンプを可能とし、その応用によって「量子再構築」を可能とすることで不死を実現することができる能力である。 かつて、「キディ・グレイド」でエクレールとリュミエールがその姿を変えて生まれ変ったのもその力によるものであった。「量子再構築」によって記憶を消していたエクレールが、後にその記憶と共に本来の能力を取り戻してましたね。 と、いうことはク・フィーユの元となるオリジナルの素体が存在していた? 記憶、人格、性格、癖、思考、感情など、経験によって形成されていくものである。魂と身体との融合が正常でないと障害が生じるものである。ク・フィーユの記憶障害も、不完全な特殊能力を使うことによって起きたものではないだろうか。 生まれたときからESメンバーとなる生き方しか選択できなかったク・フィーユは、人として自由に生きられない宿命を負っていたのですね。 そして、ク・フィーユの誕生の際に命を落としたエクリプス。エクリプスの死により、ESメンバーの「量子再構築」が不可能となったことで、現在の体制に至ったということか。 エクリプスが、エクレールとリュミエールを残して死んだとは思いたくないのだが……。 【お馬鹿能天気キャラのアスクールの過去】 脱出カプセルで生き延びたアスクール。過去の記憶を失っている設定は、伏線があるのがみえみえですね。アスクールの両親とは一体何者だったのか? 町の用心棒として戦うアスクール。正義感が強い子でした(馬鹿なのは相変らずですが)。 ブロンコから起爆スイッチを奪ったテレポート能力は、コミック版でもお馴染みのお得意戦法であった。 【総評】 もっと早く本話を見たかった……2クールをすぎてようやくアスクール&ク・フィーユのことが理解できた感がある。2人の過去についてもっと伏線をはっていなかったことが悔まれる。 久しぶりのGTO喫茶室に変わらないアスクールのボケとク・フィーユの突っ込みもほどほどに、前半の和みムードが2人の現在に至った過程を象徴し、ク・フィーユが抱える不安を払拭した流れは好感がもてる。喫茶室長のミ・ヌゥルーズが背景キャラ化の危機!? アンオウの女装にも触れられたが、彼の女装癖は前作「キディ・グレイド」でその真髄が見られる。アスクールがESメンバーとなる動機付けまでは掴みきれず、人々を助けたいとする為なのか、ク・フィーユとの友情なのかは曖昧であった。アスクールの不始末に手を焼くク・フィーユであるが、アスクールの裏表のないところには精神的に救われているようである。ク・フィーユがこれから覚えていく新たな記憶は、アスクールやディアとの楽しい思い出になることであろう。
Baby universe day
ランティス
2009-11-25
アスクール&ク・フィーユ(内田彩&合田彩)

ユーザレビュー:
清々しいんじゃないで ...
パワフル全快!ノリノ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#13

タイトル:#13 バカンス² 【主な登場人物】 ESメンバー見習い:アスクール ESメンバー見習い:ク・フィーユ ESメンバー見習いの見習い:ディア GTO受付嬢    :アリサ GTO受付嬢    :ベル GTO局長     :イヴェール 秘書        :ゾマ 喫茶室長      :ミ・ヌゥルーズ 女性だけしか入国できないバカンス惑星での特務の為、アスクール&ク・フィーユ&ディア達が選任されたのだが、ディアはともかくアスクールはつくづくESメンバーとしての自覚が足りていない。前話で、命をかけて銀河を守っているエクレール&リュミエールの存在を知ったところであるのだが、どうにも真剣さに欠けており、特務の重要性を認識して行動しようとするク・フィーユが哀れである。 アリサがコール財閥のお嬢様という設定が明らかになったのだが、“コール”の名がつく人物といえば、「キディ・グレイド」で登場した“リキッド・コール”を思い出す。サウンドレイヤーでは見事主人公扱いとなり、天真爛漫な性格であった人物であるのだが、アリサはその血筋ということなのだろうか。 サポートメカ ティフォンがアスクール色に染まっていく(笑)。 ディアがノーヴルズのビップ扱いで入国できたのだが、純血のノーヴルズというのはディアのことであろうか? アスクールの存在を気にするガクトエルであるが、ディアとも関係があるのかもしれない。たった一人でシステムを止めようとしていた特殊部隊のイリス。さすがプロの貫禄で任務を遂行しているのだが……アスクールとディアがいるとどうにも締まらない(苦笑)。 専用特装艦ミストラルとティフォンのサポートがあって何とか特務を全うすることができるのはいかにも見習い扱いであった。ク・フィーユの時間制御とアスクールの重力刃はトロワジェイン&トリクシー譲りの能力であるのだが、システムの破壊工作時にこの能力を使用して、暴走を止めれば良かったのでは?  結果オーライで救助に成功したアスクール達であるが、功労賞は特殊部隊のイリスである。システムが暴走したのが意図的なのか、ただの事故なの、身分の高い観光客が増えた原因については説明がなく、他の特殊部隊の女性達の消息も不明。ただの水着回にしてしまっていいのだろうか? アイキャッチでゾマが期待したポロリはアリサが担当。相変らずギャグコメディのアイキャッチである。
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.1 太陽と月
ランティス
2009-12-09
アスクール(内田彩)


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランドぴゅあ 第9話「みんな仲よくG&G」

【主な登場人物】 ESメンバー見習い:アスクール ESメンバー見習い:ク・フィーユ ESメンバー見習いの見習い:ディア Gソサエティ:リトゥーシャ Gソサエティ:パウーク 部下:サングラス男達 Gソサエティ:リュビス Gソサエティ:サフィル Gソサエティ:トーチ Gソサエティ:シェイド Gソサエティ:ガクトエル 【あらすじ】 今日も今日とて、GTOの見習いESメンバーに立腹するリトゥーシャ。 特殊近衛隊リュビスの部下達も見習いESメンバーに撃退されたことを知り、これ見よがしに毒づくのだが、冷血なサフィルにあしらわれる。 ガクトエルに見習いESメンバーの打倒を進言するリトゥーシャであるが、ガクトエルの決定は争わず仲良くすることであった。 嫌々ながらも仲良くなるための練習に精を出すリゥーシャであるが結果は失敗。有無を言わさずク・フィーユのチョコ爆弾をくらわされ、怒り心頭に発するのだった。 【解説・批評】 タイトルのG&Gとは、GソサエティとGTOを意味している。 アニメで先に登場したGソサエティのリュビスやトーチ、ガクトエルらがコミック版で初登場しており、リトゥーシャ視点で描かれたストーリーであった。 リュビスの部下が撃退されたというのはアニメ第10話でのこと。アスクールらが使った能力についての報告はされていないようである。 コミックではこれまでアスクールらとの因縁を描いてきており、リトゥーシャ、パウーク、サングラス男達との和気藹々とした和みの雰囲気を感じさせているのだが、アニメ版では活かされていない設定である。ESメンバーらと互角に渡り合える強さをもつリトゥーシャ&パウークが、コミック版ではアスクールらに勝てないギャップの差がなんとも(笑)。彼女達を繋ぐ役目となるのはディアであろう。リトゥーシャを敵とみているアスクールとク・フィーユと違い、ディアはリトゥーシャと友達になろうとしているからだ。 ガクトエルの推奨するアスクールらとも仲良くというのは、なにか目論見があってのことであろう。そして、アニメでは登場の出番のないサングラス男達の活躍がみれるのはコミックだけである。彼らも見捨てずに描いていってほしいものである。 (参考までに) キディ・ガーランド公式ホームページ http://www.kiddygrade.com/ キディ・グレイドファンページ http://saineria.at.webry.info/200607/article_4.html キディ・グレイド解説部屋 http://www5b.biglobe.ne.jp/~saineria/kiddygrade.htm キディ・ガーランドファンページ http://saineria.at.webry.info/200909/article_14.html
キディ・ガーランド ぴゅあ (1) (角川コミックス・エース 247-1)
角川書店(角川グループパブリッシング)
緋賀 ゆかり

ユーザレビュー:
お笑い+お色気+勧善 ...
これはおもしろい^ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#12 ~ぢゃっぢゃ~ん! は不滅です~

新年おめでとうございます。今年最初の感想はキディ・ガーランドからとなります。同人誌サークル「サイネリア」の活動も解説シリーズで作っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。 タイトル:#12 時間の凍りついた空間 【主な登場人物】 アスクール ク・フィーユ ディア アンオウ エイオウ トゥイードゥルディ トゥイードゥルダム イヴェール ゾマ エクレール リュミーエール エクリプス シュウ アームブラスト メルクルディ(ファイルスプリッツ) 前回の引きに続き歴史の闇に消された事件の全貌が明らかに。 それは第1話のアバンで起きた事件であった。「ギティ・グレイド」の主人公達が関っており、Gクラス能力者のエクレールとリュミエールが今も尚、“時間の凍りついた空間”にいることが判明。 事件の記録をしていたのはアームブラストとメルクルディ。アームブラストは「キディ・グレイド」ではエクレールを騙しながら影でビジネスをする曲者でありましたが、結果的にそれは合法的には救えない弱者層を救済することになっておりましたね。 エクレールを庇って重傷を負ったアームブラストは記憶を失い、姿を変えゾマに。 アームブラストのパートナーであり、恋人でもあったメルクルディことファイルスプリッツも姿を変えイヴェールとなったのであった。これでイヴェールとゾマの関係が明らかになりましたね。 イヴェールが特殊能力を失ってなければ、使えるのは《インサイド》。一点でも共有する空間があれば、あらゆる場所への出入りが可能。アームブラストことゾマも能力を失ってなければ、自らと同程度の質量を黒箱内の空間に畳み込める《ブラックボックス》が使用可能。2人の能力を重合することで、空間的制約から解放される。どんなセキュリティでも突破でき、瞬時に移動することができるのである。 エクレールを母と呼ぶシュウは、「キディ・グレイド」ではシュバリエ・ドートリッシュであった人物。最終話で死亡するも、エクリプスの特殊能力によってエクレールの息子として再生されたのがシュウなのである。赤ん坊の姿で登場していたシュウであったが、キディ・ガーランドでの再登場は感慨深い。かつてのシュバリエ・ドートリッシュを彷彿する人物となっており、キャストの若本氏もシュバリエを意識した演出であった。 トリクシーとトロワジェインが、エンレール・リュミエールの仮の姿、もしくは遺伝子を受け継いで生まれた能力者と推測していたのだが、同じタイプの能力者で繋がりはないようである。エクレールとリュミエールを救える鍵となる人物であったのだが、その2人の能力を受け継いでいるアスクールとク・フィーユの生い立ちはさらに謎である。 そして、アスクールはガクエルが探していた人物であった。アスクールの出生も大きな伏線である。 ガクトエルが単身GTOに潜入!? セキュリティのずさんさが露呈しまくりの機関であるから造作もないことなのでしょうが、アスクールが特別な存在なのは確か。ガクトエルの目的が銀河系の滅亡だとして、その後にあるものは一体なんなのか? キディ・グレイドではノーヴルズらはデュカリオンを建造したことで、外宇宙のどんなところでも生存可能となり、ワープゲートをはじめとするネットワークの支配が可能だったものの、ガクトエルの居城が同じ機能を備えているのかは不明である。 ESメンバーの使命の重さを痛感したアスクール。そして、アスクール達の外見と年齢が同じでないことを見抜いたシュウ。最終話までに彼女達が母を救い出すことを期待する。 【総評】 「キディ・ガーランド」とは別作品であるかの緊張感が続くシリアスストーリーであった。それはエクレールとリュミエールをメインとするストーリーであったからに他ならない。「キディ・グレイド」を継承した「キディ・ガーランド」であることがようやく実感できる。 エクレールのアクションシーンがアスクールらの比ではないところに能力者の格の違いがあり、どうにもアスクール視点に変わるとギャグ色の濃さが目立つ。それが「キディ・ガーランド」である。 エクレールと成長したシュウとの日常シーンであるが、「キディ・グレイド」最終話を観てから見直すと感慨深さが格段と違って見えるであろう。エクレールはいつまでもエクレールであった。 (参考までに) キディ・グレイド解説部屋 http://www5b.biglobe.ne.jp/~saineria/kiddygrade.htm キディ・グレイドファンページ http://saineria.at.webry.info/200607/article_4.html
劇場版「キディ・グレイド」Blu-ray EDITION (初回限定生産品)
角川エンタテインメント
2009-12-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.1 太陽と月
ランティス
2009-12-09
アスクール(内田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#11

タイトル:#11 シャドウワーカー       【主な登場人物】 アスクール ク・フィーユ ディア エイオウ トゥイードゥルディ イヴェール ゾマ 【Gソサエティ側】 リトゥーシャ パウーク リュビス サフィル トーチ シェイド ガクトエル Gソサエティとの対策を立てるべくシャドウワーカー達の能力を研究するGTO。 シリアスが似合わないアスクールに戻ったものの、シャドウワーカーと戦わなければならないのはアスクール・クフィーユ・ディア達である。そして、彼女達に深くかかわっている25年前の時間凍結事件がついに明かされる……。 25年前の事件といえば、第1話のプロローグで、エクレールとリュミエールが関った事件である。あの事件の伏線がようやくいかされるのであるが、それは次話でのお楽しみということに。 本話はGソサエティのシャドウワーカーの人物紹介を兼ねており、組織内での人間関係を描いている。トップに忠誠を尽くすものの、幹部同士が互いに牽制しあう構図は昔からあるようで、GTOのようにみんな仲良くできないのが、悪の組織の宿命のようである。 銀河英雄伝説で、帝国側がオーベルシュタインによるナンバー2不要論を掲げていましたね。ガクトエルは三組のシャドウワーカーを互いに監視させて、人事の運用を上手くしている。軍師的な存在がいてもよいのだが、それだけガクトエルが優秀であるということか。 Gソサエティの野望を阻止すべく動くGTOであるが、裁きを受けるに値する証拠をつかんでいるわけではない。組織として活動できないGTOに協力する第三機関があるわけでもなく、アスクール達にシャドウワーカーを倒させ、ガクトエルを拘束させるのは無謀な作戦であるし、Gソサエティを支持する一般市民から反感をかうのは必至である。 政治的にも追い詰めていかなければならないのだが、人材不足なGTOがどう動いていくのか注目である。
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.2 月と太陽
ランティス
2009-12-09
ク・フィーユ(合田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド 第1巻 通常版(DVD) ◆15%OFF!
ぐるぐる王国 楽天市場店
■発売日:2010/1/29 2009/12/16まで初回分予約受付中!★ 詳しい納期他、ご注文時は


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#10

タイトル:#10 生きていた、2人       【主な登場人物】 アスクール ク・フィーユ ディア エイオウ トゥイードゥルディ イヴェール ゾマ タマ ミ・ヌゥルーズ アリサ ベル トリクシーとトロワジェインからアスクールとク・フィーユへ受け継がれた能力。 これまでの作風を覆す展開と仕掛けられたギミック。「キディ・ガーランド」が進もうとしている方向性が明らかになった瞬間でもありました。 シリアス展開でありながらこれまでにない違和感を感じたのは沈んだアスクールの存在であった。天然属性の強いキャラクターだからこそ、彼女から明るさと前向きに進む熱意、明日への希望が消えたことが雰囲気を大きく変えたのである。 トリクシーとトロワジェインの死が大きな壁となり、自身の存在意義を見失っていたアスクールとク・フィーユ。アスクールよりしっかり者のク・フィーユであっても、アスクールの抱える悲しみを打ち消すことはできず、共に分かち合うことしかできなかった。だからこそ、ディアが2人を前に進ませる役割を担っていたのである。 ディアは決して立ち止まらず、守りたい人の為に戦い続けた。 アスクールとク・フィーユに足らなかったのは、どんな事があっても守りたいと思う心。 ディアの危機に開花した能力は、トリクシーとトロワジェインの能力であった。 Gクラス並の能力を一時的とはいえ発動させたアスクールとク・フィーユであるがこれはなぜか? 2人の出生に秘密があると推測するのだが、トリクシーとトロワジェインの遺伝子を組み込まれていた可能性もあるのでは? 2人の特殊能力が他者の特殊能力を覚える能力……ということではないように思える。 ディアは将来有望なESメンバーになりそうですね。
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.1 太陽と月
ランティス
2009-12-09
アスクール(内田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド 挿入歌集
ランティス
2009-12-23
トロワジェイン(ゆかな),アスクール(内田彩),ディア(高橋夢波),タマ(若本規夫) ク・フィーユ(合田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランド解説の部屋#9

タイトル:#9 記念式典       【主な登場人物】 【GTO側】 アスクール ク・フィーユ ディア トリクシー トロワジェイン アンオウ エイオウ トゥイードゥルディ トゥイードゥルダム イヴェール ゾマ 【Gソサエティ側】 リュビス サフィル リトゥーシャ パウーク トーチ シェイド ガクトエル GTOvsGソサエティ  特殊能力者同士の全面対決となったわけだが、アンオウ&エイオウの警備システムは穴だらけ? サングラスで変装したトーチとシェイドの侵入をいとも簡単に許しているのだが、彼らの特殊能力の幻惑で警備システムを惑わせたとフォローすることもできるが、Gソサエティの動きを全く把握しておらず妨害工作でバックアップとの連携も阻止、警備兵達の暴走を止められないお粗末さ。イヴェール局長のリーダーシップと管理能力が問われるであろう。 ESメンバーの特殊能力がシャドーワーカーらに研究されているのに対し、ESメンバー側の対策が不十分であったことが敗因でもあった。 予想した通りトリクシーとトロワジェインはGクラス能力者であったのだが、伝説ともいわれるGクラス能力者は「キディ・グレイド」の主人公であるエクレールとリュミエールらがそうであった。トリクシーの能力は空間干渉。この能力を応用してテレポートを可能にしていたのであった。 そして繰り出す攻撃は気円斬!? ドラゴンボールのクリリンを彷彿させる技でした(笑)。 また、トロワジェインの特殊能力は時間干渉。対象の時間を止める事もできる。未来予知の能力も時間を進めることによってもたらされる能力の一つと推測できる。欠点は能力の使用する為に体力の消耗が激しいことか。 トゥイードゥルディの特殊能力は周囲の電子の流れを自在に操る能力。 トゥイードゥルダムの特殊能力は周囲の磁界を自在に操作する能力。 なぜだろう、「キディ・グレイド」時の2人の方が強いような気が……。 アンオウの特殊能力はあらゆる気の流れを聞き取る超聴力。 エイオウの特殊能力はあらゆる気の流れを超視力により見る事が可能。 傭兵経験のある彼らだが、やはり50年前の彼らの方が強いように思える。 見所となる戦闘シーンであるはずなのだが、作画レベルのお粗末さもあり盛り上がりりに欠ける内容であったのは残念。 トリクシー&トロワジェインのフォローで劣勢状態を切り抜けたものの、ガクトエルの狙いは2人の隙をついての奇襲。薔薇を使った暗殺能力のようだが、黄金聖闘士のアフロディーテを彷彿する技であった。 トリクシー&トロワジェインの絶命の危機にディアが活躍……かと思いきや傍観者のままで何もせず。アスクールとク・フィーユらがどうこうできる状況ではなく、力の差をみせつけられる対決であった。
キディ・ガーランド 挿入歌集
ランティス
2009-12-23
トロワジェイン(ゆかな),アスクール(内田彩),ディア(高橋夢波),タマ(若本規夫) ク・フィーユ(合田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

「キディ・ガーランド」GTO喫茶室「タッチ&ゴー!」第3回

【放送日】2009年11月27日 【パーソナリティ】白石稔(ミ・ヌルゥーズ役) 内田彩(アスクール役) 合田彩(ク・フィーユ役) 【ゲスト】伊藤敦(企画プロデューサー)  佐藤順一(音響監督) 【恒例の近況報告】 白石稔:髪を洗って流した時に髪の毛が大量に……秋から冬にかけて毛の抜ける量が多い。 合田彩:ついに亀を飼った。ゼニガメで名前は亀太。アミダで決めた名前であるのだが、他の候補だったのは、ウメさん、ポロロ、メカブ、抹茶さん 内田彩:ゾマ役の瀧澤樹さん手作りのラー油をもらって卵かけご飯にかけて食べている。アフレコ現場で皆に配ったそうで、その後の飲み屋で皆卵かけご飯を注文した際、このラー油をかけたそうである。伊藤さんは忙しくアフレコ現場に行ってなかったとのこと。 【今回のスイーツ】 ママン・ラトーナの「半熟カステラ」といっ久家の「いっ久どーなつ」。 「半熟カステラ」の感想 内田彩「カステラの味しますね」 白石「そりゃそーだろ!」……ごもっともな突っ込みで(笑)。 内田彩:生地はチーズケーキみたい。一口食べたたげで卵の味がすごくしっとりしてて、生地の弾力もすごい。 白石:スポンジケーキとカステラの半分のよう。厚焼き玉子をオリーブオイルで作った時のようで、パンケーキみたい。卵の味がすごく濃厚。 「いっ久どーなつ」の感想 合田彩:家でドーナツを作るけれど、その時には出せない匂いをしている。 白石:香りがすごくやわらかい。口の中に入れると油っこさが出るけれど、一瞬だけでしくこくなくさっぱりしている。中がフワフワ、外はサクサク。 内田彩:すごく柔らかいけれどまわりがサクサク。 【企画コーナー】 音響監督である佐藤順一さんが登場。 アニメ監督でありながら、キディ・ガーランドでは音響監督を引き受けたのは、後藤圭二監督やキャラクターデザインの門之園恵美さんらの作品であったから。自身の作品で後藤さんがコンテをしてくれたり、門之園さんが作監をしてくれたりとお世話になっている縁もあってのことであった。 第3話「最悪の相性?」で注意した事。 アスクールとク・フィーユが、まだ第1話くらいの関係性に感じられるのた不適当。第1~第2話を通して2人の関係が密になっていくはずだから、第3話ではしっかりと友達になっている見方をしてオーダーを出したとのこと。 アフレコ後には皆で飲み会へ行くのが常らしいのだが、第1話でのアフレコでは、合田・内田さんらが居残りで収録をして終ったのが午後11時ごろ。先に収録が終った人達はもう帰ってると思っていたのがみんな帰らずに残って待っており、みんなでご飯を食べに行ったのだそうだ。エイオウ役の稲田徹さんやパウーク役の松元恵さんは、こういった集りの時のは必ず待っているとのこと。 【ラジオミニドラマ】 きむらひでふみさん書き下ろしシナリオ。 さうんどおんり~第三話「パートナー?」 お昼のラッシュタイムが過ぎたGTO喫茶室。おやつタイムまで一息つけると分かったアスクールはソファに客席のソファに座りこむのだが、喫茶室規則で営業中ウェイトレスは店内で座って休んではいけないことになっている。反対するク・フィーユであったが座り心地の誘惑に勝てず……。ミ・ヌルゥーズ喫茶室長に咎められるアスクールとク・フィーユであったが、ク・フィーユを庇うアスクール。一方でク・フィーユは自身の責任であると主張する。 あきれるミ・ヌルゥーズに対し、ク・フィーユとはパートナーであると明言するアスクール。しかしながら、一人前のESメンバー同士がパートナーと呼ぶのに相応しく、2人はお気楽へっぽこコンビであると評価するミ・ヌルゥーズであった。 ミ・ヌルゥーズ役の白石稔による全国ロケでの厳しさを晒した魂の叫びで締め括っている。 台詞を噛んでもフォローして進める合田彩さんの臨機応変さに感心。 【エンディング】 進行役の白石さんが、内田さん、合田さんから上手くトークを引き出させている。 スイーツタイムでは、毎回ゲストが差し入れを持ってくるのが慣習となりそうで(笑)、この企画コーナーではグルメ番組化してきそうである。 音響監督の佐藤順一といえば、3人ともセーラームーン時代に視聴者であったのだが、新人の内田&合田さんは鍛えがいがある声優ということで、これから伸びていくことだろう。
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.1 太陽と月
ランティス
アスクール(内田彩)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キディ・ガーランドぴゅあ 第8話「ぷりてぃ☆ガール」

【主な登場人物】 ESメンバー見習い:アスクール ESメンバー見習い:ク・フィーユ ESメンバー見習いの見習い:ディア 謎の組織の首領 :リトゥーシャ 謎の組織の首領 :パウーク 謎の組織のサングラス男達 【あらすじ】 白ぱんつことアスクールと黒ぱんつことク・フィーユの情報を聞き出すためにディアに接触したリトゥーシャとパウークであったが思うように話が進まない。挙句の果てに、ディアから友達になって欲しいと誘いを受けるのであった。 ディアを探しにきたアスクールとク・フィーユと鉢合わせになり、サングラス男達共々戦闘態勢 にはいるのだが、ディアはリトゥーシャ達を友達としてアスクールとク・フィーユに紹介する。パウークの「クレイジー・クラッカー」を目くらましにして引き上げていくリトゥーシャであったが、ディアから『友達』と言われた事を嬉しく思うのであった。 【解説・批評】 アニメ本編では一足先に登場しているディアが遂に登場。 本話ではディアとリトゥーシャとの出会いをメインに描かれており、我が侭タイプで喜怒哀楽の激しいリトゥーシャが、ディアの無邪気さに振り回されながらも、初めて友達という間柄になろうとした微笑ましいストーリーであった。 リトゥーシャの優しさは、転んだディアを心配したことにも現れている。当初はGTO局長を標的とした組織であったが、アスクールとク・フィーユによって計画が頓挫してからは、2人をターゲットにしている。そこにディアが加わったことで、敵対関係が中和されていく印象を受ける。 ディアのぱんつがネコ柄であったことから、コードネーム「ネコぱんつ」と命名されたディア。アニメ本編では活かされない設定であろう(笑)。 さて、アニメ第8話にて初登場のリトゥーシャとパウーク。なんと2人はGソサエティの組織の一員であった。しかもリトゥーシャはノーヴルズ。キディ・ガーランドぴゅあに見られる物腰の柔らかさはほとんどなく、ディアと友達になろうとする雰囲気が全く感じられない冷徹さを感じる。 “コミック版の方が1000倍可愛いんだから!”という天の声が(笑)。 さすがぴゅあなだけあって、可愛らしさ重視である。 アニメとコミックを繋ぐとすれば、リトゥーシャとパウークがディアの登場前からアスクールとク・フィーユらと揉め事を起こしていなければならないのだが……。キディ・ガーランドぴゅあではディアと友達になっておしゃべりするリトゥーシャの姿を見たいものである。  (参考までに) キディ・ガーランド公式ホームページ http://www.kiddygrade.com/ キディ・グレイドファンページ http://saineria.at.webry.info/200607/article_4.html キディ・グレイド解説部屋 http://www5b.biglobe.ne.jp/~saineria/kiddygrade.htm キディ・ガーランドファンページ http://saineria.at.webry.info/200909/article_14.html 「キディ・ガーランド」GTO喫茶室「タッチ&ゴー!」第2回解説 http://saineria.at.webry.info/200911/article_13.html

キディ・ガーランド解説の部屋#8

タイトル:#8 Gソサエティ       【主な登場人物】 【GTO側】 アスクール ク・フィーユ ディア タマ ミ・ヌゥルーズ トリクシー トロワジェイン アンオウ エイオウ 【Gソサエティ側】 リュビス サフィル リトゥーシャ パウーク トーチ シェイド ガクトエル “ノーヴルズ”とは前作「キディ・グレイド」にて銀河を実質支配していた上流階級である。 前作のデュカリオン事件にて瓦解したノーヴルズであったが、まさか再起を図っていたとは……。 前回に続いてのシリアス展開であるが、アスクール、ク・フィーユ、ディアが絡むと和やかムードに。Gソサエティの強大な存在が明らかになり、対GTOとの対決色が強まったのであった。 今回の喫茶室衣装は尻尾付! どうして動いているのかは敢えてつっこまないでおこう。 トゥイードゥルディーに代わりに警備システムを担当することになったアンオウ&エイオウであるが、アスクールとク・フィーユを苦しめたあのトラップは撤去されるのでしょうね(笑)。 今話初登場のリトゥーシャ&パウークは、コミック版「キディ・ガーランドぴゅあ」にて、アスクールとク・フィーユを標的にしている謎の組織のトップである。パウークが使ったのは特殊能力「クレイジー・クラッカー」。パウークの性格がコミック版と違いリトゥーシャぞっこんの騎士役となっている。リトゥーシャの性格もキツメで、コミカルな面は出さないクールキャラであった。 コミック版で2人の手下として働くサングラス男達の姿がないのが残念。 トーチ&シェイドはかつて銀河警察であった。スパイとしてGソサエティに潜入しているのではないようだ。「キディ・グレイド」でも警察官の不正を描いたストーリーがあったことからも、犯罪組織に寝返る者はいるということであろうか。 GTO式典に参加するバジル評議長とアーニス代表であるが、2人ともGソサエティ側の人物であった。Gソサエティとの繋がりを掴めていないことから、警備強化をしても内部から仕掛けられて崩壊していく気配が漂う。 トロワジェインとク・フィーユの突然の頭痛であるが、これは共に予知能力者が察知した嫌な予感というものであろうか。トロワジェインの特殊能力が明らかでないのだが、ク・フィーユも同じ症状であったことから、危険な予知をしたものと思われる。 【総評】 第4話でのリュビス&サフィルのGTO偵察。第6話での局長室でのGTO25周年記念式典話といったストーリーの伏線が本話に繋がっている。Gソサエティ側の紹介をメインとしており、 “ノーヴルズ”の存在を明らかにしたことで、ただならぬ組織と敵対していることを視聴者側に知らしめた内容であった。「キディ・グレイド」からの流れでは、組織内部に裏切り者がいる予想を抱かせるのだが、果たしてどんなギミックを仕掛けてくるのか楽しみである。 Gソサエティ側の特殊能力者も2人ペアが三組。GTO側のESメンバーも2人ペアで三組。 共に均衡した戦いになるのであろうが、Gソサエティ側が戦力外にしているアスクール&ク・フィーユ、ディアらの予想外の行動が勝敗を決する活躍をしてくれることを期待する。 (参考までに) キディ・ガーランド公式ホームページ http://www.kiddygrade.com/ キディ・グレイドファンページ http://saineria.at.webry.info/200607/article_4.html キディ・グレイド解説部屋 http://www5b.biglobe.ne.jp/~saineria/kiddygrade.htm キディ・ガーランドファンページ http://saineria.at.webry.info/200909/article_14.html 「キディ・ガーランド」GTO喫茶室「タッチ&ゴー!」第2回解説 http://saineria.at.webry.info/200911/article_13.html
キディ・ガーランド ぴゅあ (1) (角川コミックス・エース 247-1)
角川書店(角川グループパブリッシング)
緋賀 ゆかり

ユーザレビュー:
お笑い+お色気+勧善 ...
これはおもしろい^ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.2 月と太陽
ランティス
2009-12-09
ク・フィーユ(合田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る