テーマ:ガンダム00

アニメ 評価<機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン>

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人様の企画で評価に協力させていただきます。 評価方法は企画サイトのアニメ評価方法に基づいております。 <評価項目テンプレ> ストーリー:3 【脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等】 ファーストシーズンの続編で期待はあったも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #25「再生」 不死身の男改め……

MS同士のガチンコ勝負、演出面は最終回に相応しい盛り上がりでした。 そして……コーラサワーのハッピーエンド!!  コードギアR2スでのオレンジエンドと同じく、最後回で彼はやってくれました♪ 怒涛のMS戦 リボンズキャノンは変形型でしたね。やはりガンダムに乗るのがリボンズらしい。 アレルヤ&ハレルヤvsヒリング ハレル…
トラックバック:53
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #24「BEYOND」

GN粒子が人類を導く……「逆襲のシャア」で光に包まれたラストを思い出します。 脳量子波による語り合いで、互いの気持ちを知り合い、それぞれの対決が解決されていきましたね。 これまで好評の(?)裸祭りを全員させるのはさすがに回避したようです。 悲しみのヒロインであったルイスがようやく沙慈と分かり合えたことで、EDに見るハッピーエン…
トラックバック:41
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #23「命の華」

リジェネの反乱もリボンズ抹殺後の段取りを疎かにしていた為、容赦なく捨て駒にされる。 王留美やソレスタルビーイングを動かしてリボンズに対抗しようとしていましたが、ただ強欲なだけでイノベイターという人種も人類とかわらぬことを晒してしまった。 イノベイター対ソレスタルビーイングの決着で、物語はフィナーレを迎えるようである。 コロニー…
トラックバック:46
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #22「未来のために」

ソレスタルビーイングとカタロンの大勝利! これで対イノベイターとの戦いで終止符となる道筋ができました。 って、リボンズの後ろにいるイノベイターの数がすごい! 量産という生易しいものではない程の増殖ぶりで、どこかの施設で生み出されているのでしょうが、リボンズの意思で自由に操れる程度の駒にしかすぎないのであれば ガンダムマイスター達と…
トラックバック:67
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #21「革新の扉」

刹那の主人公ぶりが遂にイノベイターへ……イオリヤが求めた人類の変革に刹那が辿り着こうとしている。 の話でまたまた新装備が配備されそうです。アロウズの新兵器の開発もそうですが、豊富な資金と技術力、人材と時間が揃ってるなら分かるのですけどね。地球連邦のような世界的規模の組織でなら可能でしょうけど、ソレスタルビーイングの小規模組織で次々と開…
トラックバック:55
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #20「アニュー・リターン」

アニューとライルの恋物語。颯爽と登場し、ファーストシーズンのヒロイン達を上回る存在感となったアニュー。 イノベイターと人間とが分かり合える事を証明した彼女でしたが、それを由としないリボンズによって戦うことを余儀なくされたのでした。 イノベイター達を支配しているリボンズ。彼は全ての頂点であることに固執しすぎてますね。 ルイスをイ…
トラックバック:58
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #19「イノベイターの影」

今話は沙慈とルイスの回でした。 マリナ危機一髪でしたが、銃声響かせて映像を隠すのは生きているフラグ立ちなのでしょうか。 アニューに撃たれたラッセも生きている可能性が高いですね。 00の前に立ちはだかるアンドレイ、ソーマに狙われるアンドレイ、誰に殺されるかハラハラでしたが、無事生き残ってしまいましたね。ソーマの事もルイスの事も誤…
トラックバック:57
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #18「交錯する想い」

17話から4ヵ月後、主だったキャラクター達の人間関係に注目です。 初代地球連邦大統領は今話題の黒人大統領でしたね(笑)。 マネキンが失踪!? セルゲイの死の真相とアロウズについて独自調査でしょうか? コードギアスR2でのコーネリアのごとく復活して欲しいものです。一切語られてませんが、コーラサワーもマネキンと一緒に失踪したので…
トラックバック:56
コメント:0

続きを読むread more

#17「散りゆく光の中で」 小熊ッ! あんたって奴はーッッ!!(激怒)

スミルノフ大佐~!! あなたは生きて欲しかった。連合軍からアロウズを変えていって欲しかった……。 コードギアスなら生きている可能性大です! SEEDのバルドフェルド隊長やムウのようになってもいいから生きていて欲しい。そう願わざるをえません。父親になれず軍人でいるしかなかったスミルノフ……。アンドレイに誤解を招いたまま今日に至った事が…
トラックバック:51
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #16「悲劇への序章」

若かりし頃のセルゲイ……アンドレイにそっくりなのは親子だから当然か(笑)。隣にいた女性とセルゲイは結婚したのですね。 撤退したカティの部隊がそのまま待機!? 対ソレスタルビーイングの攻撃を中断させた意味があったのであろうか? ハーキュリーの狙いは、アロウズ統制による世界への改革行動を市民にもたらす事。彼に賛同した同士達であるが、…
トラックバック:53
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #15「反抗の凱歌」

こみっく★トレジャー13のイベント後ですので簡単に。 再びマリナ姫の歌が聴けるとは(笑)。戦場に聴こえ渡った歌はたしかに不気味でしょうね。刹那にとってはトラウマになりそうな……。その後に聴くOPがとても名曲に聴こえるのもマリナ効果でしょうか? 「恋の手解きなら、この俺様に任せな!」(コーラサワー) コーラサワー、やっと出番(登…
トラックバック:38
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #14「歌が聴こえる」

新オープニング! 曲がガンダムにあっているかどうかは別として歌詞にあわせて映像を作ったイメージでした。 まずは麗しきヒロイン達のシーンですが、マリナがトップに登場ということは今後の展開でマリナがヒロインのトップに踊り出るのか!? フェルトはサービスしすぎ! スメラギや王留美を差置いてソレスタルビーイングの華となりました。ルイスは相変わ…
トラックバック:51
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00特番~たまたま見忘れた人に捧ぐ~

2009年最初の批評・感想番組となりました。本年もよろしくお願いします。 かつての「コードギアス」特番と違いダイジェストシーンを盛り込んだ内容であった。 ガンダムSEEDでは回想話で話数を消化していましたが、特番でファーストシーズンからセカンドシーズンの回想をまとめる試みは良いことだと思います。ガンダムを熱く語る出演者達に共感で…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #13「メメントモリ攻略戦」

コミケ帰りの為簡易感想で。 ケルディムガンダムにビット防衛の機能があるとは驚きでした。 ネーナの造反!? 王留美の思惑とは別にソレスタルビーイングに肩入れするネーナ。やはりに兄兄ズの仇であるサーシェス所属のイノベイターを叩くのが狙いでしょうか。 リントの最後に同情の余地はなく、そこまでの器でしたね。 メメントモリ攻略はカ…
トラックバック:40
コメント:1

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #12「宇宙で待ってる」

0と0のダブルの0リングが交差する中でのルイスと沙慈が邂逅。それぞれ違った立場の者同士が共感したわけだが、ダブル00の機体の名前がそのまま演出に結びついている。 今回は刹那の主人公補正に尽きます。しかもガンダムF91の性能まで発揮! 数分間での撃墜数はガンダムSEEDのキラに劣りますが、イノベイターを圧倒し、新型MSをニ機撃墜する…
トラックバック:40
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #11「ダブルオーの声」

セルゲイが無事でなりより♪ ソーマとハレルヤはひとまずお休みに。 気になるのが王留美とネーナの関係。王留美に助けてもらってから行動を共にしているネーナであるがニイニイズの復讐心からいつかは裏切りそうな予感。 変革を求める王留美であるが、自分が特別な存在であるかのようにソレスタルビーイングとイノベイターを利用としておりいつかは刹…
トラックバック:31
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #10「天の光」

カレッジ時代のビリーとスメラギ。この頃からビリーはスメラギに惚れていたのですね。 スメラギの初々しい乙女姿は貴重です。 スメラギが一目置くカティの戦術予報。これまでの戦いではカティを上回っているだけに現時点ではスメラギの方が実力は上?  今話のコーラサワーはカティに叱られてばかり。彼に悩めるカティを元気付ける男らしさがあれば……
トラックバック:37
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #09「拭えぬ過去」

サーシェス強襲! 両足に仕込まれたビームサーベルの機体はガンダムSEEDのジャスティスガンダムを思い出します。一機で刹那とティエリアと互角の戦闘をするサーシェスのパイロットとしての技量は流石ですね。ミスターブシドーのような名パイロットらと編隊を組めばガンダムチームらを圧倒できる筈ですが、タイマン勝負に拘るのが彼らの性なのですね。 …
トラックバック:41
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #08「無垢なる歪み」

ついにあの男が復帰! 「不死身のコーラサワー」……七度も戦って敗北しながらも生き残ってきた伝説は伊達ではありませんね。 第2期でも彼の機体がいくら破壊されようとも、生き残ることだけは確信しました! 今話は彼の登場祝いに尽きるでしょうね(笑)。   鍵となる登場人物が多数登場。バラバラだったキャラの立ち位置が概ね繋がってきました。…
トラックバック:57
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #07「再会と離別と」

撃てなかった沙慈と撃つ覚悟をしているルイス。沙慈は沙慈のままでいて欲しいですね。 刹那との勝負に勝ったミスター・ブシドー。機体の整備不良が勝敗を分けた原因ですが、あくまで勝負に拘るのがミスター・ブシドーですね。軍の作戦において全く協力なしの彼の生き様が素敵です。 そして今回はマリーとアレルヤの恋物語。 記憶が戻ったマリー。ソー…
トラックバック:67
コメント:2

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #06「傷痕」

軍に所属していたスメラギの過去。作戦の失敗で失ったのは彼女の恋人!? アザディスタンに向かった刹那とマリナがそのまま無事に戻ったのはなぜ? サーシェスと意思が通じていた刹那であったが、戦闘はせずに退避した模様。 留美と紅龍が兄妹という新事実! 二人の恋人フラグが消えましたのは朗報!? 今話でもソーマとセルゲイの絆は本…
トラックバック:52
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #05「故国燃ゆ」

サーシェス遂に登場! 彼の残虐さに一層磨きがかかっています。 マリナ姫のお役目が子供の相手とは……重要な会議には同席させず争いごとには関与させない配慮があったでしょうが、シーリンはマリナの扱いに長けてますね(笑)。 刹那はマリナに母の面影を見てましたね。恋心というより母性愛を求める関係になりそうです。 刹那とマリナの関係をソレ…
トラックバック:62
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #04「戦う理由」

アレルヤとマリー(ソーマ)との出会い……なるほど、アレルヤという名前はマリーが付けた名前だったのですね。神様への感謝の言葉という意味が“アレルヤ”でしたか。彼が生きる希望を見出したのはマリーの言葉。ソーマがマリーの記憶を取り戻した時、彼女は自身の存在について苦悩することでしょうね。セルゲイと出会って人間的な感情を培ってきた今の彼女の人格…
トラックバック:45
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #03「アレルヤ奪還作戦」

拘束されるマリナであるが、一国の皇女である彼女が国際手続きなしに捕らえられるとは、アザディスタンの国政はどうなってしまうのでしょうね。 刹那がリーダーシップをとるようになって、一回りも二回りも成長したようです。 ティエリアが作戦にないマリナの救出を刹那に持ち掛けるのも第1期と比べて随分お節介焼きに変わりました。 カティvs…
トラックバック:42
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #02「ツインドライヴ」

水面下で動く各陣営。キャラクター達の立ち位置が固まりつつある。 本話はツインドライヴを搭載したガンダム00のお披露目といった所。無敵モードでMSを駆逐するのはお約束ですね。 リボンズの焦りが印象的でしたが、リジェネには計画外の出来事を喜んでいるかのよう。 主な主役達は出始めているのにコーラサワーの姿が見えませんが彼は今何処に? …
トラックバック:52
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 セカンドシーズン #01「天使再臨」

前作から四年後……それぞれのキャラクター達がどう成長しているのかが見所でした。 シーリン……「コードギアス」の神聖ブリタニア帝国への出向では活躍できませんでしたが(笑)、反政府軍に所属してレジスタンス活動? マリナの元を離れた彼女の真意と目的はこれから明らかにされるでしょう。 ソーマ・ピーリス……かつては戦う為の兵器であった…
トラックバック:48
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 #25「殺那」

【批評・感想】 失っていく命…予想はしていましたが、世界の闇はリボンズに受け継がれましたね。 4年後(A.D.2316)の世界、エンディングと共に流れるエピソードの急展開ぶりは伏線だらけでまいりました。第24話にて、手紙を出す相手にマリナの存在を忘れている殺那を指摘しましたが、しっかりメッセージを送っていましたね。SEEDのラクス的…
トラックバック:64
コメント:2

続きを読むread more

ガンダム00 #24「終わりなき詩」~世界を変えて~

存在することがソレスタルビーイングの意義…国連軍に勝利したとしても世界を変える未来が未だ明確にされておらず、軍事面でダメージを与えても、宗教、経済面での紛争は絶えることはない。世界…そして人々がソレスタルビーイングを支持していない以上、彼らの未来にあるのは戦い続けることしか見出せないのである。 さて、監視者自らが変革を実行せしめん…
トラックバック:41
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00 #23「世界を止めて」~ロックオンが望んだ世界~

本話はロックオン・ストラトスに尽きます。彼のガンダムマイスターとしての生き様をしっかりと焼き付けておきましょう。 ネーナが殺那と共に行かなかったのは予想が外れました。兄の死を乗り越えることができるのか…。沙慈といい不幸ルートに陥る人物が増えています。 擬似GNドライブ搭載型MSとの戦闘であるが、互角の戦いを続けていただけにあっけ…
トラックバック:50
コメント:0

続きを読むread more