ビビッドレッド・オペレーション第十二話評価~最高の友達~

タイトル「ビビッドレッド・オペレーション」 ビビッドレッド・オペレーション
作画:7(詰め込みすぎた感がある) ストーリー:6(終わり良ければ…) 熱え:10(ドッキングは友情の証) 萌え:8(れいとの友情でなんとかまとまった)
暴走カラスとの最終決戦では、地球が静止する日のごとく、示現エンジンのエネルギーが無くなることは、世界の滅亡につながる大惨事である筈なのだが、あまり危機感は伝わってこなかった。世界規模であるものの、ストーリーの視界はあかねの周りだけだからだ。 勝算0%のボス戦……であったのだが、終始優勢で勝利!(笑) 友情パワーは宇宙創成に匹敵する無限のパワーであった。 あかねとれいとのドッキングで作品タイトルに結びつける演出は良かったが、パイロットスーツを装着していないれいがなぜドッキングできたのか? 心が通じ合う者同士が起こした奇跡で片付けられそうだ(笑)。地球の存亡をかけた戦いであったが、終盤は勢いで終結させた印象を受ける。 事後処理の最中に、健次郎が元の姿に戻っているのだが、細かい事は気にしない作風なのだろう(笑)。 あかねとれいとの世界をれいのお守りの鍵が繋いで、お互いの未来へ進んでいくことは、未来志向のメッセージを感じる。友情の絆は世界が違っていても繋がったままであり、人と人とが想い合う気持ちは永久不滅のエネルギーであるからだ。 ラストで最終形態への変身に、必殺技のパンチは、他作品でも見られた設定なだけに斬新さはないのだが、キャラの可愛さでカバーしている。友情物語であるのだが、人間関係を深めるドラマが物足りず、尺足らずであったよに思える。サイドストーリー的な日常回をドラマCDで補うなどしても良かったと思う。シリーズ序盤でのヒロインごとのED起用は良い締めであった。総合的にはストパン超えはできなかったかな…。 にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
ビビッドレッド・オペレーション 5(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2013-07-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビビッドレッド・オペレーション 5(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション クッション
ブロッコリー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビビッドレッド・オペレーション クッション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション第十一話評価~真の友情~

タイトル「つたえたい想い」 ビビッドレッド・オペレーション
作画:8(カラスにもっていかれた!) ストーリー:7(各話が繋がった!!) 熱え:9(友達になりたいんだ) 萌え:6(れいが遂にデレる!)
空白のピースがうまり、よやくストーリーが繋がった印象を受ける。 ただし、問題解決は先送りされており、ラスボスとの対決まで一気にもっていこうとした焦りも感じられる。 れいを救出する為に、施設へ突入していくあかね達は勇ましかったが、いきなり3人が残ってあかねだけ先に行かすのは、時間短縮に他ならない。一人ずつ残りながら、れいへの想いを胸に戦い、あかねをれいの元に送り届ける熱い展開を期待したのだが……最後の障壁もドッキングして突入すれば、難なく破壊できたであろうに(笑)。 れいと友達になりたいという想いは伝わった。しかし、れいが叶えたい望みが叶うことは絶望的であり、この世界で生きることを余儀なくされそうである。絶対的な存在である『始まりと終わりに存在するもの』が、抽象しすぎており、地球でコンタクトをとったのが一色健次郎だけというのも、かなり強引な設定である。 『示現エンジン』の力が現段階での文明レベルを超えたものと認識したようだが、この示現エンジンが別の平行世界にも存在しているということは、その世界の示現エンジンは、一色健次郎とは別の人間が開発したものになるのではないだろうか。『始まりと終わりに存在するもの』の代弁者であるカラスは、その新エネルギーが扱 えるのは、自分達の文明だけであるかのようであった。地球を滅ぼすことが目的のラスボスになったわけだが、代弁者を倒してめでたし…とはいかないのである。 れいとの友情物語で終わるだけでなく、人類の未来に対するメッセージもきちんと示すラストにして欲しいものである。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ビビッドレッド・オペレーション 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2013-04-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビビッドレッド・オペレーション 2(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション第十話評価~偽りの友情!?~

タイトル「光と影と」 ビビッドレッド・オペレーション
作画:8(マヨネーズが!) ストーリー:8(れいちゃんがデレてまたツンに) 熱え:6(れいの孤独な戦い) 萌え:8(湯気と光で規制されまくりのれい)
タイトルの「光」は、カラスの光規制の事か!? と、突っ込みたくなるれいへの仕打ち(笑)。 あかねとれいのお尻に拘ったアングルが今話も目白おしです。 れい目線によるストーリー。これまでの日常回から一気にストーリーが動いている。 れいの覚悟とあかねとの友情を描き、そして互いの正体ばらしへと繋がる怒涛の展開。 前前話であおいを主役にさせ、前話がわかば&ひまわり回、そして今話がれい&あかね回と、各ヒロインを主役にしたストーリー展開であるわけだが、全員を上手く絡めたストーリー構成がギャグ回となった6話以降、終盤になってまだできていなかった。一人貧現関係で距離をとっているれいの扱いを今話で引き寄せたのだが、互いが敵同士であることの発覚で次話への興味付けが上手くなされた〆であった。 謎のカラスが傍観者のままで、れいが捕縛される事態になっても行動にはでていない。 れいが使い捨てにされることになるにしても、示現エンジンを破壊するという目的達成までは生かしておかねばならない存在の筈。れいから計画がバレれば、カラスを使いに出した“始まりと終わりに存在するもの”の野望は頓挫するだけに、どう動くのかが気になるところである。 タイトルの「光と影」は、あかねとの関係でれいの心情を表している。 互いが抱えた秘密が、一気の関係が崩れたわけだが、れいの目的を知ることで、あかねはれいの為になるよう尽力をつくすだろう。二人が真の親友になることと、れいがいた世界への救済をどう解決するのか? 二期ありきの結末にならないことを祈る。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ビビッドレッド・オペレーション 5(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2013-07-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビビッドレッド・オペレーション 5(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション第九話評価~ベストパートナー ~

タイトル「晴れときどきふわふわ」
作画:9(ひまわり押し!) ストーリー:4(わかば&ひまわり回) 熱え:6(わかば&ひまわりでアローンに勝利して欲しかった) 萌え:4(安定の尻アングルとサービス担当となったれい)
わかば&ひまわりの友情物語であったのだが、キャラクター達同士の絡みとシナリオ構成があっさりしており、感動しりまでには至らなかった。 わかばのひまわりモデルデビューとひまわりの工場見学をしたいという強い思いがすれ違いながらも、お互いを大事にしていることが分かり、信頼度をあげていく流れではあったのだが、まさに捨て石扱いのアローンを登場さ無理やりバトルにもっていき、見せ場を作ろうとしたことで、日常パートが中途半端になってしまった。 ひまわりがわかばから貰ったヘアピンを失くしたことに気づき探しにいくシーンでは、既に視聴者はわかばが拾っているシーンをさきに見せられているので、緊迫感が伝わらなかった。わかばが、ひまわりにあげたヘアピンが落ちているのを拾った時の心理描写が全くなく、何を思って自分のポケットにしまい込んだのかが分かり辛い。 ひまわりにとって、わかばから貰ったヘアピンがどれだけ大切であったのかが分かるだけに、わかばからひまわりに対する思いが、わかばの思いを無視した自己満足がいきすぎたのと、その反省、そして最後のオチと、ひまわりとこれから先もプライベートで過ごすことが嬉しいのか嫌なのか深いところまで描かれなかったように思う。 ~ぼっちのれい~ れいの登場が蛇足的でポジション的に孤立したままであった。 成すべき事への強い思いは分かるのだが、ひまわりとの絡みも伏線にはなりそうになく、空回りしている印象を受ける。 ~使徒と比較されるアローン~ 大気圏外から示現エンジンを狙った降下強襲。 エヴァを彷彿する視聴者は多いはず!? 明らかにれいの弓矢射程範囲外である。黒カラスはれいに司令を促すだけで、サポート的なことは一切していないようだ。干渉できないルールがあるのかもしれない。 今話でわかば&ひまわりのカップルコンビが確定した。是非2人にドッキング機能をつけてあげてください! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
リスアニ! Vol.12 (M-ON! ANNEX 563号)
エムオン・エンタテインメント
2013-01-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リスアニ! Vol.12 (M-ON! ANNEX 563号) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション カラーパスケース 四宮ひまわり
キャラアニ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビビッドレッド・オペレーション カラーパスケース 四宮ひまわり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション第八話評価~四人での勝利!~

タイトル「今日よりも鮮やかに」 ビビッドレッド・オペレーション
作画:8(少女達の熱い姿に!) ストーリー:8(超シリアス回!) 熱え:10(一人一人が魅せたバトルシーン) 萌え:3(ストパンから受け継がれている飛行時アングル)
シリアス回きたー! この路線を当初から維持していれば……。あかねの脱落により、3人とあかねを結ぶ絆がさらに強まったわけだが、あかねがそれぞれにとってどうゆう存在なのか、打つ手なしの戦場に出る決意をするまでの過程があっさりしていたように感じる。これまでの各話の積み重ねがあれば、より感情移入もできるのだが、わかばとひまわりとは簡単にドッキングしたせいもあって、あかねとの付き合いが長いあおいが主役になるのは必然であった。 わかば「独りぼっちは寂しいよ」 ……この台詞で、とある魔法少女の「独りぼっちは、寂しいもんな……」を思い出した方がきっといるはず! さらりと一色家の家庭の事情が説明されたが、過去の事故の規模やその後の影響等が説明不足であるせいで分かり辛い。健次郎一人が責を負う事故であったのか? 事故前と事故後の一色家の家族の生活がどう変わったのか、父と母と過ごしていた時間も描いて欲しいところである。 アローンとのバトルでは、ひまわりの作戦で決着をつけさせずに、二転三転させた展開でハラハラさせられた。 本話で張られた伏線をラストに活かしており、あかねのパレットスーツを上手く利用させた演出が良かった。 あかねが欠けたことで、危機感が高まり作風が引き締まっており、ギャグ路線抜きでのストーリーに仕上がったといってもよい。その反動で、シリアス担当であるれいの見せ場がなくなってしまったわけだが…。 SGE爆弾によりアローンを殲滅したわけだが、東京上空での使用による影響は……余波による建築物崩壊の危険や地盤への影響で道路や地下鉄は使用不可!? スカイツリー崩壊による電波の影響諸々…東京に人が住めなくなることは避けられない? にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村  
キャラアニ ビビッドレッド・オペレーション デスクマット あかね&あおい B(海辺)【3月予約】
でじたみん 楽天市場店
発売予定日2013年3月予定メーカーキャラアニ登場作品ビビッドレッド・オペレーション商品詳細TVアニ

楽天市場 by キャラアニ ビビッドレッド・オペレーション デスクマット あかね&あおい B(海辺)【3月予約】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション第7話評価~見てしまったれい~

タイトル「ゆずれない願い」 ビビッドレッド・オペレーション
作画:7(生活観溢れる一色家) ストーリー:5(れいの仲間入りはまだ先か!?) 熱え:5(決着は次話へ!) 萌え:6(れいのお仕置きタイム…ドSの鳥さん)
タイトルからアニメ「魔法騎士レイアース」のオープニングを連想(笑)。 れいの想いをうたったタイトルであった。れいが任務遂行とあかね達との触れ合いの狭間で戸惑っている。 友情ごっこをしながら、あかねの魅力を感じてはいるものの、家族を取り戻すという事の大きさに比べれば、まだ仲間になるという展開にはなりそうになかった。 れいの行動の制約に、学校に行くことが課せられていたのだが、他人との接触を基本的に禁じる制約に矛盾するにもかかわらず、そうさせている事に裏がありそうだ。 対アローン戦では、久々に国防軍が登場! 足止めにもならないかったが…(苦笑)。 そのアローンに対し、ひまわりに「あんまり強くない気がする」と言われては、国防軍の面子がない(泣)。 れいの介入により、奇襲攻撃を受け止めたあかねが戦線離脱!? …という2話構成のシナリオであったが、ドッキングオペレーションがあかねを中心としてパワーアップするシステムならば、強化したアローンに苦戦は必至! れいがこの後どう動くのかも気になるところである。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ビビッドレッド・オペレーション第6話評価~友情特訓の代償は…~

タイトル「健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけどとんでもないことになる話」 ビビッドレッド・オペレーション
作画:6(水着でテコ入れ!?) ストーリー:4(タイトル通り!) 熱え:5(想定外であったれいのツンデレパワー) 萌え:7(れいの半ケツに注目!!)
健次郎VSあかね達! タイトル通り、とんでもないことになるけれど、オチは健次郎が企画費用を請求されてとんでもないことになる話となって締めており、ギャグ回となった1話であった。 今話でメカデザイン・メカ作画監督を担当した有澤寛氏は、鉄人28号やガンダムで原画やメカニック作画監督を務めている。それっぽい描写もそれゆえの演出であろう(笑)。 “押すな”は“押せ” “ポチッとな” 小ネタまじりでキャラの性格を反映した行動をとらせている(笑)。 れいが部屋から脱出した経緯が省略されているが、ナイフ・フォーク・スプーンを使って脱出したのだろう。戦闘のプロフェッショナルならではの活躍であった。 あかね&あおい、わかば&ひまわりペアで危機を乗り越えたわけだが、れいの手助けがあったことが後の伏線となる行動でもある。今はまだ仲間とは言えない間柄であるが、れいは目の前で命の危険にさらされている人がいたら助けに行っている。守ろうとする思いは同じなのである。れいの優しさが表れた1話でもあった。 EDがようやく5人の歌に! 現時点でれいが混じって歌うのが想像できないが、これが完成形となるEDなのだろうか…毎話ごとに違ったEDを用意するという試みにも期待しています。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2013-03-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション ピローケース
ブロッコリー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビビッドレッド・オペレーション ピローケース の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション 第5話評価~もう誰にも頼らない~

タイトル「もう一つの鍵」 ビビッドレッド・オペレーション
作画:8(れいちゃんのあんな姿やこんな姿が) ストーリー:6(ほむらポジションきたー!) 熱え:5(れい独壇場! 強化できないアローンはただの……) 萌え:9(アングル萌えから湯気シャワーシーンまでれいちゃん尽くし)
ターニングポイントとなる本話。謎の少女れいの素性が断片的に描かれ、彼女の目的が何なのかが判明した。 “始まりと終わりに存在するもの”…カラスを使ってキュゥべえのように悪魔の契約をれいにさせましたが、その存在にとって示現エンジンは邪魔なエネルギーであった。暴走したのは安全上の不備ではなくその存在が破壊しようとして暴走させてしまった…とも考えられる。過去の世界にれいを送り込み、示現エンジンを破壊することで未来を変えようとしているが、真の目的についてはれいには告げづにいる可能性が高い。 この世界の人間に干渉しないことがルールのようだが、示現エンジンを破壊するという本来の歴史にないことをするのはOKという矛盾…。 示現エンジンの存在自体を消滅させるのであれば、示現エンジンの開発者である一色健次郎の若かりし時代に刺客を送り込み、『ターミネーター』のごとく抹殺すれば良いのであって、技術が確定した今となっては示現エンジンを破壊しても、新たに作り直す事が可能なはずである。 “示現エンジンの暴走で消滅した世界”で生き残ったれい 「もう、誰にも頼らない。誰にわかってもらう必要もない」 孤独のミッションを遂行中のれい。れいが両親への想いを信念にしていることが分かる。そのことを歌ったれいEDがCパート的な扱いとなって余韻を残す演出を生んでいる。 秘密厳守がルールの筈ですから、れいは誰かに頼ろうとは考えていない。両親を助けたいという強い願いがれいを動かしている。けれども、あかねと出会ったことで少し心が揺れました。他人の幸せや命を犠牲にして叶えた願いで本当に幸せになれるのか? れいの心境の変化が見所tなりそうですね。 プリキュアシリーズのように各話ごとに新ヒロインを焦点にしたストーリーで構成されているが、その違いは尺の長さの違いなのか、キャラクターを絡ませる展開が唐突で人間ドラマを見せるよりキャラ本人の紹介ストーリーになっているようだ。前話で大活躍のひまわりや前々回で大活躍のわかばが空気扱いという仕打ちも致し方ない…。 ~家族のぬくもり~ 重傷を負い退院できないでいるあかねの母がようやく登場! 元気な姿であかねとももを包み込み愛情溢れるシーンで〆ている。家族のぬくもりを失ったれいとを対照的に見せているのだ。 れいが欲しいとしている家族の姿でもある。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2013-03-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション 第4話評価~人を信じる心が鍵となる~

タイトル「約束」 ビビッドレッド・オペレーション
作画:8(アローンがエヴァの使徒ぽくみえる) ストーリー:6(ひまわりちゃん@がんばる) 熱え:6(赤、青、緑の見せ場がなくなるのはお約束) 萌え:6(ひまわりのナイスボディが目白押しだが、特訓後にお尻をさするあおいの仕草もなかなか)
健次郎「ドッキングしよったじゃとっ! あの娘、この僅かな時間でビビッドシステムを理解したと言うのか!?」 ……前話のわかばもすぐにドッキングしたんですけど? と、いう突っ込みはなしで(苦笑) 1話ごとに仲間ができるのは『スマイルプリキュア』でもお馴染みの定番展開。新ヒロインである四宮ひまわりが登場したわけだが、 色あかね 葉あおい 枝わかば 宮ひまわり と、くれば5人目の仲間になる名前はがつく人物になるはずである(笑)。 引きこもりだけども機械系の知識と技術がずば抜けているひまわりちゃん。あかねとあおいが転入する前に、クレス委員長であったわかばは、ひまわりと知り合いかと思ったのですが、浅い関係のようで登校するように説得したりはしていなさそう。誰とも友達にならず他人との接触を絶っているひまわりでしたが、興味を示したのは…動いて喋るカワウソのぬいぐるみだった。そこからあかねがどんどん接近していくわけですが(笑)。 あかねは、ひまわりの趣味や関心事を一般と違った人として見るのではなくて、共に共感を示して距離を縮めていきました。 ~ひまわりの必要性~ アローンの接近を許した国防軍の防衛システムが機能しなさずぎ。無人システムではあるものの、示現エンジンのエネルギープラントの異常時に誰一人として対策ができる者が駆けつけてこないのも問題がありそうですね。 ひまわりが応急処置の役目を担う存在となったわけですが、彼女が守りたかったのは島の住民ではなくて示現エンジンの施設そのもの。まだこの時には“鍵”は出現しませんでした。 ひまわりの気持ちが変わったのは、あかねが約束を守ってくれたことがきっかけでした。 あかねを信じてアローンと戦うことを決意したからこそ、パレットスーツの鍵を受け取る資格を得たのだと思います。裏切られることを恐れて信用しなかった他人ですが、あかねはそうではなかった。信じる心をもてたから、あかねとのドッキングも成功したのですね。 わかばの天元理心流特訓が全く活かされず、ひまわりの独壇場となったのだが、あかね、あおいらの成長やキャラを彫り下げたエピソードがないと人間ドラマでの感動が生じない。共に戦う仲間として絆を深め合う過程を描いて欲しい。 ED曲にあかね&ひまわりのキャラクターソングを起用したのは良い演出ですね。2人の親密度が伝わってくる締め方でした。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2013-03-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション 第3話評価~直球勝負!~

タイトル「本当の強さ」 ビビッドレッド・オペレーション
作画:8(熱血少女わかば登場!) ストーリー:6(ライバルから友達へ) 熱え:6(変身からドッキングまで順応性早すぎっ!) 萌え:8(ももにドッキリのわかばは百合属性あり!?)
「スマイルプリキュア」のキュアマーチこと緑川なおを彷彿する新ヒロイン三枝わかば。正々堂々で曲がったことを嫌う剣道少女。面倒見がよくかわいい物が好き、カラーは緑色と設定が似ている(笑)。 あかねがわかばに勝利したのは、パレットスーツの能力のおかげかと思いきや…剣道勝負で互角に渡り合う程の運動能力の高さを披露。新聞配達で鍛えられた…何かがあるのかな(笑)。 あかねとの勝負で本当の強さが何なのかを理解したわかばが仲間入り。 もっともかわうそことお祖父ちゃんは、わかばを戦士候補として検討していたようだが……。あかねとももの入浴中の会話を盗み聞きしているとは…覗き見しようとしているようにも見えて淫獣度が増した印象を与えたような。 Bパートのアローン出現からの展開が早すぎて、わかばが変身してからドッキングまで一気にさせてしまったのは勿体無い。あおいとドッキングするまでの経緯があるだけに、出会って2日だけであかねとわかばの友情や絆の深さが感じられないまま即ドッキングしてしまったのは盛り上がりに欠ける感がある。 わかばが変身して戦う決意をするまでの葛藤と本当の強さへの答えを出すまでの描写をもっと描いて、変身前までで次話に繋ぎ、バトルシーンにも時間をかけた方が見応えがあったかもしれない。 転校先のクラスメイトには謎の黒髪少女と引き篭もり(?)もおり、主役が揃うことになるようだが、学園ドラマとバトルパートを共に楽しめる脚本になることを期待する。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ENERGY(期間生産限定アニメ盤)
SMR
2013-02-13
earthmind

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ENERGY(期間生産限定アニメ盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション 第2話評価~変身、大変身!~

タイトル「かさなり合う瞬間(とき)」 ビビッドレッド・オペレーション
作画:9(メカもキャラも申し分なし!) ストーリー:7(戦う女の子のバトルメイン回) 熱え:10(百合パワーが世界を救う!) 萌え:9(変身シーンで下着姿になるのはお約束!)
オープニングでヒロイン達が登場! 赤、青、緑、黄のパワードスーツに変身するようです。気になる1話冒頭で登場したヒロインは明らかにツン(デレ?)キャラのようですね(笑)。彼女はアローン側? ワケあり美少女が物語の鍵になる予感……。 自己修復能力があったり弱点部分があったりとネウロイを彷彿させますが、目的をもった破壊兵器のようです。 パワーアップして変形しましたが、謎の黒髪少女が関係しており、しっかりと伏線を作っておりました。 本話は、あかねとあおいが心をかさね合わせてドッキングするお話。 嘘をついてまでも仲良しになりたかったあおいと、嘘を克服しようと頑張っている事を分かっていたあかね。 あかねはまっすぐであおいの気持ちを理解しておりました。 ドッキングする為に必要なのは…“キスッ!” 何というシステムを考えたのかこのはお祖父ちゃんは(笑)。 男同士の設定なら決してやらないでしょうね(苦笑)。 そして……さらに変身したー!! パワーアップして必殺技へと繋ぎアローンを倒していく流れで熱血度がさらに上昇! バトルシーンの力の入れようにも注目です。ビビッドシステム恐るべし。 前話はプロローグ的なストーリーでしたが、本話でバトル面での盛り上がりをしっかりと見せてくれました。 伏線と謎が散りばめられており、次話から新キャラ登場であらたな仲間入りのフラグ立ちとますます盛り上がりそうです。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [DVD]
アニプレックス
2013-03-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビビッドレッド・オペレーション 第1話評価~マスコットはお祖父ちゃん!?~

ビビッドレッド・オペレーション タイトル「ファーストオペレーション」
作画:9(マスコットが愛らしいがその正体は…) ストーリー:7(ますは説明と自己紹介話) 熱え:6(まずは現代兵器戦で小手調べ) 萌え:9(お尻まわりの描き方がエロちっく)
導入話としては申し分なく、主人公一色 あかねのキャラクター性が存分に発揮されている。 主人公が家族が発明した新兵器で未知の侵略者と戦う展開は、ストライクウィッチーズを彷彿するが、“魔法”のかわりに“ビビットシステム”で新エネルギーを力として戦うことになるよだ。 まずは平和な日常を描き、人間関係と日々の生活で生活感のある風景から、非日常へと変わり危機を迎えるオーソドックスな展開ではあるが、ヒロインをサポートするマスコットキャラに愛らしいカワウソのぬいぐるみを起用するところはファンタジー色が強い。ただし、その中身がお祖父ちゃんであるという設定は斬新で面白い。 ビビットシステムとは一体!? アローンとは何者? 避けられないアローンとのバトルをどう描くのか? 期待度大の作品です! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村