テーマ:ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫 総集編 少年たちの残照 感想

四国妖怪編の総集編。 特に犬神がクローズアップされており、忠犬ぶりの活躍が評価されている。 TVシリーズで尺をとらずとも総集編のようなスピーディー展開でよかったかもしれませんね。 牛鬼編の総集編は雪女の回想録であったが、ナレーション語では感慨深さはさほど感じず。 リクオや奴良組については語られず、カナ視点・ゆら視点・玉章視点…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第24話感想

牛鬼の台詞が渋い。リクオに直接言わないところが牛鬼らしいです。 牛鬼はリクオが昼と夜のどちらも受け入れ、妖怪としての道を進むことを望んでいる。 人も妖怪も受け入れて守るのがリクオなのである。 リクオvs玉章の戦闘シーンは作画のクオリティが高めでしたが、派手な技がなく斬りつけるだけの戦いなのが残念。結局四国妖怪で生き残った者達が…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第23話感想

                          ~畏れは憧れ~ 奴良組が四国妖怪を圧倒! 序盤の苦戦ぷりはどこやら(笑)。青田坊のリミッター解除は、少年漫画らしかったですね。岸涯小僧や手洗い鬼の退場があっけなく、気絶したのか、消滅したのか描写があいまいなのはすっきりしませんね。 玉章が狙っていたのは魔王の小槌を完成させること。そ…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第22話感想

我が身にまといし眷族氷結せよ 客人を冷たくもてなせ 闇に白く輝け 凍てつく風に畏れおののけ 呪いの吹雪・風声鶴麗!! 雪女格好いいー!  青田坊vs手洗い鬼の怪力勝負 毛倡妓vs鉤針女の髪技勝負 河童vs岸涯小僧の水属性対決 これまでの対決が顔合わせで終わったていたこともあり、今話で真剣勝負の決着がつくのでしょうが、見せ…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第21話感想

妖怪大戦争! ここにきてカナが玉章に狙われる!? これまで合宿と称して守ってきたリクオの努力は何だったのか? 親友達に護衛も付けずにいたリクオの無用心でもあるのだが、カナを救ったのはゆら。結局のところ、尺稼ぎで不要なイベントにも思えるのだが……カナを人質にとってリクオに迫れば有利になるものを、玉章が人間を理解しないまま物別れでは、出…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第20話感想

五分五分から七分三分へ 魔王の小槌と四国八十八鬼……玉章が優位に立っていられるのは奴良組の地盤を弱体化させ、戦力を見極めて万全の対策ができているからです。防戦一方の奴良組はどう出るのか……。 髪を結い上げている氷麗が可愛過ぎる!! お風呂上りっぽいですが、雪女は熱湯のお湯には入れない? 水浴び後だった? 猩影を“君”呼びして…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第19話感想

いつも妖怪とすれ違いの清継君(涙)。 犬神の過去を織り交ぜ戦闘メインのストーリーではあったものの、妖怪リクオになるまでの引っぱりで中だるみした印象を受ける。黒田坊・青田坊・首無・雪女らが苦戦した犬神を妖怪リクオが一人で難なく勝利してしまうとは……技を出す相手でもなかったことになる。リクオが奥義を使った旧鼠の方が断然強かったというこ…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第18話感想

犬神の嫉妬による怒りが頂点に!  妖怪でありながら人間からも慕われているリクオが許せない犬神が抱く恨みの原因は何なのか? 牛鬼のように彼の過去を描けば心情理解もし易いであろうが、裏を返せばリクオのように人から好かれたいとも思っている節が見受けられる。リクオのように人と妖怪とのハーフなのかどうかは不明だが、人間を嫌うあまり、人が畏れる…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第17話感想

<やっと本気になった奴良組> 夏実の過去と忘れていた土地神への信仰心。“千羽鶴”をキーアイテムとして祈る想いを強調しており、サブヒロインの夏実の純粋な心と彼女の為に奮闘した仲間達との心温まるエピソードであった。シリーズの中では一番上手くまとまった1話ではないだろうか。 人々から忘れ去られようとした千羽様を守ったのは夏実であっ…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第16話感想

四国妖怪の野望を阻止する前に、まずは女の戦いが勃発!  <雪女vs毛倡妓> 毛倡妓の女の魅力を雪女は若さで対抗!! 雪女なので火花が散ることはありませんが(笑)、ジェラシーでハートは燃えております。 ゆらが見たリクオのスクープ現場! 雪女とリクオの密談を逢引現場と勘違い。この勘違いトークは『みつどもえ』に通じるものがあります…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第15話感想

vs四国妖怪鉤針女 ゆら奮闘! も怪我が完治しておらず式神が使えなかった為に敗戦。 毛倡妓と鉤針女との女のプライドをかけた戦い。 共に“髪”を武器としており、ほぼ互角の戦いであった。 妖怪バージョンのリクオは鉤針女を圧倒。勝負は尽いたのだが……。 四国妖怪との全面対決に突入しているのだが、鉤針女を逃がすのはリク…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第14話感想

【奴良組vs四国妖怪】  注目の一戦……河童vs崖涯小僧 牛頭丸&馬頭丸と崖涯小僧との戦いは、劣勢になるや牛頭丸&馬頭丸は撤退したということであろうか? あくまで力押しで情報を聞き出させようとしておりましたが、尾行してアジトを突き止めるという考えはなかったようですね。 一対一での戦いでは河童の方が上手でした。水がないと雑魚同然とい…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第13話感想

新OPー!! 曲と作風とが合っているかどうかは別として、前OPと同じく曲を強制終了したような曲切れはわざと? 雪女がリクオにアプローチをかけようとするも……邪魔が入ってという流れは面白い。 ゆらが片腕を怪我! カナは恋する乙女モード(相手は妖怪バージョンのリクオでしようけど)。 そして四国妖怪との対決シーンを描いたアニメー…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 総集編 牛鬼様謀反、顛末 感想

雪女こと氷麗の語りでまとめられた回顧録。牛鬼に“様”付であることからも、立場上牛鬼より下に位置する者であることが分かる。 今話の見所は……アイキャッチが変更! 氷麗視点の為、カナとゆらは排除! 氷麗の活躍をさりげなくアピールしております(笑)。 しかしながら、四国妖怪編にはいった折に牛鬼編の総集編とは? 制作進行上、時間…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第12話 感想

ムチとの戦いはプロローグにすぎなかった。 更なる強敵が集結したわけだが、他国との境界線というか、領土を行き来するのは自由なんだろうか?  四国妖怪の動向について全く把握してない様子であり、奇襲による頭領暗殺計画を実行されるなど、奴良組が平和ボケしていているように見られるのも頷ける。 ゆらvsムチ ゆらの実力はまだ域に達してな…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第11話 感想

新章は四国妖怪編といったところか。 牛鬼編よりバトルシーンは期待できそうです。 奴良組と全面対決を挑む四国妖怪。これは妖怪戦国時代の幕開け? これまで妖怪同士の縄張り争いが表立って起きてなかった様子であるが、一体何が起きているのか。 ゆらの本領発揮で陰陽師としての力量が見所でした。リクオの祖父との奇妙な親密関係も微笑ましい…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第10話 感想

夜にリクオと2人っきりの雪女……いい雰囲気なのですが、妖怪の血が騒ぐ雪女でしたw 夜なのにリクオは妖怪バージョンではないのですね。 学校ではリクオの応援隊員している雪女こと氷麗。カナとリクオの関係が気になる辺り、第5話とは逆パターンでした。 妖怪と縁のあるカナ。どうして雲外鏡を手にすることになったのかは不明。妖怪に好かれやすい体…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第9話 感想

牛鬼の謀反は、リクオに妖怪として、奴良組三代目総大将としての覚悟を決めさせる為であった。 先代ぬらりひょんが牛鬼を口説いた文句が格好良いですね。 リクオが言うと可愛く聞こえますがw 共に、家族の絆を結んだものなのですけどね。 奴良組の家族として牛鬼の命を救うことはリクオにしかできないことなのである。 大切な者を守るには…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第8話 感想

牛鬼の過去話。 牛鬼になるまでの生い立ちが明かされたわけだが……。 先代ぬらりひょん格好良いー! そして先代雪女も美女でしたw 今の雪女は彼女の娘なのでしょうね。成長した姿にうっとりです。鴉天狗もキマっておりました。 長身だと見違えるように強いのは仕様ですかねw リクオの祖父が今の姿になったのは妖力が衰えたから? 鴉天狗も…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第7話 感想

第1話冒頭のに繋がるストーリー。ジャンプ漫画の伝統でしょうか、引きが長いw 牛鬼の側近である牛阿頭丸と馬頭丸……強そうなキャラでしたね。見せ場少なく退場です。 リクオを抹殺しようとするのなら、手を抜くべきではなかった。牛鬼四天王とか、牛鬼将軍とか、他に使える配下は……いないようですね。リクオがあっさりと牛鬼のもとに着いてしまった…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第6話 感想

コミケ遠征からの帰還につき簡易版です。 式神とレシートを分けるゆらの姿に、初めて可愛らしさを感じましたw 割引の有効期限を気にするなど、生活感のある一面わ披露してくれました。 やっぱり温泉に入れなかった雪女……サービスカットはなしのヒロインですが今回もリクオを突き落とすドジっ娘ぶり。 牛鬼の叛乱? 雪女とゆらにはしっ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第5話 感想

カナ ゆら 雪女 のヒロインの中では雪女が一歩リードといった感じ。 今話も冒頭からドジっ娘全開。リクオが風邪で休んでいることに気づくかないままとは……学生ライフを満喫しておりますね。 カナの嫉妬心に火をつけた雪女。いつのまにか島君にも好かれている雪女は罪なヒロインです(笑)。 熱を出したリクオを冷やすなら雪女の十八番……と思い…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第4話 感想

今話も雪女のドジっ娘ぶりに冷やされる(笑)。 正統派ヒロイン カナは妖怪戦争には向かないキャラですね。 リクオが覚醒してからが、妖怪退治の本骨頂。そこに至る迄のストーリーにかかっております。 人質となったカナとゆらを置いておめおめと帰るのはあまりにも情けないのですが、人間として生きるリクオでは二人を助けられない。自分が犠牲…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第3話 感想

新キャラの花開院ゆら 転校生ともなると休み時間には机の周りを取り囲まれたりするものだが、寡黙な性格なのかクラスメイトと馴染めていない様子。しかしながら妖怪について博識な一面を披露したことから、清十字怪奇探偵団の仲間入りを果たし、リクオと関わり合うことなるのだった。 陰陽師の一族であったゆら。キャラ萌えする要素はまだないが、正義感が…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第2話 感想

悪行を重ねるぬらりひょん……無銭飲食を得意としており、これらの悪行をリクオにもさせようとしている。 人間界から恐れられ、畏怖される存在の妖怪がしていることにしてはスケールが小さいような……。弱小妖怪達を束ねているのが奴良組のようですので、それ相応の悪戯を日課としているのですね。 どじっ娘の雪女がポイント高し!(笑) 実に微笑まし…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

ぬらりひょんの孫 第1話 感想

なんて素敵な豪華キャスト! 福山潤さんと平野綾さん堀江由衣さんだけでも凄いのに少年週刊誌作品に出演する声優陣は人気声優が多々出演されてますね。 原作は週間少年ジャンプ連載作品ですが未読です。次週から立ち読みでチェックしておこう(笑)。 妖怪内での跡取り問題は、最終話でも解決することがない雰囲気ですが、妖怪退治や妖怪大戦争といっ…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more