うたわれるものらじお解説集【第九回】

『うたわれるものらじお Vol.2』が2007年3月21日に発売決定となりました。
今回の特別版のゲストは小山剛志さんと桐井大介さんです。通称「生まれたての39歳」と「帽子野郎」の登場です。楽しみですね。

【放送日】2006年9月1日
【パーソナリティ】小山力也(ハクオロ役) 柚木涼香(エルルゥ役)
【ゲスト】なし
【オープニング】力也「COSPAの新作コスチュームを着てCOSPAでカツラをオーダーメード」
涼香「力也さん、それはもしや!?」
力也「さらに決め手はこの仮面!! IMAGICAのホームページからダウンロードすれば」
涼香「きゃあ~ハクオロさ~ん!」
ムント「ななっ、なんですか? 姫様っ」
涼香「え!? ム、ムント?」
ムント「ホ―ムページはonsen.ag」

力也「え~秋元先輩、本当に申し訳ございません。やれと言われてやりました。やれと言われてやったんですよ、本当に、あのいつもお世話になっております。ハクオロ役の小山力也です」
涼香「え~こんにちは。今日はちょっと違ったでだしでびっくりですっ。エルルゥ役の柚木涼香です」
力也「この番組は『うたわれるものらじお』です」

元ネタはコーナーの合間に流れるCOSPAのCMを力也さんと涼香さんが真似たものである。
9月に入り夏を振り返る二人。

涼香「この夏は、力ちゃんに萌え~な、それに尽きるっていう感じで、ほんとそうでしたよ」
力也「僕もほんとにもう、『うたわれ』のお陰でね色々仲間が広がって、ほんとに嬉しい夏でしたね。忙しくてね休みがほんとなかったんですけどね、スキューバの免許とかをね取りたいと思ってて」
涼香「いつかご一緒したいですね、私もちょろっとやるんです」
力也「僕、素もぐりはやるんですけど、スキューバはやったことないのでね、この秋以降に是非」
涼香「行きましょう是非。やったぁ~旅行決定!」
【ふつおたコーナー】
リスナーからのお便りでハクオロ仮面をつけた力也さんへの反響が続く。さらに力也落としを宣言していた涼香さんからの反撃として、猫言葉で萌え攻撃をする案が届いたのであった。
力也「ディレクターさんが笑ってますが…」
涼香「こういうのって…どうにゃん?
力也「(笑)…可愛いねぇ」
涼香「ほんとにゃん? ほんとにゃ? にゃ?
力也「今、色々なポーズをしてくれてますよ。全国の柚木さんファンの皆様ほんとに私一人が拝見して申し訳ございません」
涼香「好きって言ってにゃん。言ってにゃん、一度でいいから言ってにゃん
力也「そういうのをさぁ、あの動画でして配信したらすごくファンが」
涼香「すっごい私、すっごい馬鹿ですよ、もうメチャメチャ恥かしい格好してましたもん。これラジオでしか出来ないですよ。力ちゃんの前でしか出来ないですよっ。もうお嫁に行けないですっ
この後も、にゃん語口調で攻める涼香さんであった。また、エルルゥのキャラバージョンの『夢想歌』を聞きたいと希望するリスナーからの要望もでる。第6回放送で桐井さんがオボロの熱いキャラソンを要望していたこともあり、うたわれキャラみんなで歌う企画を涼香さんは立てていた。
涼香「それをさIMAGICAさんとかAQUAPLUSとかさ、私もね大分言ったんですよ。『うたわれるもの』ってキャラクターがみんなそれぞれ凄く面白くて個性的でね、いいのに、なんか人気もあるし、なのになんでキャラソンとか作らないんですかって、作ればいいのに」
力也「秋元さんも歌ってくれるかなぁ」
涼香「散々偉いプロデューサーさん達とか偉い人に言ったのになんかね、『うたわれ』はそういう『萌え』みたいなで売ってる訳じゃないから真面目な作品だからやらないって言われちゃて…」

企画倒れとなったキャラソンイベントだが、涼香さんはDVDBOX特典DVDのショートアニメ内
で、カットされることを覚悟で勝手に『夢想歌』を歌っていたことを発表。編集ではカットされずに
すんでいることを公表するのであった。

【トウカの旅行記】
愛媛県内で売られている『豚カツパフェ』と『豚カツケーキ』が紹介される。
マニュアルの注意書きに《ご飯が食べたくなりますがそれは錯覚です》と書いてある位美味しいものだという。写真付きでお便りが届きそれを見た二人はびっくり。揚げた豚カツが切らずにパフェに刺さっている代物であった。
【フリートークのコーナー】
携帯電話を換えた力也さん。実はこの携帯はとある声優さんとお揃いのものであった。
涼香「私が睨んだだけでこんなに汗をかいて笑っている力ちゃんには訳があるんですっ」
力也「携帯をね、古いのをずっと持ってたんですけど…」
涼香「素敵ですねその携帯」
力也「さる方にたまたま持ってらしたのでお聞きしたらね」
涼香「ふ~ん、へぇ~どなたが?」

咽せて喋れない力也さんに対し、容赦ない涼香さん。

涼香「さっき、このコーナーが始まる前にちょろっと聞いたんですけどぉ」
力也「聞いてません。でね、僕が何が言いたいのかというと、手が震えますが…どうやるんだっけな」
涼香「なんでもぉ~大原さんとお揃いとかだとかで?」
力也「いやいや、ちょうどこれもってらしたんですよ。それで僕もせっかくだからね、いろんな機能が付いてる方が楽しいからいいなと思って…」
涼香「ご趣味がご一緒なんですね」
 ウルトリィ役の大原さやかさんと同じ携帯をもっている力也さん。この時はさらりと流した涼香さんであるが、二人の携帯が後の回で話題になるとは…。
【エンディング】
力也「さて、今週のうたわれるものらじおいかがだったでしょうか?」
涼香「私、携帯ちょっとショックだったなぁ」
力也「言うとまたね、ああぁ駄目だ。僕がまた…ね、さやかさんファンからも狙われるからもう駄目ですよほんと。身の危険を感じますが、ね。別にあんなもんね、何十何百とある物ですから」
涼香「そうですよね、そうですよねっ。力ちゃんは一人、柚ちゃんも一人、私達は二人で一つ!
力也「ありがとうございます。何と申しますかね…」
涼香「楽しいこの番組♪」
力也「疲れるでしょ?」
涼香「私だけが楽しいかも。疲れさせてる私? 癒してあげたいのに疲れさせてる? どうしよ私」
【エルルゥのうたわれるもの もの知りコーナー】
スーパーなどで大量に買い物した時は、指とビニール袋の合間にハンカチを入れると、持ち運びが楽になりますよ。
【今週の名言】好きって言ってにゃん。
【総評】趣向を変えたオープニングのショートコントが素晴らしい。先輩の物真似をしたことについて、すぐに謝る力也さんのしたたかな人柄も素敵でした。やれと言われてやったのはディレクターからの指示であったのだろうか。リスナーからショートコントネタを募集していなことからネタを考えている制作スタッフの企画力も見逃せない。涼香さんより、『うたわれるもの』にキャラクターソングがない事情が明らかになるのだが、いわゆる萌え要素が『うたわれ』にはないことが原因とは…。戦記モノでシリアスな面を持ちつつ、戦乱の合間にコミカルな日常を描いているストーリーの中で、歌を歌うキャラクターがいないことは確かである。旅芸人的な存在がいても不思議ではないのであるが、ユズハが目が見えないかわりに美声で傷付いた人々を癒す役回りだったとすれば、イメージソングの企画も検討できそうなのだが、歌に関しては主題歌を担当されているSuaraさんをメインにしている傾向が見られる。
涼香さんより『萌え』が度々連語され、女性が使う言葉でも違和感がないことが証明された。また、今回放送中に多様した猫言葉の『にゃ作戦』であるが、アルルゥ役の沢城みゆきさんに間違えられることを懸念しており、沢城さんが担当した『デ・ジ・キャラット』のプチ子が“にゃ”、“にょ”の語尾を付けて人気がでていることから、彼女を真似ることに抵抗があったものと思われる。可愛いキャラを演じるのにもライバル視しており、ライバルになりそうな女性には厳しいのであった。《聖》

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック