サイネリア〜わたしのひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS うたわれるものらじお解説集【第37回】

<<   作成日時 : 2009/04/13 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【放送日】2007年3月19日
【パーソナリティ】小山力也(ハクオロ役) 柚木涼香(エルルゥ役)
【ゲスト】なし
【オープニング】ハクオロ「えぇ〜と、ああぁ…えと誰にしようかな(笑)。 え〜と、え〜と…エルルゥ…ね、エルルゥ〜! エルルゥ〜」
エルルゥ「どうしました、ハクオロさん?」
ハクオロ「何やら、私達の参加するイベントが進行中らしいのだが…」
エルルゥ「へ!? まさかッ? このらじおを皆様の前でやるんですか?」
ハクオロ「あぁ! そして…」
エルルゥ「そして!?」
ハクオロ「あの人が参加するらしいぞ…」
エルルゥ「あの人って?」
ハクオロ「はぁ…大丈夫なのかなぁ〜」
エルルゥ「アアァァ〜! あの人…ですよね?」

力也「実はですね。ある…企画が進行中だという事で、私はその為にですね、何を着て撮影をしなきゃいけないという事で何かを着てね。裸じゃいけませんからね」
涼香「赤ビキニで(笑)」
力也「またそうゆう事を言う! いえ…下はそうだけど。とか(笑)…皆様、品行方正公明正大ね。明るく楽しく激しい『うたわれるものらじお』でございます。…このラジオはね、人気アニメ『うたわれるもの』を一層楽しく観ていただく為の情報番組なんです」
涼香「一応ね、情報番組(笑)。…今さらね(笑)」 
力也「ふっふっふ(笑)」

【ふつおたコーナー】
涼香「普通のがいい?」 力也「何? 普通のと普通でないのがあるんですか? ふっはっはっは(笑)」
涼香「どっちがいい? 幸せな感じの方がいい?」 
力也「皆様、今日はですね。ここ2週位なかったんですが、今日は…」
涼香「フォークがね、あったんです〜♪ 見つかったの〜嬉しい〜♪」
力也「今日は二刀流でございまして、ふっはっはっは(笑)」
涼香「嬉しいでしょ? ドキドキする?」 
力也「ドキドキしますね」 
涼香「うわ〜い嬉しい♪」

明るく楽しい健全なラジオであることを強調する力也さん。普通のより激しい方を希望するのだが、その内容とは力也さんが《音泉》内で配信されている『檜山修之のあにめじ湯』の第33回放送時にゲスト出演した際のトーク内容についてであった。「もし、告白されるならどんな言葉がいいか?」という質問に「そんな事我が人生で滅多にない」と答えていたのと、『忌まわしき黄金ボックス』の話題で『大原さやか』さんを自然と『さぁや』と呼んでいたと言うのだが…

力也「うっわっはっはっは…今週はもう、あのね…そうゆう話題を実は避けようと思っていたんですよ、私は」
涼香「なんで避けんのさ! これ、私もオンエアー聴いたんだよね!!」

さらに『好きなタイプ』についての質問の真意に迫る涼香さん…

涼香「何て答えたか覚えてますか? 覚えてますか?」
力也「もう〜えと…いつもフォークを持参してる方って私言いました」
涼香「そう? いや、裏表のない人って言ったんですよ。その時確実に私の事を思い浮かべてくれましたよね?」
力也「(笑)じゃあ、僕もなんかひとつ…」 
涼香「ちょっと! 答えてよ!! 絶対これみんな知りたいったら!!!」
力也「ギスギスらじおはよくない…よくないが、あんまりね」 
涼香「ラブラブしたら恥ずかしい?」
力也「いやその…ギスギスはよろしくありませんが、あんまりね、あんまり距離が近づいてもよくない!」

他のゲストからも2人の関係が変わっていることや、特に涼香さんに対する姿勢が変わっている事を指摘されている力也さんであるが、今年は『ツンデレ』にしていくことを決意したのであった。

力也「ツンツンツンツンツンデレ…ツツツツ・ツ・ツンくらいでいきたいと思います」
涼香「もっと苛めて欲しいってこと?」 
力也「いや、違いますよ。私が逆に苛めます」
涼香「苛めたいの? 私を? やだ♪ いいけどさ(笑)」
力也「明るく楽しいラジオですからね…もうちょっと私は、突き放していこうかなと」
涼香「へぇ!? 突き放す? 私を?」 
力也「そうだ! よいな」
涼香「なんかそんな力ちゃんにもドキドキする。ふわっははは(笑)」

突き放しても離れない涼香さんであった。力也さんの『ツン』も涼香さんにとっては『デレ』にしかならないのである。お次に紹介されたのは、カナダに住んでいる韓国人のリスナー様から。さやかさん出演後の放送を聴いたそうで、ツンツン状態になった涼香さんに笑いが止まらなかったという。さらに吉報となるお便りが届いており、試験前に『うたらじ』を聴いたリスナー様が無事大学に合格したというお知らせであった。

涼香「でも私達の番組を聴いて、試験に集中することが…集中できるんですかこれ!?」
力也「集中できた! すごいな〜。ありがたいですね」
涼香「緊張がとれたということで…まぁ…少しでもお役に立てて嬉しいですね」
力也「品行方正公明正大、明るく楽しく激しい。そして役に立つラジオ(笑)。皆さん! 役に立ってますか?」

既に情報番組として自覚のないトークである。そして、多数のリスナー様から質問のお便りが届いたのが、第34回配信時にアップされた『柚木さんをおんぶする力也さん』の写真についてであった。

力也「あれはね、そんなつもりはないんです、別に」 
涼香「幻だった」

その時の経緯を説明する力也さん。壁に張り付いて、!マークのついた写真を撮ろうとした力也さんの背中に、涼香さんが乗っかかった時の写真であった。

涼香「だって、飛びついても抵抗しなかったんだもん」
力也「いや、抵抗しないというか。だって、危ないじゃないですか」
涼香「え? 逃げると思ったけど逃げなかったから…乗っかっちゃった」
力也「あれは別にね…ほんの一瞬のミスと申しますか。ああいう事が、常日頃ある訳ではございませんので」
涼香「あははは(笑)。常日頃はないですね。したいけど♪」
力也「いやいや。よいな、もう少し距離を置くのじゃ。よいな」
涼香「深みにはまるのが怖いんだそうです力ちゃんは♪」
力也「(笑)このコーナーでは、皆様からのメールを募集しております」
涼香「私達への疑問質問して欲しいポーズ等、何でもよいのでどんどん送ってきて下さいね〜」

【うたわれるものらじお名台詞投票発表】
応募総数3,000通以上! 今回は第10位から第6位迄の発表となる。
[第10位]
「テンション上げてこ!」(渡辺明乃)『第13回放送より』
力也「柚ねぇさんがほんとにね〜もう…ねえ?」 涼香「さぁやとオイタしたからでしょ?」
力也「オイタなんかしてませんが! エルンガー最高潮の折に…ほんとに明乃様申し訳ございません」

「私は涙を流し、力ちゃんは血を流しますよ!!」(柚木涼香)『第18回放送「ラジオ関西版」より』
力也「(笑)そんな事仰ったんですね?」 
涼香「これは、力ちゃんが言わせたんですよ私に。この台詞をね」
力也「はぁ!? そんな事なんで私が言わせるんですか?」 
涼香「まぁったく…もぅ、いけずぅ〜♪」

「日高さん、0.5ポイントだけでももらえますか?」(沢城みゆき)「第4回放送より」
力也「これは、みゆきちゃんのおねだりの台詞でございます」
涼香「おねだりのね。可愛い♪ 甘えっ子上手な」 
力也「誰も勝てない。沢城先生の素敵な台詞でございました」

「いりません! ゲストなんて! 私たちの中にゲストなんていりません!!」(柚木涼香)『第2回放送より』
力也「でも、やっぱりゲストが来てくれてね、沈滞ムードが解消された訳ですよ」
涼香「う〜ん、そうかな?」
力也「だってこの間も華也ちゃんが来てくれてね、華也ちゃんと楽しい会話ができたわけだ。お兄ちゃんが来てくれて…みんなそうやって横の繋がりが確認できたわけなんです。ゲストは必要ですよ!」
涼香「う〜ん、たまにね」
力也「まだ来てない方もいらっしゃいますからね、これから来ていただいてね、活を入れていただかないと」

「ハクオロさん、ハクオロさ〜ん!」(柚木涼香)「第1回放送から第26回放送より」
力也「この頃は、私が色んな名前を呼んでいるんですが、最初の頃は柚木さんのハクオロさんで始まりました」
涼香「耳に残るんでしょうね番組の冒頭部分なので」

[第9位]
「力ちゃんていってくれるのは、貴女だけですよ。あっ!」(小山力也)「第13回放送より」
涼香「これは力ちゃんの台詞ですよね。覚えてますよね? 覚えてますよね? お・ぼ・え・てますよね?」
力也「い、何時でしたかね? そんな事…」 
涼香「はぁ…男の人ってほんと其の場凌ぎの…忘れてんのね! これ言ったの!!」
力也「忘れて〜いいのよ〜♪ …はい、覚えてないです。何時頃ですかね?」
涼香「酷い…よく分かりました」 
力也「ギスギス…しました? またこれで?」
涼香「するでしょうね、当然(笑)」 
力也「まあね、ちょっと距離を置く為にはそれもよかろう!」

「華也ちゃん! おっぱい!!」(柚木涼香)「第11回放送より」
涼香「これはあれなんですよ。収録現場での話をしてたんですよ」
力也「あ、日高さんが見ようとした!? そんな事ないですね。そうですよ。カットですよ」
涼香「『うたわれ』のアフレコの現場ですね」
力也「あ〜すいません。日高さんの名誉の為に申しますが、日高さんとは何の関係もごさいません」
涼香「収録現場で華也ちゃんの胸元が見えそうだったので…」
力也「あ〜そんな話したした! 『あ〜剛志さんチャック開いてる!』みたいなもんですよね(笑)」
涼香「そうかな?」 
力也「剛志さんの名誉の為に言いますが、剛志さんはそんな事はしておりませんよ」

「これノーマルなんすか? 日高さん? これノーマルなんですか? ノーマルの状態なんですか?」(沢城みゆき)「第4回放送より」
涼香「私達そもそも他のラジオ番組を何も知らないで始めてしまったので、ちょっと違う空気がやっぱりあったのかもしれないですね」
力也「みゆきちゃんはね、とてもほんわかとした方でね。頭がいいんだけど、ほんわかと優しいムードで包んで仰って下さる方ですからね。きっとね、とても褒めてくれたんだ」

[第8位]
「ハ、ハクオロさん! ハクオロさん! はぁぁぁぁ〜!!」(柚木涼香)「第6回放送より」
涼香「これは力ちゃんが、ハクオロ仮面を付けた時だと思いますよ、そうですよね?」
力也「え!? てっきり『マカビンビン』を飲んで貴女が…」
涼香「あの時もすごくハァハァしましたけど…これはハクオロさんに萌えた訳ですよ」

「COSPAの新着コスチュームを着て、COSPAでカツラをオーダメイド!」(小山力也)「第9回放送より」
涼香「これは《音泉》さんの方の番組の途中でよく入ってたCMの真似を力ちゃんがやった…やつですね」

[第7位]
「浪川さんはいりませんっ!」(柚木涼香)「第2回放送より」
涼香「別に浪川さんがいらないって訳じゃなかったんですけど、誰も来て欲しくないっていう意味でですよ」

「キン!キン!キン!」(NGの剣戟音)「ほぼ毎回放送より(笑)」
涼香「何回使われたんでしょうね、過去に?」
力也「OPでも『キン!キン!キン!』が始まるんですが、あれは偶然入ってしまったらしくて、入れるんならとお思いになって『キン!キン!キン!』がついてきたという…キン付ラジオでございます」

「ふぇ?」(柚木涼香)「放送多数回より」
力也「言う言う! なんか面白いメールとかね。えっ! そんな事とか、ちょっとドキっとなさった時に」
涼香「ふぇ? それ、名台詞なんですかね(笑)」

「トリプルあっちゃん」(小山力也)「第23回放送より」
涼香「さぁ、『トリプルあっちゃん』は誰だか覚えてますか?」 
力也「はい、覚えてます。私ここに書きました。カルラとクーヤとドリグラ」
涼香「これさっき私が教えてあげたんじゃん。…力ちゃんはほんとに何でも其の場凌ぎなんだからもう〜!!」
力也「(笑)4人目のあっちゃんは…Suaraさん」 
涼香「5人目もいますよ(笑)」 
力也「5人目? …えぇ? …はい? …あ、秋元さん? 秋元さんも『あっちゃん』なの?」
涼香「一応『あ』が付く人みんな『あっちゃん』でしょ(笑)」

[第6位]
「うったわれる〜もの〜♪」(小山剛志)「第10回放送より」
涼香「これは剛志さんですね。…キャストの中ではお馴染みだったあの鼻歌をその時に初披露というか…今や大変な事にCDが発売しますよ。すごいですね」

「浪川。頑張ってるよ、俺」(小山剛志)「第10回放送とらじおVol.2特別版CDより」
力也「僕は浪川来ないかな。と言いましたが、それは入ってなくて」 
涼香「人気ですね、浪川さん」

「あっちゃんて言うなぁ〜!!」(柚木涼香)「第18回放送より」
涼香「だって、『あっちゃん、あっちゃん』いっぱい言うんだもん力ちゃんが!」
力也「(笑)でも、僕は、ほんとに尊敬してる方だし、女性では一番最初はお話しやすかった方だし、先輩だしね。何度も相手役をさしていただいて、ほんとに素晴らしい人だなと思って…」
涼香「…うん。でも『あっちゃん、あっちゃん』てすごく言うじゃないのさ。あと『さぁや』ね」
力也「(笑)よし、エルルゥ。次じゃ!」

「好きって言ってにゃん♪」(柚木涼香)「第9回放送より」
涼香「これは覚えてるんだ。やっぱちょっと良かった?」
力也「そうゆう事があったなって思って、ちょっと唖然とした事は覚えてるんです!」

「便利な言葉だよ家族って!」(柚木涼香)「第4回放送より」
涼香「そうそう力ちゃんがさ〜女として扱ってくれないからだよ!」
力也「女として扱うもなにも、共演者として尊敬…もできる共演者として、ね?」
涼香「だから家族家族って、愛情はあるけど…」
力也「家族より素晴らしいものはない! これによって見事なですね、お互いを尊重し合う、そして、繋がりも持ちながらね、整然とお互いが尊敬し合って並び立つ関係が生まれる訳です。…駄目?」
涼香「駄目じゃないけど…でもほらほんとの家族になりたいじゃない!」
力也「それは無理です! あくまでもドラマの中ですからね。『この番組はフィクションであり、実在の人物団体その他の方は一切関係ございません』というテロップが流れるようにですね」
涼香「だからまずは家族になる為にはさ、一歩を踏み出さないとさ」

【エンディング】
力也「さて、今週の『うたわれるものらじお』いかがだったでしょうか?」
涼香「いかがだったでしょうか? まぁ〜公開録音が決まったという事がとても…」
力也「ねぇ。頑張って下さいね!」
涼香「なんで! ヤダよ、力ちゃん喋ってよ!! 私喋らないから!! …大体みんなに喋るなって言われる気が」
力也「それは分かるけどね。正しく喋ってね」
涼香「剛志さんいるから」
力也「あの人はもう喋らせちゃ駄目! 口にテープ貼っとかないとね」

【エルルゥからのひと言コーナー】
来週は、名台詞投票後半ですよ。
【今週の名言】「深みにはまるのが怖いんだそうです力ちゃんは♪」(涼香)
【総評】インフォメーションにて『うたわれるものらじお・Radio ToHeart2合同イベント リスナーの皆さ〜ん!! 公開録音でメロメロであります!』の開催が発表される。これはとんでもないイベントになりそうである。【うたわれるものらじお名台詞投票発表】の第6位迄が発表されるが、涼香さんの台詞が圧倒的に多い(笑)。ストレートで番組規制に捕らわれない涼香さんの台詞には、裏表のない想いが込められており印象に残るのであった。ますます涼香さんのデレ度が増した内容であったが、力也さんのツン度に今後も注目である。《聖羅夢》
OVA うたわれるもの(初回限定版) [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2009-06-24
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


にほんブログ村 アニメ感想

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
うたわれるものらじお解説集【第37回】  サイネリア〜わたしのひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる