エルルゥの小部屋INうたわれるもの 第03回 解説コーナー

【放送日】2009年5月14日
【パーソナリティ】柚木涼香(エルルゥ役)
【ゲスト】浪川大輔(ベナウィ役)
【オープニング】エルルゥ「皆様こんにちは。エルルゥです。今回もエルルゥの小部屋に遊びに来て下さってありがとうございます。この小部屋では、私達が住むトゥスクルの情報をお伝えしていきますので、楽しみにしていて下さいね」
トントン
エルルゥ「あら、誰かいらしたみたいですね。ちょっと失礼しまーす」

涼香「皆様こんにちは、エルルゥを演じています柚木涼香です。今日遊びに来て下さったのは……この方です!」
浪川「ベナウィ役の浪川大輔です」
涼香「いらっしゃいませ」
浪川「どうも、こんにちは」
涼香「いい声で♪ ありがとうございます」
浪川「なにを言っているんですか、柚木さんの方が可愛いじゃないですか」
涼香「そんなっ、ベナウィさんこそ素敵ですよ」
浪川「待ってください、その喋り方なんですかずっとこの番組は?」

ベナウィ声で登場した浪川さんの声はシリアスモードで渋めであった。お互いに謙遜し合ってはいるものの、業とらしく聴こえるのは気のせいであろうか? その雰囲気も浪川さんには長続きできなかったようである。

涼香「浪川さんは、この番組始まってまだ3回目なんですが、あんまり大事にされなくなっちゃったんですか?」
浪川「そうなんです。それを言いに来たんですよ。前回ですね、聴いた時にメモってきたんですけど……」
涼香「なんでメモってんの!?」
浪川「なんすかこの“価値がなくなった” “大事にされなくなった”」
涼香「そんな事言いましたっけ?」
浪川「うん、完全に言ってましたね」
涼香「愛情の裏返しですよ」

事の真実は前回の解説コーナーの【エンディング】で確認していただくとして、浪川さん自身も大事にされなくなったことを実感していたのだった。浪川さんの存在が確認できる唯一の手段であった(?)『小山剛志のNo Pain,No Life』でも登場回数が少なくなっているものの、2009年4月1日に「エイプリルフール的存在」のタイトルで、ケロ○軍曹と戦う姿の写真が掲載! 明日が誕生日ということで、祝福の言葉が掲載されているのであった。
本番組の紹介ページに掲載する写真を「裸王バージョン」で撮る案にノリノリであった浪川さんであるが、残念ながら没となったようである。

【GWをどのように過ごしたか】
浪川「ずっと仕事はしてたんですけど、まぁまぁ、いつもよりは時間がありました」
涼香「で、なにを? 言えない事?」
浪川「えっと……言えなくはないですけど(笑)、体動かしてました」
涼香「えっ! やだ~!!」
浪川「あれ? ねぇ下ネタとか禁止じゃなかった?」
涼香「駄目ですよ、清い番組なんですから」
浪川「清い番組ですよね。もう夕方から体動かしまくりですよ。すんごい事なってましたよ」
涼香「そうですか(笑)、羨ましい限りです」
浪川「夜なんか外でやってましたね」
涼香「今度私もまぜて下さい(笑)。教えて下さい」
浪川「分かりました。でもベテランさんですよね柚木さんなんかね。得意な方じゃないすかそうゆうの?」
涼香「私しおしおなんで誰も相手にしてくれないんです」

剛志さんのように暴走はしないものの、事前に下ネタ禁止で番組の打ち合わせをしていたであろう柚ちゃんと浪川さんであるが、柚ちゃんの妄想が暴走してしまっている(笑)。
かみ合っている様で噛み合っていない2人であったが、浪川さんが体を動かしていたのはスポーツジムであり、夕方からはバーベキューで体を動かしていたのであった。
しおしおの為、誰からも遊びに誘ってもらえない柚ちゃんが、連れていって欲しい所は『ネズミがいる魔法の国』。夢と魔法の王国にあるお城にいって夢を見たいのであった。

浪川「それは起きている時の夢? それとも寝ちゃうって事ですか? じゃなくて起きている時に夢をみたいんですか?●(剣戟音)●」

記念すべき初剣戟音は浪川さんの台詞の後であった。一緒に夢と魔法の王国に行きたい王子様の名前までは明かさなかったものの、力ちゃんからのお誘いを期待したいところ。力ちゃんと親交の深い浪川さんからも名前が出なかったことから、力ちゃんネタも禁止事項なのであろうか?

【2人っきりの放送時の心境は?】
涼香「ま、別になんとも思ってないですね」
浪川「終わり!?」

リスナー様からの質問に対し数秒で完結させてしまう柚ちゃんであったが、そこはすぐに突っ込む浪川さん。自身の心境を語るのであるが……

浪川「実際柚木さんと会う時って2人っきりとかってないじゃないですか? 2人っきりで話すことなんてあんまり
涼香「“あんまり”って言っちゃ駄目でしょ(苦笑)。はい、ないです!
浪川「色んな意味で色んな罠が仕掛けられている感じがするんですけど、これ今」
涼香「お仕事でたま~に、たま~にお会いするぐらいで」

柚ちゃんの反応に何を言っても駄目な方に話が流れることを懸念する浪川さんに対し、スバリ浪川さんとは喋り難いと、バッサリ浪川さんを斬るのは柚ちゃんならではである。

【ベナウィと浪川さんの共通点】
涼香「さて、ベナウィと云えばトゥスクルの重要ポジションにいますが……」
浪川「本当ですか? 最近お下がりなんですが大丈夫ですかベナウィ?」
涼香「う~ん、それはエルルゥも同じです(笑)」

OVAでは出番少ない者同士であった。浪川さん自身ではベナウィとの共通点はないと断言するのであるが、柚ちゃんから見ると髪型や細目で見た目の雰囲気が似ており、優しそうで涼しげな眼差し、クールそうな所があっているとのこと。どのゲストに対してもそうであるが、柚ちゃんの評価はキャラクターと本人とがぴったりとイメージが合っており、キャラクターの良さと本人の良さを最大限褒め称えている。うたわれキャラの分析をしっかりとしている柚ちゃんであった。

【トゥスクル戦略会議】
このコーナーは、もしあなたが何かをすることになった時、『うたわれるもの』のキャラクターから誰を選ぶかを投票してもらうコーナーである。
『今回のお題』……うたわれるものキャラクター3人と旅行に行くならどこ?

浪川さんが選んだのは“大人の女性キャラ”。作中ハクオロのように女性ばかりで出掛けていくのに憧れていたのだった。留守番隊長でもあるベナウィとしては、女性に好かれるハクオロのようになりたい願望があったのであった。“大人”限定の為、アルルゥをあえて外す所が浪川さんらしい。行きたい旅行先は千葉と名古屋。千葉は有名所ではなく奥が深そうな土地に興味をもっており、名古屋は食べ物が好きだからとのこと。名古屋城について愛知県出身の柚ちゃんに質問するのであるが……

浪川「“しゃちほこ”って何でできてるんですか、あれ?」
涼香「えぇ!?」
浪川「“しゃちほこ”っていうのは、魚なんですか? 鯉?」
涼香「……シャチ?」
浪川「うそー! シャチじゃねぇだろー!!」
涼香「シャチがホコってる? シャチがホコってるかんじ(苦笑)」
浪川「シャチがホコったかんじ……ああ分かりました。それ観に行きたいです。シャチがホコってるかんじのお城とか行ってみたいです」

“しゃちほこ”のしゃちとは鯱(しゃち)のことで、姿は魚で頭は虎、尾ひれは常に空を向き、背中には幾重もの鋭いとげを持っているという想像上の動物であり、シャチに非ず。シャチをホコるが壺にはまった柚ちゃんであるが、名古屋県民のリスナー様から解説のメールが届くことであろう。
柚ちゃんは女性だけの旅行を希望するのであるが、色々抱えている不満を男性のいない所でお姉様方に聞いてもらいたいのであった。柚ちゃんより年上限定? と考えてはいけませんよ(苦笑)。しおしおなことを気にしている柚ちゃんであるから、年齢に関することにはナーバスにりがちである。

『次回のお題』……うたわれるものキャラクターで悩みを相談するなら誰?
これは信頼度の高いハクオロやウルトリィに票が集る予感……。

【インフォメーション】
このコーナーでは、OVA「うたわれるもの」をはじめ、色々な告知をするコーナーです。

涼香「今日は特別にゲストの浪川さんがいい~声で、お知らせして下さいます」
浪川「はい。あの~柚木さんこれ前読んだから、面どくせぇーっていうことですか?」
涼香「ううん。読んでって渡したら、そのまま受け取ったから(笑)」

PSP用ポータブル、OVAの発売の告知からOVAの特典ではDVD版とBlu-ray版の特典の違いを詳しくご紹介。甘露 樹描き下し全3巻収納ボックスは女性キャラだけを描いたヒロイン尽くしのイラストであるとのこと。また、5月5日開催のドリームパーティイベントのグッズも披露。Suara&上原れなさんのサイン入りブロマイドと特製ショッパーなど、自身で感激しながら紹介する浪川さんのトークは購入意欲を高める上手さがある。

【エンディング】
涼香「さて、私のお部屋、寛いでいただけましたでしょうか?」
浪川「あの~今も言ってたんですけど、“私のお部屋寛いでいただけましたでしょうか?”って、ヤラシイ!」
涼香「ふへぇ!?」
浪川「あんね、ドキドキするよ男として」
涼香「なんで? なんで?」
浪川「これはね、なんか力也さんの気持ちが分かった!」
涼香「はあっ! なにが!?」
浪川「これはね、ヤバイすよ男としては。ドキドキしちゃいます」
涼香「あー……あ、なんかあれですよね、どうせだったら布団を敷いて、マイクを(笑)」
浪川「ああ、ピロートーク風に」(※夫婦・愛人同士が寝室で交わす会話のこと)
涼香「ピロートーク風に録ると、なんかもうちょっとまったりできると思うんですけど」
浪川「それはすごいと思います。いいですね。いつか、公開録音でやって下さい」
涼香「なんで公開でやるの!? こう見えないからいいんじゃないですか? なんか……よくないです、ドキドキして?」
浪川「ドキドキしますよ! そんな、またなんで画期的なラジオにしようとするんすか?」
涼香「寛いでいただきたいんです。お布団を敷きますよ♪」
浪川「それ全然寛げねぇよ! 興奮しちまうよ!!」
涼香「よかったらどうぞ♪ 横になってください♪」

夫婦ラジオの究極版に進化させようとする柚ちゃんの発想に放送禁止音はかからなかったようである。柚ちゃんフェロモンにドキドキの浪川さんであった為、暴走するどころか逆に大人しく冷静にさせられているのであった。力也さんが品行公正ラジオに務めようとした理由は、柚ちゃんフェロモンを抑える為だったのではないだろうか?

浪川からのお知らせでは映画「ゲーム☆アクション」に出演されたとのこと。アニメの作品も数多くこなしており、ますます多忙に活動されている浪川さんであった。
柚ちゃんからのお知らせでは出身地である愛知県安城市の文化センタープラネタリウムの夏のプログラムで望遠鏡役のテラスちゃん役で出演するとのこと。声優の宮田幸季さんも出演されており、ファミリー向けの案内になるようだ。安城市文化センターのプラネタリウムと云えば、上映プログラム「迷!?探偵クリス」に声優の堀江由衣さんが出演しており、有名声優を起用した企画を立てている粋な施設である。

涼香「次回も、なんと浪川さんが遊びに来てくれますので、よろしくお願いします」
浪川「これ凄いですよね? 二本録りしないですね。これで帰されるんです。また二週間後に来いってことなんですね」
涼香「そうなんです。ちょっと贅沢なんですね。ちょっと素敵なんです」
浪川「呼んでくれるのはありがたいですね」
涼香「また来てくれますか?」
浪川「もちろんですよ。次は布団……」
涼香「あ! やってみます?」
浪川「ふっふふふふふ」
涼香「あ、でもハクオロさんに怒られちゃいますからね」
浪川「僕も調子にのりました」

【名言】「シャチがホコってる?」(涼香)
【総評】前回柚ちゃんの浪川さん不価値発言をしっかりとチェックしてきた浪川さんの切返しトークが冴え渡る。浪川さんは一つの話題からトークの幅を自然と広げているのに対し、柚ちゃんはやや強制終了気味ではあるが、ドキドキフェロモンに呑みこまれた浪川さんが理性を保って自重する遣り取りが楽しめる。うたわれ一家の剛志さんのみならず、話題に出ないオボロの事まで取り上げるのは浪川さんならではある。
前回の発言とは裏腹に浪川さんを卑下する発言はなく、ゲストに優しいラジオなのは変わらずであった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック