キディ・ガーランド解説の部屋#12 ~ぢゃっぢゃ~ん! は不滅です~

新年おめでとうございます。今年最初の感想はキディ・ガーランドからとなります。同人誌サークル「サイネリア」の活動も解説シリーズで作っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

タイトル:#12 時間の凍りついた空間

【主な登場人物】
アスクール
ク・フィーユ
ディア

アンオウ
エイオウ
トゥイードゥルディ
トゥイードゥルダム
イヴェール
ゾマ

エクレール
リュミーエール
エクリプス
シュウ

アームブラスト
メルクルディ(ファイルスプリッツ)

前回の引きに続き歴史の闇に消された事件の全貌が明らかに。
それは第1話のアバンで起きた事件であった。「ギティ・グレイド」の主人公達が関っており、Gクラス能力者のエクレールとリュミエールが今も尚、“時間の凍りついた空間”にいることが判明。
事件の記録をしていたのはアームブラストとメルクルディ。アームブラストは「キディ・グレイド」ではエクレールを騙しながら影でビジネスをする曲者でありましたが、結果的にそれは合法的には救えない弱者層を救済することになっておりましたね。
エクレールを庇って重傷を負ったアームブラストは記憶を失い、姿を変えゾマに。
アームブラストのパートナーであり、恋人でもあったメルクルディことファイルスプリッツも姿を変えイヴェールとなったのであった。これでイヴェールとゾマの関係が明らかになりましたね。
イヴェールが特殊能力を失ってなければ、使えるのは《インサイド》。一点でも共有する空間があれば、あらゆる場所への出入りが可能。アームブラストことゾマも能力を失ってなければ、自らと同程度の質量を黒箱内の空間に畳み込める《ブラックボックス》が使用可能。2人の能力を重合することで、空間的制約から解放される。どんなセキュリティでも突破でき、瞬時に移動することができるのである。

エクレールを母と呼ぶシュウは、「キディ・グレイド」ではシュバリエ・ドートリッシュであった人物。最終話で死亡するも、エクリプスの特殊能力によってエクレールの息子として再生されたのがシュウなのである。赤ん坊の姿で登場していたシュウであったが、キディ・ガーランドでの再登場は感慨深い。かつてのシュバリエ・ドートリッシュを彷彿する人物となっており、キャストの若本氏もシュバリエを意識した演出であった。

トリクシーとトロワジェインが、エンレール・リュミエールの仮の姿、もしくは遺伝子を受け継いで生まれた能力者と推測していたのだが、同じタイプの能力者で繋がりはないようである。エクレールとリュミエールを救える鍵となる人物であったのだが、その2人の能力を受け継いでいるアスクールとク・フィーユの生い立ちはさらに謎である。
そして、アスクールはガクエルが探していた人物であった。アスクールの出生も大きな伏線である。

ガクトエルが単身GTOに潜入!?
セキュリティのずさんさが露呈しまくりの機関であるから造作もないことなのでしょうが、アスクールが特別な存在なのは確か。ガクトエルの目的が銀河系の滅亡だとして、その後にあるものは一体なんなのか? キディ・グレイドではノーヴルズらはデュカリオンを建造したことで、外宇宙のどんなところでも生存可能となり、ワープゲートをはじめとするネットワークの支配が可能だったものの、ガクトエルの居城が同じ機能を備えているのかは不明である。

ESメンバーの使命の重さを痛感したアスクール。そして、アスクール達の外見と年齢が同じでないことを見抜いたシュウ。最終話までに彼女達が母を救い出すことを期待する。

【総評】
「キディ・ガーランド」とは別作品であるかの緊張感が続くシリアスストーリーであった。それはエクレールとリュミエールをメインとするストーリーであったからに他ならない。「キディ・グレイド」を継承した「キディ・ガーランド」であることがようやく実感できる。
エクレールのアクションシーンがアスクールらの比ではないところに能力者の格の違いがあり、どうにもアスクール視点に変わるとギャグ色の濃さが目立つ。それが「キディ・ガーランド」である。
エクレールと成長したシュウとの日常シーンであるが、「キディ・グレイド」最終話を観てから見直すと感慨深さが格段と違って見えるであろう。エクレールはいつまでもエクレールであった。

(参考までに)
キディ・グレイド解説部屋
http://www5b.biglobe.ne.jp/~saineria/kiddygrade.htm
キディ・グレイドファンページ
http://saineria.at.webry.info/200607/article_4.html


劇場版「キディ・グレイド」Blu-ray EDITION (初回限定生産品)
角川エンタテインメント
2009-12-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



キディ・ガーランド ED主題歌 Ver.1 太陽と月
ランティス
2009-12-09
アスクール(内田彩)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぐらたん
2010年01月04日 13:33
あけおめ!です。
今回もなかなかいい感じでよかったです!
あの第1話の場面が出てきたとき
「なるほど~」って思っちゃいました。
次回に期待ですね!!
聖羅夢
2010年01月05日 20:53
ぐらたん様
明けましておめでとうございます。
成長したシュウとエクレールの場面も感慨深かったです。ゾマの正体も「キディ・グレイド」繋がりで驚きでした。

この記事へのトラックバック