魔法少女リリカルなのはViVid第17話 ~頂点に立つのは誰だ!?~

画像

サイネリアの聖羅夢です。魔法少女リリカルなのは第4期は月刊コンプエースにて絶賛連載中!!
第17話の考察・批評・解説コーナーはじまります。

タイトル:Memory;17☆「参加申請!」

【登場人物】28名+モブ4名
高町ヴィヴィオ  アインハルト・ストラトス  コロナ・ティミル リオ・ウェズリー ノーヴェ・ナカジマ

高町なのは  フェイト・T・ハラオウン  スバル・ナカジマ  ティアナ・ランスター エリオ・モンディアル
キャロ・ル・ルシエ  

ルーテシア・アルピーノ  メガーヌ・アルピーノ  

八神はやて  リィンフォースⅡ  アギト  シグナム  ヴィータ  シャマル  ザフィーラ  ミウラ・リナルディ

カリム・グラシア シャッハ・ヌエラ セイン シャンテ・アピニオン 

ハリー・トライベッカ+舎弟3人

ヴィクトーリア・ダールグリュン+執事

ジークリンデ・エレミア

魔法少女リリカルなのはViVidシリーズ最多人数の登場となる。

【就寝シーンで判別する人間関係】
キングサイズのベッドに並んでお休みするヴィヴィオ・アインハルト・コロナ・リオらの四人の位置と寝姿に注目。
第12話「試合開始」での就寝シーンと同じく、ヴィヴィオの隣にいるのはアインハルトである。
互いに意識し合っており、傍にいてもリラックスして眠れる状態になる程、気を許しあえる存在であることが分かる。
そして寝間着も第12話と同じデザイン。リオは第12話では既に起床していた為、本話が初披露となる。
そのリオだが、コロナにしがみついてのお休みモード。これは普段、ぬいぐみなどを傍において抱きながら寝ている癖が出ているのであろう。抱きつかれてもお構いなしに寝ているコロナは細かいことを気にず大らかな性格が現れている。さらにリオの頭に手をやり撫でる仕草をしており、無意識ながらも面倒見の良い地が出ている。今のヴィヴィオとアインハルトではここまでの関係にはなれないであろう(苦笑)。コロナもリオも心地よい夢をみているものと思われる。
アインハルトが起きた後、コロナの方に寝返りを打ったヴィヴィオであるが、実際は目を覚ましていた。アインハルトがクラウスに語りかけているのを聴きながら、声をかけることができなかったヴィヴィオは、あえてアインハルトに背を向けていたのだ。クラウスとアインハルトの想いに自分が立ち入る余地がないと判断したのである。
第4話「覇王」にて、ノーヴェに強さを確かめる場所は表舞台ではないと断言していたアインハルトであるが、ヴィヴィオや仲間達と出会い、新たな生きる場所をみつけた事をクラウスに報告している。クラウスと同じ道でなく、公式魔法戦の表舞台で頂点に立ち、覇王流の強さを証明する生き方を選んだのである。

【アインハルトと八神家】
タヌキお面で登場したはやて。八神はやてのタヌキ化は、「魔法少女リリカルなのはStrikerS TEH COMICS」(作画:長谷川光司)が初出となる。JS事件解決後、機動六課解散後の進退についてゲンヤ・ナカジマに相談した際、“ちびダヌキ”と評されたシーンである。そのちびダヌキも今や立派にタヌキとなってアインハルトの前に現れたのだ(笑)。ママとして大人びた貫禄のあるなのはに対し、はやては関西人バリバリの明るい元気娘のまま。
デバイスなしで「武装形態」・「覇王流」の技を駆使してきたアインハルトであるが、デバイスによるサポートを受けたなら更なる強化が期待できる。はやて・リィン&アギトがノリノリで作るデバイス……果たしてどんなびっくり機能が備わっているのか期待せずにはいられない。クリスがウサギ型だとすると……はやてが作るのは……タヌキ型?(笑)。ここは何にするかじっくりと検討して頂きたいものである。

<インターミドル・チャンピオンシップ編>
全国から集まる強者達。本話でそのキャラクター達が軽い自己紹介を兼ねて登場している。 
【八神家代表】
ミウラ・リナルディ(12才)
ザフィーラを師匠とし、ヴィータ・シグナム・シャマルから技を伝授。守護騎士に鍛えられた逸材。
ボク呼称であるが、コンプエース11月号付録ポスターの入浴シーンにて女の子であることが発覚。ボク呼称は萌えの対象となることから、新たな領域にチャレンジしたキャラクターでもある(笑)。
ストライクアーツ八神家流ということで、格闘戦わ得意としている。スキル名「抜剣」の能力であるが、守護騎士らしく騎士道タイプの剣技に近いものであると思われる。シグナムのお墨付きであるならば、拳を剣にした抜刀術のようなものを連想させる。
ベスト対戦者は……格闘家同士の戦いでヴィヴィオorアインハルト

【聖王教会代表】
シャンテ・アピニオン(14)才
シャッハ・ヌエラの愛弟子。人格面に問題のある者(ヴェロッサ・セインら)の教育は彼女が担当しているようである。
教育方針が「武闘派」であることから、その教え通りに成長した模様。双剣術はシャッハのデバイスが双剣型であったことから直伝の剣技であることが分かる。スキル名「すんごい迅さ」もシャッハが得意としている瞬間跳躍、高速移動系の魔法が使用できるものと思われる。立場上、聖王・覇王のヴィヴィオ&アインハルトとの対戦は避けておきたいところである。
ベスト対戦者……性格面で似ている節がありそうなルーテシア。

【エルセア第9地区代表】
ハリー・トライベッカ(15才)
スケバン代表でもある彼女。我流魔導戦の戦いをすることから、師匠はおらず天性の才能で技を磨き続けてきたのであろう。性格は純情タイプ。スキル名「近接射砲撃」。正面から堂々と立ち向かっていく印象を受ける。
昨年負けた“ヘンなの”とは誰のことかは不明。
ベスト対戦者……覇王流旋衝破を使うアインハルトとは分が悪そう。リオとの格闘&魔法バトルかコロナのゴーレムとの対決を期待。 

【自称旧ベルカ最強】
ヴィクトーリア・ダールグリュン(17才)
現参加者内では年長者。古代ベルカに存在したという雷帝。当初、アインハルトが探していたのは、聖王と冥王であった。覇王にとって雷帝は眼中外だった? スキル名「神雷」から電撃系を極めているタイプである。髪の色は金色か? エレガントな戦いを好み、殴り合いをする格闘スタイルはとらなさそうに見えたが、彼女の部屋にあるのはアインハルトの部屋にあるようなトレーニング機器。筋力トレーニングを日々欠かさず行っているようである。何気に執事さんも強そう(笑)。英才教育も受けている様子だが友達は少ないものと思われる。
ベスト対戦者……ここは希望通りヴィヴィオと戦って友達になってもらいましょう。

【チャンピオン】
ジークリンデ・エレミア(16才)
ベールに包まれた存在であり、作品傾向からしてスポーティな女の子(笑)。彼女の素性には何らかのびっくりがあるに違いない。あらゆるバトルに精通しているのだろう。総合魔導戦技であるが、得意分野はスキル名「鉄腕」から格闘になるものと思われる。一見普通っぽいスキルだが、世界代表戦優勝という世界一の強さであり、アインハルトが目指すところでもある。終盤まで彼女と対戦する者は負けフラグ確定か!
ベスト対戦者……準決勝もしくは決勝まで戦って欲しくないが、アインハルトに悔いのない戦いをして欲しい。

【王道であるからこそ熱い!!】
新暦79年春にスタートした物語も今や5月の終わり。物語はゆるやかな日常からバトル全開の試合大会へ。
『ドラゴンボール』の天下一武道会、『魔法先生ネギま!』の格闘大会のごとく、『魔法少女リリカルなのはViVid』も少年漫画の王道へと進むことになる。これで長編ストーリーは確定か!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

コンプエース11月号 なのは&ストライクウィッチーズの豪華付録に酔いしれる
Excerpt: 本日はコンプエース11月号発売日。看板漫画である魔法少女リリカルなのはViVidが表紙です。 ヴィヴィオの舌だしスマイルは破壊力抜群。フェイトママの膨よかな胸の中で気持ちよさそうなヴィヴィオがうらや..
Weblog: サイネリア~わたしのひとりごと~
Tracked: 2010-10-02 18:24

魔法少女リリカルなのはViVid第7話考察
Excerpt: 【タイトル】Memory;07「ニュー・ステージ!」
Weblog: サイネリア~わたしのひとりごと~
Tracked: 2015-05-17 01:40