STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十四話感想……想いは永遠に

タイトル「ひが日死の巫女」

マツヤマ君って誰?(笑)
スガタは与えられた役を演じて生きてきたのだろう。役を与える側ではなく、筋書きの敷かれた人生…王としての宿命がスガタの与えられてきた役といったところか。

ワコの親友のルリは先輩とちゅっちゅっまでする仲に♪ ルリはワコの恋が成就することを願っているようだ。タクト・スガタ・ワコの三角関係が成立している今では、ワコが誰を選ぶにしても、互いの絆が強い分だけ傷つくことが分かっている。だからワコはどちらか一人にすることを選べないでいるようにも見える。

<ケイトとカナコ>
「綺羅星☆彡」合図で正体を明かさなかったのは意外。うすうす正体に気づいていたようですが(笑)、共に策士で裏表のある両者。カナコの牽制も難なくかわす堂々さ。カナコはケイトに付け入る隙がないことが分かったのである。

<屋上で空を見上げる3人>
それぞれの台詞から、ワコは今のままを望み、スガタは未来が変わらないものと信じている。そしてタクトは、今とは違った未来の可能性を信じている。

<ケイトの一途な想い>
ケイトが正体を知られた“アイツ”とはヘッドのことなのでしょうね。スガタの命を守りたかった。ケイトが綺羅星入りしたのはヘッドからスガタを守る為であり、封印を解くことで王としての定めを背負ったスガタの呪縛を解きたかったのだ。前話で、スガタがケイトの為に綺羅星入りした理由がそうだったと思慮しましたが、その逆でしたね。
ケイトに王の力を使わなかったスガタ…巫女の封印を守る為、ケイトを抹殺!? スガタが出した答えはケイトが生きること。ケイトが出した答えはスガタに永遠を誓うこと。ケイトの素顔がそこにあった。

<スガタの決断>
タイガとジャガーに殺されることを本当に望んだのか? ザメクのドライバーがいなくなることで、巫女が守られる結論に達したようだが、スガタは自分を想う人の気持ちと他人の痛みが分からないところがあるようで、自分の想いを封じ、自分への痛みはかまわない自己犠牲の道をとろうとしていた。

<カナコの真実>
島の住人を救うことを考えて綺羅星入りをしていたカナコ。彼女が守るべきものは目の前の人々だけではなかった! 人妻女子高生という妖艶なキャラ設定は表向きの顔にしかすぎず、欲情にとらわれた顔とは別の優しい顔をもつカナコ。彼女の奥深さと視野の広さに感服です!!

<永遠の想い人の為に>
ケイトは封印を解くことを決意した。ケイトの決意を見届けたスガタは自身の正体をワコとタクトに晒す。
それはザメクのドライバーとして決意したからではないだろうか。

<スガタの真意は…>
ケイトの想いを聞いたのは綺羅星入りした後であった。その前にスガタはなぜ綺羅星にはいっていたのか?
ケイトがひが日死の巫女でもあり、綺羅星十字団の一員でもあることが分かったあとの心理描写がなく、タクトと戦うことになってでも成し遂げたい事がみえてこないままであった。


タイトル通り、ケイト回でありました。巫女として、綺羅星十字団としてではなく、スガタを愛する一人の人間としての生き方を描いた第24話。ワコのヒロインとしての立場が腹ペコヒロインになってしまっており、タクトの奮闘で解決に導く最終回となりそうだ。それぞれの想いの果てにある未来は……期待せずにはいられない。





SHINING☆STAR(アニメ盤)
SME
2011-03-09
9nine

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SHINING☆STAR(アニメ盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック