あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。第4話考察

タイトル「白の、リボンのワンピース」

めんまは……めんまは、みんなが集まってくれて、みんながめんまの事を思い出してくれて、その方がずっとずっと嬉しいよ! めんまが死んじゃっても、みんなにはずっとずっと仲良しでいて欲しいから!!
これがめんまの願いごとなのでは? と、思いたいが、めんま自身が思い出せない願い事をここで思い出すにはまだ時期尚早である。

<めんまが伝えたいこと>
ゆきあつが聞いためんまの望みは、ゆきあつが創りだしためんまの声であり、ゆきあつの願望でもある。
“これ以上騒ぎたてないでくれ”の言葉から、自分だけのめんまでいることを願っているように思える。

じんたんは、ゆきあつの前に現れたというめんまの言葉よりも、今、自分の目の前にいるめんまの言葉を信じた。
その想いを代弁する為に、前話でめんまが作った蒸しパンを引き合いに出したのだ。それがどんなに理不尽で、信じられない証拠だとしても、じんたんはめんまの想いを伝えたかったのだ。


<今話のじんたんTシャツ>
ロゴの『光速』は何を意味するのか?
今話もひねってきましたね~。光速とは光が伝播する速さを意味している。本話でじんたんが伝えたのは、めんまの言葉であった。思い出のなかのめんまから再び絆が生まれて集う仲間達。じんたんはめんまの代弁者として、その中心にいる。これまで引きこもりで家族以外とは接することを避けてきたわけだが、めんまの声を伝えたくて、めんまの願いを叶えたくて動きだしたじんたんのことを意味しているのではないだろうか。


<策士つるこ>
~偽りの平和をバスターする~
つるこがじんたんにお願いした頼み事……ゆきあつが見ためんまの偽者疑惑と、ゆきあつに秘密基地に集合する連絡役を頼んだのではないだろうか?
ゆきあつの行動をつるこは以前から気づいていたようである。じんたんを嫌っていることも。だから、じんたんから自分のめんまを否定されると、じんたんを見返す為の行動にでると読んでいたのだろう。
そして、ワンピースのリボンでゆきあつであると判断したのは、これまで買い物に付き合って女性用の衣装を購入していたのを知っていたからである。

見事なまでの壊しっぷり。ゆきあつのプライドをズタズタにしても構わない覚悟であった。
偽りの平和とは、ゆきあつが過去に捉われて現実を逃避しながら、日常を平穏と過ごしているように見せ掛けていること。その日常をすべて崩してつるこは何を望んでいるのか? ゆきあつの想いをめんまから自分に向けさせる……とは思えない(苦笑)。自分を偽っているゆきあつを見たくないだけの自己満足だけかもしれないが、じんたんでさえ警戒させるオーラを発しているつるこである。彼女の本音はまだ先のことになるだろう。

<一言突っ込み>
めんまがじんたんを元気づけようと持ち出した「こけし」と「ぬいぐるみ」
「ぬいぐるみ」は、『うみねこのなく頃に』に登場したさくたろうでは(笑)

ゆきあつのランニングコースでじんたんが待っていたのは『秩父神社』。、埼玉県秩父市の中心部にある神社である。聖地認定となるのは時間の問題か(笑)。




secret base ~君がくれたもの~ 【通常盤】
Aniplex (music)
2011-04-27
本間芽衣子(茅野愛衣)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by secret base ~君がくれたもの~ 【通常盤】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック