ハピネスチャージプリキュア! 第37話感想

タイトル「やぶられたビッグバーン! まさかの強敵登場!」

『映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ』のシーンが流れるOP。今回は、人形の国に訪れる前の出来事を中心にまとめた内容で構成されていた。敵の正体はいまだ分からず、サイアークとの戦闘だけであったが、サイアークを操っているのが何者なのか? ラスボスの登場シーンまで是非とも見たいものである。

本編では、前話のめぐみとブルーの関係でやきもきしている誠司の心情がそのまま引き継がれている。
ひめ、ゆうこ、いおならは、めぐみの気持ちに気づいており、ブルーへの想いをめぐみ自身がどう認識していくのか見守っている様子であった。
誠司のブルーに対する接し方が遠慮がちなのは、恋敵に対する気持ちの表れですね。

幻影帝国側は敗戦続きの3幹部に代わってとっておきの戦力を投入。プリキュアハンターが敗れた以上、さらなる強敵といえば……同じプリキュアでした! オレスキーが恐れるプリキュアということでしたが……いおなの姉であるキュアテンダー!! 
プリキュアVSプリキュアの戦いが始まろうとしています。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック