艦隊これくしょん -艦これ- 第12話感想

【タイトル】「敵機直上、急降下!」
作  画  :4(吹雪の満面の笑顔で乙~)
ストーリー :3(え~! これでいいの!?)
演  出  :4(提督どこで何をしてたんですか?)
艦  娘  :6(大鳳登場~)
============================================
ショートランド泊地サーバーで提督しています「聖羅夢」です。

最終話に新キャラ登場! 意味ありげな伏線を残しての完結! 当初から続編ありきの制作であったものと思われる。

今話の北上&大井……北上さんの涙に萌え萌えの大井っち。怒らすと蹴られますw
今話の赤城さん……間宮でアイスクリームをモグモグ

吹雪を主人公にしたのは、運命に抗う強い意志を持たせ、作戦を成功に導く担い手にする為だった!?
戦力面でいえば、鎮守府の艦娘が知らない秘密兵器の大鳳を提督が用意していたことで、吹雪を改にさせたのは戦力をアップさせる為ではなかったことが分かる。

加賀と瑞鶴の友情も見所ではあるのだが、北上&大井コンビの百合描写が強烈で、ベストコンビに相応しい。

如月の髪飾りは?
みんな~作戦成功おめでとう~♪ 
提督同様実は如月も生きてました? てへっ! 
実は深海棲艦に取り込まれてたんです! なのにみんなから攻撃されてまた沈んじゃいました……
等、憶測だけ残した演出で、続編に繋がる演出でもなさそうなので、蛇足描写ではないのかと疑ってしまう。

誰一人、気づかれずに浮かび上がったのも可哀想な描写で、ひとり残されてしまった印象を与える。
睦月、そして吹雪の成長を促す為に犠牲になった艦娘であまりんも不憫である。


<総評>
ゲームシナリオを元にオリジナル話を盛り込んだ作品であった。ストーリーかゲームの台詞をしゃべらす為のシナリオでストーリーを進行させた印象を受ける。ゲーム外の世界設定については全く触れられず、艦娘以外の人間を登場させれなかった為に、艦娘は人なのか? 兵器なのか? 何の為に存在するのか? 曖昧なまま描かれてしまったように思える。女の子らしい一面を見せて、恋心をもつ人間らしさは表現されたのだが、艦娘以外登場しておらず、閉鎖的な世界の物語のようにも見える。
友情表現は申し分なく、諦めない強い心で勝利していく姿も十分描かれていた。
個々のキャラの個性も存分に見せており、キャラを見事に演じ分けた声優の頑張りは大いに評価したい。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

艦隊これくしょん ?艦これ- 第2巻 限定版 [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店
2015-04-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 艦隊これくしょん ?艦これ- 第2巻 限定版 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック