バミューダトライアングル第11話感想

第11話「この曲は」

カノンが歌った!

誰もいない一人でいる時でしたが楽しそうに歌っているカノン。パーレルでの暮らしが彼女を変えたのでしょうね。
歌うことの楽しさを再び感じることができるようになりました。

<カノンの迷い>
カノンの気持ちは……。
再びオーディションを受けたいと思っているのか? パーレルに留まって仲間達と共に過ごしていくのか?
気持ちが揺れて答えが出せなくなったのでしょうね。

ソナタ達の仲間意識の高さが今回カノンの重荷になったような気がしてなりません。
仲間達と離れ離れになりたくない。ずっと仲良しで一緒にいることが日常となっているのですね。
ソナタ達にとってカノンは大切な仲間なのだから協力したい気持ちもある。

カノンの本音を聞き出すのはソナタの役目なのでしょうね。
カノンとどう向き合って絆を深めるのか次話の見所になりそうです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック