STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十三話感想…ワコとケイトの想いを知ったスガタ

タイトル「エンペラー」

バニシングエージ崩壊! そしてスガタにもっていかれた回でもある。

スガタの肖像画を描いたのがヘッドであったと確信したスガタ。“R”のイニシャルがタクトの父親の名前であることを知っていたことから、ヘッド=タクトの父親であると結論付けたものと思われる。

前話のケイトの一件以来、スガタが積極的になったのは、心境の変化があった証でもある。
タクトが自分よりも強くなったとき、それはワコを守る資格があるとスガタが認めた時でもある。そうなった時にスガタはワコを諦めることを意味していた。

<フィラメント仲良しトリオ>
ニートだったジョージが遂に外へ! あんた誰?と、今更ながらの登場でしたが、青春を謳歌しているようでなにより(笑)。彼らがタクトを見る目は敵対者としてではなかった。綺羅星十字団にいる理由は、ベニオを守る為であって、タクトを倒すことではないようだ。

<スガタの真意は…>
ワコとのデートで確かめたかったのは、タクトと自分とワコがどちらを選ぶのか?
スガタはいつまでも3人で一緒に…の関係を変化させようとしているように見受ける。
そのきっかけとなったのがケイトである。
ひが日死の巫女でもあり、綺羅星十字団のイヴローニュでもある彼女の想いがスガタに綺羅星入りを決意させたものと思われる。次回予告でのやりとりから、ケイトはスガタに告白したのだろう。

スガタがタクトと敵対することになってでもやり遂げたいとするリビドーは何なのか?
巫女の封印を解くことは、巫女の呪縛を解き放つことを意味しており、ワコとケイトが背負っている宿命をなくし、一人の少女として生きるには封印を解くしかない。スガタがこの結論に至ったのであれば、王のサイバディを動かすべく綺羅星入りした動機にもなる。
また“旅立ちの時”に綺羅星十字団が成そうとしているのは何なのかは不明だが、綺羅星十字団を統率した組織にしておかねばならない。スガタが組織の頂点に立ちサイバディを管理することは、王としての役目でもあるのではないだろうか? 

タクトは全てのサイバディを破壊することで、ワコを自由にしようとしている。
スガタのやり方とタクトのやり方とでは、いずれ衝突することになるのは必至! 

どこぞの魔法少女と違って、雨降って地固まるように、最後はハッピーエンドな予感がするので安心して観る事ができそうだ(笑)。









デフォルマイスタープチ 『STAR DRIVER 輝きのタクト』 BOX販売 バンダイ[コレクターズ](予約:11年5月発売予定)【楽ギフ_包装選択】【YDKG-u】
ビッグビィ
『デフォルマイスター・プチ』シリーズにスター・ドライバー登場!ギフト対応(1包装につき\210?)商


楽天市場 by デフォルマイスタープチ 『STAR DRIVER 輝きのタクト』 BOX販売 バンダイ[コレクターズ](予約:11年5月発売予定)【楽ギフ_包装選択】【YDKG-u】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十三話感想…ワコとケイトの想いを知ったスガタ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: