DOG DAYS′第13話感想~夏の思い出と、再会の秋~

EPISODE 13「Summer Memories」
作   画:8(みんな笑顔) ストーリー:6(楽しかったフロニャルドの日々) 熱   血:6(シンクとクー様のドキドキ混浴) 萌   え:9(シンク大好きのガールズコンビ)
フロニャルドは今日も平和です! シンク、レベッカ、ナナミらがフロニャルドでえたものは、かけがえのない友や仲間達との絆。 ガールズコンビのレベッカとミルヒ姫とシンクとの恋の行方に少し触れており、クー様が愛のキューピッドに! エクレは完全に身を引いた形ですが、シンクへの贈り物をちゃんと用意する辺り、特別な想いがあることが分かります。 ナナミの活躍場面が少なかったのは残念。シンクより上の実力者であることから、無双の戦いっぷりを期待したのだが、上には上がまだいるということで。 シンクとの真剣勝負で勝利していたものの、さらりと流される程度であり、シンクにとっては超えられない師匠の存在であることが今ひとつ伝わらなかったように思う。 最後にレベッカのヒロイン度が上昇したわけだが、現実世界の幼馴染の設定が背負う負けフラグを見事に跳ね除けている。次にレベッカと呼んでもらうことを承諾するのは、シンクが成長して大人ぽくなっている頃であろうか? 夢を叶えるまで、レベッカはシンクの傍にいて応援し続けるだろう。 そして秋には再びフロニャルドへ…3期フラグ発生ですね(笑)。 今度は、シンクの世界に姫様達が訪問する番外編でもいいかも……。ストーリーはどのようにでも膨らみそうですので、今後の展開に期待します。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
DOG DAYS´ 2(完全生産限定版) [DVD]
アニプレックス
2012-10-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DOG DAYS´ 2(完全生産限定版) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

DOG DAYS′第12話感想~魔砲少女ゆずりのディバインバスター!~

EPISODE 12「ファイナルステージ」
作   画:9(大人版ベッキーは優しいお姉さん) ストーリー:7(クーベルがベッキーに渡したかったモノとは…) 熱   血:10(魔砲少女全開モードのベッキーが魅せた) 萌   え:9(姫様ライブで可愛さアップ!)
クーベル・リコ・ノワール三人組がピンチ! 珍しい組み合わせではありましたが、幼少からの知り合いで仲が良かったようです。 戦興業のバトルとは違って、マジで危険なトラップの数々に緊張感が走る。 勇者との別れを惜しむクーベル…決して手放さなかったベッキーへの贈り物が何だったのかは、次話のお楽しみですね。 シンクのヒーロータイムよりも、ベッキーに見せ場を用意しており、魔砲少女の代名詞であるなのはを彷彿させる活躍であった。 ストーリーとしては、三人組の冒険がメインとなったことで、姫様ライブの盛上がりに欠けた感があり、祭りの終わりを意味するようなしんみり感で締めくくった印象を受ける。 それでも新曲披露なだけあって作画は丁寧。演出効果は抑え気味であったが、歌唱力でステージを輝かせる魅せ方であった。 勇者達は帰ってもまた戻ってくる安心感があるので、涙のお別れ最終回にはならないだろうが、3期への伏線を残した最終話にするか気になるところである。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
DOG DAYS´ 2(完全生産限定版) [DVD]
アニプレックス
2012-10-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DOG DAYS´ 2(完全生産限定版) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

DOG DAYS′第11話感想~大きく成長したユッキー~

EPISODE 11「チェンジ・マイ・ハート」
作   画:6(姫様ミニライブにモブ女子キャラがいっぱい) ストーリー:6(MVPは英雄王!?) 熱   血:6(英雄王無双の活躍!) 萌   え:9(ユッキーの尻尾と胸に注目)
祖国のピンチに現れた「英雄仮面」! シンク・エクレ・ユッキー3人を相手に無敵の活躍……だったようです(笑)。ど派手バトルアニメは前回で終了。英雄仮面はナナミとの海上騎乗戦対決を制しただけでなく、ポロリも担当。さらに厄介ごと(ココロコネクト)アイテムまで残していく働きっぷり。 タイトルを意味する“心の入れ替わり”イベントを絡ませて愉快劇に仕上げている。 ユッキーの過去にも触れており、ミルヒ・エクレ・リコらと同じだった幼少期から1人勝ちの成長(胸とか)であることが判明(笑)。各話でヒロインの魅力を描き分けておりますが、今話はユッキー(中はシンク)回でもありました。 ヒロイン株急上昇のエクレは登場シーンはあるものの台詞はなし。平等にヒロインの見せ場をつくっておりますね。 他者の身体に入れ替わりした時の見所といえば、キャラと台詞の混同で普段とは違うキャラのイメージになること。ハプニングイベントをどう乗り切るかですね。ユッキーの身体能力と自身の身体能力との違いに、うまくコントロールできなかったシンクですが、普段のユッキーの動きがどうだったかを思い出すことで解決しました。ヒロインに囲まれていながらも、一人一人の事をよく見ている証拠ですね。誰にでも平等に優しく、平等に接しているからこそ、皆の事をちゃんと理解しているのだと思います。 サプライズはありますが、皆で楽しくが本作のテーマなのでしょう。みんな笑顔です♪ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

DOG DAYS′第10話感想~競い合う楽しさ~

EPISODE 10「空陸一騎打ち!」
作   画:7(ポロリもある戦興業) ストーリー:6(お祭りは始まったばかり) 熱   血:8(三国とも勇者の戦いで盛り上がる) 萌   え:7(アイキャッチのガウルに萌え萌えの女子達)
空では、レベッカ対ミルヒ 陸では、ナナミ対ダルキアン シンク対ガウルの一騎打ち! <ナナミ対ダルキアン> ナナミの神剣&紋章砲攻撃を返すダルキアンの剛剣 ナナミは氷結スキルで地面だけでなくダルキアンの足を凍らせて動きを封じる策は良かった。虚をつかれたダルキアンであったが、ナナミは背後からではなく正面から全力でぶつかり決着をつけようとするの所が正々堂々としている。ダルキアンの剣裁きで体勢を崩されるナナミであったが、返しの一撃をくらう寸前の体裁きが神がかっている。シンクにはできないであろう逆転技は、さずがナナミであった。意識したというよりは、考えるより先に体が動いたのだろう。瞬時に身を守りながら攻める動きができるところは、シンク以上の才能を感じさせるものであった。 ダルキアンの本気技に唖然と成す統べないナナミではあったが、最後まで攻撃の姿勢を貫いたことでダルキアンの防御破壊という快挙を成し遂げた。 <シンク対ガウル> 背景が、『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』での、なのは対闇の書の意志ぽかったです(笑)。 ハイパーモードのイケメン対決でもありました。 <ベッキー対ミルヒ> ミルヒの特訓光景から、戦興業に対する真剣さが伝わる。 ベッキーが フロニャルドに来る前と来た後の心境の変化をミルヒに打ち明けたことからも、お互いの気持ちを隠さず話せる親密な仲であることが分かる。シンクとナナミを観る立場だったベッキーが、同じ勇者として競い合う立場になった。同じ場所にいることの楽しさを初めて知ったのだ。お互いの強い想いを抱きながら戦うのが、いかにもなのは風でありました(笑)。 戦力で劣るパスティヤージュ? 名だたる将軍、騎士達がおらず、目立っているのはクーベルとレベッカのみ。空騎士による移動と遠距離攻撃は有利だと思われるのだが、クーベルが前線にでている間、軍を指揮しているのは誰?  本陣陥落に危機に颯爽登場した英雄仮面は、戦況を変えることができるのか!? 乞うご期待(なのです)! にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

DOG DAYS′第9話感想~エクレ大大勝利!~

EPISODE 9「ユニオン・フェスタ」
作   画:7(悩んだり怒ったり吹っ切れたりのエクレ) ストーリー:8(恋の悩みはレオ閣下にお任せ) 熱   血:10(エクレ対レオの一騎打ちに尽きる!) 萌   え:8(リコとエクレの本音トークに)
前話の感想でチェックポイントにしていたエクレですが…やっぱりシンクとのキスを気にしてる~。乙女ですからね(笑)。それに対してシンクの方は……一向にきにしてないばかりか、エクレにヨソヨソしくされている原因すら皆目検討つかないという(苦笑)。 乙女心が理解できるのは同じ乙女ということで、エクレがシンクを好きなのはリコやユッキーにバレバレ。もう周知の事実ですね。 そんなエクレに活をいれたのがレオ。姉御肌ですね~。エクレには本気で戦うことで、迷いを断ち切り、真剣に向き合わさせることで、自分の気持ちを誤魔化さないようにさせました。 エクレ「勝ちます! 閣下に勝って、勇者と2人で先陣を駆け、ビスコッティに勝利を運びます!」 大好きなシンクと共に戦い勝利することが、騎士エクレにとって今一番大切なことでした。 ついで扱いでしたが、エクレが勇者を好きと言ったのは初めてでしたね。 ソードアート・オンラインのキリトといい、とっておきの二刀流スキルが勝利をもたらすのが流行しています(笑)。 エクレの気持ちを聞いて喜ぶシンクですが、エクレとのキスについては思い出すこともなく全くのスルーなのはどうしたものか(苦笑)。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
DOG DAYS ドラマBOX vol.3
セブン・アークス
2011-12-21
ドラマ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DOG DAYS ドラマBOX vol.3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

DOG DAYS′第8話感想~エクレ大勝利!?~

EPISODE 8「エスナート芸術音楽祭」
作   画:8(ミルヒコンサート再び) ストーリー:8(シンクに内緒のガールズ本音トーク) 熱   血:8(大人版シンクでパワーアップ) 萌   え:10(エクレのファーストキスの相手は…)
レベッカとミルヒのガールズトーク。 ミルヒのシンクお婿さん計画を応援宣言のレベッカ! 幼馴染としての距離感を保ったままでいたいレベッカと、レベッカのシンクへの気持ちを知っているミルヒが本音トーク。レベッカは潔く身を引くことで、シンクの恋人になる人を傷つけないようにしたい考えなのに対し、ミルヒもまたレベッカにしょんぼりさせたくないから、シンクの特別な人にならずに今の関係でいたい。女同士の友情で仲睦ましいのだが、みんなの気持ちをシンクが知れば、一人だけを選ぶなんてシンクはできませんよね。 そんな中、シンクとゼロ距離になったのがエクレ。ミルヒとレベッカの気持ちを知らないのであれば、エクレは2人に遠慮せずにシンクと付き合うことができるというものですが、シンクは操られてしてしまった事故という認識だろうか? エクレが今回の事をどう受け止めるかなのだが、表向きは普段と変わらない態度で接するだろう。シンクに対してどう責任をとらせようとするのか見物なのだが、ミルヒのコンサートイベントでうやむやのままになってしまった。次話のエクレに注目である。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
DOG DAYS' 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
アニプレックス
2012-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DOG DAYS' 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

DOG DAYS′第7話感想~可愛さに萌え! 格好良さは正義!~

EPISODE 7「封印洞窟戦!」
作   画:10(チビヒロインズにイケメン勇者と大満足) ストーリー:6(シンクとガウルのモテ度がさらに上昇!) 熱   血:8(見せ場たっぷりのシンク&ガウルコンビ) 萌   え:10(みんな可愛い~♪)
英雄王アデルと魔王ヴァレリーが登場したことで、OPとEDアニメにも変化が! イスカとダルキアンとも関わりと、魔王ヴァレリーも大陸の平和を願っていることが明かされ、キャラを掘り下げた1話でもあった。封印されていたアデルとヴァレリーはともかく、イスカとダルキアンは一体何年生きているのか!? 不老であるようだが、此度の魔物により若返り化はするようで、ちっちゃいダルキアンが見られるのはかなり貴重である。 ヒロイン達の幼児姿とは対照的にシンクとガウルを成長させたのは、ギャップがあって愉快であった。 レベッカがシンクを異性として認識したのも興味深い。今は友達という関係がしっくりしているようだが、シンクが青年になり、自身も成長した時には恋人として見る未来が予想できる。 英雄王アデルと魔王ヴァレリーは“夫婦”だそうで(イスカ&ダルキアン談)。アデルは嫉妬深い性格で、ヴァレリーが他の若い娘に目を向けないよう躾ているようにも見受ける(笑)。 作品のテーマがみえないままだが、終始、楽しいイベント尽くしのシリーズで、1期にはない試みであるのは確かである。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
DOG DAYS' 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
アニプレックス
2012-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DOG DAYS' 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

DOG DAYS′第6話感想~勇者対魔王~

EPISODE6「パスティヤージュ英雄王伝説」
作   画:8(新キャラ2人追加!) ストーリー:6(魔王退治は勇者の務め) 熱   血:7(シンクの勇気全開熱血パンチ!) 萌   え:6(お茶目な英雄王)
OPアニメでシルエット姿だった2人の正体が遂に判明! 魔王復活による被害はうら若き女性のみ?  シンクが本気で怒ったのは2期では初めてでしたね。 女の子を悲しませる魔王に怒りの鉄槌……を下したのは英雄王アデルだったりするのですが(笑)。 英雄王アデルと魔王ヴァレリーは、互いに戦う中で親交を深めた間柄といった感じ。召喚された勇者が男だったら、魔王とはガチ勝負でライバル同士の関係になったのかな。男との友情よりも、女との愛情の方が良い訳で(笑)、2人が共にいることで平和は保たれることでしょう。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
DOG DAYS' 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
アニプレックス
2012-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DOG DAYS' 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

DOG DAYS′第5話感想~あっぱれミルヒ&レオ侍~

EPISODE5「ガレット剣風録!」
作   画:7(サービス要員となったジェノワーズ) ストーリー:5(レオ様の性格を侮っていた) 熱   血:7(姫様大活躍!) 萌   え:6(ナナミの獣耳変装もなかなか可愛い)
ナナミの大冒険談かと思いきや、新キャラのイスカ・マキシマ、ミルヒ&レオの活躍にもっていかれており、シンク、レベッカもちょこっと登場の、ガレット・ビスコッティ・パスティヤージュらのキャラでくりなす物語であった。 勇者の活躍あっての物語ではない為、脇役扱いとなってしまったのだが、ナナミの一人舞台がなかったのは勿体無い。誤解であったとはいえ、ナナミ対イスカでは、イスカに手玉をとられた感があり、イスカを唸らせる位に体術、もしくは棒術を披露して欲しかった。 2期がスタートして初めて敵対する存在として魔物が出現したわけだが、ナナミは退治することよりも、元の住処に返すことを希望していた。見た目の可愛さもあるのだろうが、皆優しい者達ばかりなのだ。基本は“不殺傷”、“無死者”となるだけに平和感が漂っており、いかに楽しく過ごすかを描いているように思える。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
DOG DAYS' 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
アニプレックス
2012-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DOG DAYS' 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

DOG DAYS′第4話感想~エクレの膝枕は最高♪~

EPISODE4 「ビスコッティ夏合宿!」
作   画:5(水着回ならではのサービス♪ ) ストーリー:5(エクレのツンデレ度がレベルアップ!) 熱   血:6(エクレとノワールのマジ対決) 萌   え:9(エクレ可愛いすぎ!!)
シンク、レベッカ、ナナミらが分かれて、分岐ストーリーが発生していく。 今話はシンク、エクレ、ユッキー、ノワールらの夏合宿がメイン。サブキャラであったノワールがしっかりと目立って、エクレの煽り役となってました。 レベッカとナナミがいないことで、モテモテシンクは、フラグを発生しまくりですね。 いかにフロニャルドで楽しく過ごすかがテーマとなっているようで、満喫した夏休みであるようだ。 シンクばっかりではズルイので、レベッカやナナミサイドでも、イベントを用意しておいて欲しいところだ。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
DOG DAYS' 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
アニプレックス
2012-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DOG DAYS' 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

DOG DAYS(ドッグデイズ) エクレール フタつきマグカップ[コスパ]《09月予約》
あみあみ
カテゴリトップ > キャラクターグッズ&n

楽天市場 by DOG DAYS(ドッグデイズ) エクレール フタつきマグカップ[コスパ]《09月予約》 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

DOG DAYS′第3話感想~レベッカもヒロイン候補!~

EPISODE3 「勇者3人!」
作   画:7(ヒロインの防具破壊はお約束) ストーリー:6(おせおせレベッカ) 熱   血:5(ゲーム感覚バトルでほのぼの) 萌   え:8(撫で撫で上手な勇者3人)
レベッカ参戦でシンク初黒星! レベッカの強さは3Dシューティングゲームの経験による飛空能力の高さ。 空戦魔導師の素質ありですね。晶術弾の使い分けも、ゲーム内での武器オプションの使い分けに慣れているからなのかもしれない。シンクとナナミの紋章砲を避けれたのも、弾道が直線のために軌道が読めたから。弾幕ゲームでの操作テクニックをそのまま生かすことができれば、回避力は高いですね。 モテモテ勇者シンクのフラグ発生能力を察知したのもレベッカならでは。 そういうレベッカ本人が一番シンクとフラグを立ててるのですけどね(笑)。 シンクといつまでも一緒にいたい…それがどんな気持ちなのか?友情か恋心なのか? レベッカもシンクもまだ分からないといった様子。今の楽しい時を一緒にいられて幸せ一杯といった感じでした。 ツンデレエクレールも健在! 尻尾は正直ですね♪ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
DOG DAYS’ 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
アニプレックス
2012-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DOG DAYS’ 1(完全生産限定版)(Blu-ray Disc) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

DOG DAYS′第2話感想~誕生! リリカルマジカル(!?)魔法少女~

EPISODE 2 「パスティヤージュ参戦!」
作   画:7(レベッカの変身バンクのアングルがなんとも) ストーリー:6(楽しんだ者勝ち!) 熱   血:9(勇者対決にレオ様大暴れとアクション三昧) 萌   え:6(ナナミの下着じゃないから恥かしくないもん!)
シンク対ナナミの夢対決が実現! 初参戦で紋章砲を意のままに使えてしまうナナミ。異世界への順応性も早く、ノリノリで参戦でした。シンクもそうでしたね(笑)。 アスレチック大会で優勝したナナミと準優勝のシンクですが、2人の差が何だったのか? 今回のフロニャルド対決は横槍(弓矢)が入り、勝負は付かなかったものの、ナナミは、シンク以上に楽しんでいたように思います。大会の競技に対しても、ナナミはプレッシヤーを感じずに、楽しんでやっているのではないだろうか? そこから発揮される力がシンクを上回ることになったのだと推測する。 レベッカが勇者になる決意をするまでの葛藤から決意までがあっさりすぎるような…シンクやナナミとの回想シーンやら、抱いている劣等感などを掘り下げて描いて欲しかった。 ミルヒオーレとのガールズトークが本心ではなかった事になってしまうようで、すっきりしない。 レベッカは何を想い空を翔るのか? 2期はレベッカの成長物語になるのか? パスティヤージュ公国側のキャラがさらに増え、ますます人間ドラマも展開していくことだろう。 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

DOG DAYS′第1話感想

タイトル「勇者見参!」
作   画:7(祝福ムードでみんな幸せ笑顔) ストーリー:6(訳が分からずのレベッカが置いてきぼりかと思えば第3の勇者候補に!?) 熱   血:6(まずは主役登場まで) 萌   え:7(ミルヒとエクレの尻尾振り振りに)
再びフロニャルドへ! 世界の危機が迫っている……という危険な状況ではなく、今日も平和に戦興行。 シンクが皆に愛されていることがよく分かります。 シンクとレベッカの距離は、変わらずといったところか? シンクと旅行でハートをキャッチ…どころではなく(笑)、異世界ではモテモテのシンクにライバルいっぱいと、レベッカの心境はいかに? フロニャルドでのシンク対ナナミが遂に実現! シンク無敗記録を破ることができるのか? 此度も最強状態での参戦だけに、シンクを止めるのはナナミの役目になりそうですね。 そして第3勢力として登場のパスティヤージュ公国。 キャラ多くなりすぎないか心配……ジェノワーズがサービスカット要員になりました(笑)。 どんなストーリーになっていくのか楽しみです♪ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村