テーマ:カラフル・パストラーレ

バミューダトライアングル第12話感想

第12話「小さな光となって輝いて」 “みんな一緒!” カノンがパーレルに来てからの想いが手紙によって明かされた。 カノンはパーレルのみんなが大好きで、大切な友達と一緒にいたいと思っている。そしてあきらめていた“歌”への想いもパーレルで取り戻すことができたのですね。歌うことが好きな気持ちをみんなと共有したい。カノンはソナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バミューダトライアングル第11話感想

第11話「この曲は」 カノンが歌った! 誰もいない一人でいる時でしたが楽しそうに歌っているカノン。パーレルでの暮らしが彼女を変えたのでしょうね。 歌うことの楽しさを再び感じることができるようになりました。 <カノンの迷い> カノンの気持ちは……。 再びオーディションを受けたいと思っているのか? パーレルに留まって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バミューダトライアングル第10話感想

第10話「これ、どうやって撮るの?」 ソナタ回となる一話。 前話の映画撮影回にて、ソナタはプロのカメラマンの撮影を間近で見ていたのだが、此度はカメラマンとして奔走することになる。カメラマンの撮影に対する情熱を感じたソナタだからこそ、今回のストーリーが出来たのではないだろうか。 <寝相の違い> キャロは布団を掛けずに寝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バミューダトライアングル第9話感想

第9話「ね、君も食べる?」 <映画デビュー!> 地方ロケでの撮影隊にスカウトされたのは……キャロ! 都会でアイドルを目指していたカノンではないのである。 なぜキャロなのか? ムードメーカーで周囲を明るくさせる。とにかく表情が良いのだろう。感情が出やすいこともカメラ受けする。 主役キャラのオーラには及ばないが、キラキラした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バミューダトライアングル第8話感想

第8話「それはね、靴っていうの」 初めて体験する陸上での出来事が描かれた一話。 ソナタ達の生足に注目である。マーメイド姿から素足がある人間姿に変わることでより少女らしさが強調されている。マーメイドが陸に上がるのは体験学習のような扱いで必修科目でもあるのだろう。陸上の生活を夢みて人間界にあこがれるマーメイドも中にはいるのだろうか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バミューダトライアングル第7話感想

第7話「だから全部いただくわ」 お騒がせ歌姫チェルとのドタバタ回。突然のゲストキャラ乱入であり一話完結のショートストーリーなのだが、カノンとチェルの似た境遇から二人が出した“答え”が見れる一話であった。 <カノンとチェル> 都会から離れたかった理由は共に自分の居場所を見失ったことであった。 カノンはソナタ達と出会い親友に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バミューダトライアングル第6話感想

第6話「あなたの名前を教えて」 サブキャラ回でありミステリアスな一話。 <アバンで主人公達は一切登場しない> サブキャラ達の日常から始まり台詞がほぼない。黒く淀んだ潮に異変を感じ、コーダの部屋にあるメーターが危険水準に迫る様からなにかしらの災害が起きる前兆を演出している。 <フェルマのカフェ> 常連のアルディと二人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バミューダトライアングル第5話感想

第5話「びっくりワクワク」 映画館の修復が済み上映会開催までの奮闘とドキドキを描いた一話。 <キャラクターの尾びれにも注目> ヒロイン達の髪型や髪の色の違いでキャラ分けをするのが一般的であるが、尾びれの形が五人それぞれ異なっておりキャラクターの違いを表している。 今話では全身で描かれているシーンが多々あり尾びれに違いがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バミューダトライアングル第4話感想

第4話「大胆に思い切って」 セレナとフィナの関係を掘り下げた1話。さらに、カプリ、アデル、ナチュラらちびっこ3人組についてもタイトルに呼応したテーマを描いたサブシナリオをミッションとして本題の解決に繋げている。 これまでソナタ&カノンをメインにしてきたので、本話視聴後にはキャラクター達の関係性がはっきりとしてきたのではないだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バミューダトライアングル第3話感想

第3話「5人いっしょ」 カノンのトラウマ解消回でした。 <カノンとクラゲ> 水中で自然と存在しているクラゲ。背景の一部として描かれるにすぎないと思われましたが、カノンを慕う生物として描いたのは『バミューダトライアングル』ならではの世界があったからでしょう。クラゲは感情表現も台詞もなくふわふわと動いているだけなのですが、体が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バミューダトライアングル第2話感想

第2話「キネオーブがこんなに」 <物語の方向性> 主要キャラクター達の登場と紹介を兼ねた第1話のラストで提示された“非日常”が、第2話で深く掘り下げられていくことになる。閉鎖した映画館の発見と壊れた映写機の修理というミッションを仲間達が協力してやり遂げる目的が生まれたのだ。 第2話は仲間達の思いやりと個性を示すことがテーマだっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more