リリカルマジカル27お品書き

サイネリアの聖羅夢です。 令和元年最初の同人イベント参加です。 当サークルでは『魔法少女リリカルなのはViVid』の原作漫画を考察・解説した同人誌を発行しています。 各話ごとにまとめた読本です。難解部分や未修正な箇所の指摘や時折原作漫画家様に直接確認して作品をより分かりやすく解説しましたので是非お立ち寄り下さいませ。 配置:なの81 <新刊> コピー誌 50円 次巻発行予定の「親友からの声援」までの繋ぎです。ヴィヴィオ対ミウラの再戦試合を考察しています。
画像
<既刊>
画像
各400円 原作単行本に合わせた話数で発行していますので、単行本と合わせて読んでいただくと作品理解がし易いと思います。 <購入特典> 新刊・既刊関係なく一部購入ごとにプロマイド一枚付きます。
画像

祝! 令和スタート

令和元年です。 平成でやり残した事はたくさんありますので、令和でも少しずつ達成していきたいと思います。
画像
サークル活動では引き続き『魔法少女リリカルなのはViVid』解説本を発行していきます。受かるか分かりませんが、夏コミ用に作成したサークルカットカラー版をお披露目。この解説本シリーズはまもなく完結するので気を引き締めていきたいと思います。 また令和でもディズニーを楽しみたいと思います。 GW中は避けて5月後半に予約を取りました。イースターイベント楽しみです。
画像
令和でもよろしくお願いします。

魔法少女リリカルなのはViVid第84話「世界挑戦」 解説ブログ

サイネリアの聖羅夢です。 平成最後の日になりました。思い返せば2009/05/27に『魔法少女リリカルなのはViVid第1話 変身魔法少女誕生! 』の解説ブログ(https://saineria.at.webry.info/200905/article_19.html)を書いてから10年……平成の間にやってきたことが懐かしく感じます。
【主な登場人物】9名 高町ヴィヴィオ アインハルト・ストラトス ユミナ・アンクレイヴ  リオ・ウェズリー コロナ・ティミル ノーヴェ・ナカジマ ミカヤ・シェベル スバル・ナカジマ エーデルガルト・バルカス
【解説】 ヴィヴィオが新たな目標を掲げて試合に臨もうとしている中、アインハルトも新たな夢に向かってスタートする。ヴィヴィオのメインイベントである「戦技披露会」開催まで二カ月程の期間があることから、その間はもう一人の主人公であるアインハルトを主役としたストーリーに重点を置くことができる。ノーヴェの指導のもと、アインハルトはチームナカジマの先頭に立って前に進もうとしており、自身の覇王流の強さを示す戦いからチームの一員として戦う競技選手であることを認識させる一話であった。 《アインハルトの実力》 ミカヤは15歳以下の純格闘型でアインハルトに勝てる選手は思い当たらないと評価している。アインハルトと同い年で同じパワーヒッターのミウラでさえアインハルトには勝てないと分析しているのだ。さらに、師範クラスの腕前をもつアイリンとも互角の試合ができると推測している。アイリンは三岩窟での試練でヴィヴィオとミウラを同時に相手しながら指導をしており、道場ではジークリンデと互角に打ち合った実力者であるのだが、アインハルトのレベルはそこまで達していると言うのだ。アインハルトと何度も練習相手をしているミカヤだからこそ、アインハルトが日々強く成長していることをノーヴェ以上に実感しているのではないだろうか。 《世界王者エーデルガルト・バルカス》 重量感のあるサンドバックをキックで蹴破っている。破壊力のある打撃での反復練習から、ポイント制で競うスタイルではなくKOを狙った超破壊型の打撃格闘選手であることが分かる。所属ジムの会長らしき男がエーデルガルトの出場試合を組んでいるようだが、初戦で対戦することになったアインハルトについて調べた内容は「インターミドル地区予選4回戦負けの古流武術選手」という情報であった。アインハルトが公式の試合に出場したのがインターミドルだけなので、過去の実績がないのは当然である。アインハルトの素性や覇王流について詳しく調べるまでもない様子で無名の代理選手と侮っているのだが、エーデルガルトは、対戦者とは常に全力で戦う主義のようである。喰うか喰われるかの死闘に挑む意気込みから、生きるか死ぬかのサバイバル的な闘争心を持つ少女であると推測する。 《ユミナ全力サポート》 Memory;83「助走」で、ユミナはAM11:45からアインハルト宅で食事の準備を始めている。アインハルトが帰宅したのは夜であり、ユミナはアインハルトが帰宅するまでの間、家事等をして待っていたことになる。食後には食器を洗いお茶の用意までしているのだ。アインハルトの身の回りの世話を自然とこなしているのである。トレーニング重視のアインハルトは、食事面にはあまり気を使ってなかったものと思われる。Memory;57「明日のために」では、ディエチが差し入れを持ってきており、健康面や食事面でも気にかけていた。これからはユミナが全面的にサポートしていくことになるため、ディエチとしては寂しく感じるかもしれないのだが、お姉さんの立ち位置でサポートしていくものと思われる。 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村
魔法少女リリカルなのはViVid (17) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA
2016-10-26
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

こみっくトレジャー33参加します

配置:5号館二30a「サイネリア」 現在、艦これ2019冬イベント「邀撃!ブイン防衛作戦」のE3攻略に時間を割いております。 新刊はありませんが、既刊と無料配布のコピー誌を用意していきますね。
画像
艦これ特殊攻撃が圧巻! 今回初めて使用した特殊攻撃、長門タッチと呼ばれるものですが、発動すれば爽快になります!
画像
イベント終了まであと数日……いそがねば! 当日はスペースでラスダンに苦しんでいると思われます。

魔法少女リリカルなのはViVid第83話「目標」 解説ブログ

サイネリアの聖羅夢です。 今話の解説はS2さんが担当してくれました。サイネリアで発行した「それぞれの武の道」から一部を抜粋しています。
【主な登場人物】8名 高町ヴィヴィオ アインハルト・ストラトス ユミナ・アンクレイヴ  ミウラ・リナルディ リオ・ウェズリー コロナ・ティミル ノーヴェ・ナカジマ ミカヤ・シェベル
【解説】 前話で決まった戦技披露会への参加が、各々を新しい道へと歩ませる呼び水となったことが本話では描かれる。元々は主人公のヴィヴィオに、ライバル役のアインハルトといった始まりだった本作だが、今はヴィヴィオはミウラとの再戦やその先にあるなのはママとのタイマン勝負に燃え、一方のアインハルトにはユミナという親友が出来てミカヤという精神的後援者に支えられ、アンダー15大会へと歩を進める。二人の目標の方向が変わったことで、二人の絡みが無くなってしまうという懸念もやはり出てくるのだが、ストーリー展開に従って増えたキャラクター数に相応しい分岐を見せているとも解釈できる。 《ミウラの敗退》 本来ならもっと盛り上げても良さそうなミウラのインターミドル本戦での戦いだが、呆気ないほどあっさりとその敗退がヴィヴィオの回想で説明される。メイン主人公では無いから、どうしてもミウラの扱いが薄くなるとの評価も出来るだろうが、敢えてヴィヴィオの回想という形を取ることで客観的な事実として描写して、後に引きずらない様に収めたとも言えるのではなかろうか。 《アインハルトの決断》 ミカヤの誘いもあったとしても、誰にも相談すること無くアンダー15大会に出場することを決めたアインハルトから精神的な成長を感じる。コーチであるノーヴェからすれば、寝耳に水で驚かれるのも当然だが、それも通過儀礼なのだろう。ヴィヴィオがなのはママと戦うことを求めて努力するのと同じで、自分の生きる道は自分で決めて切り拓いて行かなければならないのだから。 《一言&重箱の隅つつき》 単行本にも収録されているカラー口絵はミウラの家業のウエイトレス衣装を皆で着込んだ集合絵なのだが、何故かミウラが恥ずかしそうな様子。ヴィヴィオが「よかったらみんなでウエイトレスとかやりますよ」のコマでは、ミウラの想像に自分自身が含まれておらず、店では自らを裏方と言っているので、かわいい衣装を着ていることに慣れないのが理由だと思われる。 アインハルト宅に住み込んで個人トレーナーならぬ、押しかけ女房っぽく居着いているようにしか見えないユミナである(笑)。マンガやアニメでありがちなメシマズ描写も無く、ノーヴェやミカヤにも一目置かれる存在として頭角を現して来たようである。 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村
魔法少女リリカルなのはViVid (17) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA
2016-10-26
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

魔法少女リリカルなのはViVid第82話「期待」 解説ブログ

サイネリアの聖羅夢です。 ヴィヴィオの次のステージは「戦技披露会」でのエキシビションマッチ。再び熱い試合が見れそうです。
【主な登場人物】20名 高町ヴィヴィオ 高町なのは フェイト・T・ハラオウン アインハルト・ストラトス ユミナ・アンクレイヴ  ルーテシア・アルピーノ ファビア・クロゼルグ エリオ・モンディアル キャロ・ル・ルシエ ミウラ・リナルディ ヴィータ ザフィーラ リオ・ウェズリー コロナ・ティミル ノーヴェ・ナカジマ ミカヤ・シェベル ハリー・トライベッカ ヴィクトーリア・ダールグリュン ジークリンデ・エレミア エルス・タスミン
《扉絵考察》 描かれているのはバリアジャケット姿の高町なのは。ヴィヴィオが目標とし憧れる人の姿である。私服姿のなのはからは優しさや愛しさを感じるのに対し、バリアジャケット姿のなのはからは闘志や逞しさが漂っているのであるが、なのはが見据えているのは、愛娘のヴィヴィオが本気で勝ちを取りにくる姿であろう。なのはの表情から嬉しさが感じられるのは、ヴィヴィオの成長が嬉しくて溜まらないといった感情の表れではないだろうか。 《インターミドルチャンピオンシップ地区予選決勝戦》 準決勝戦が行われたMemory;67「バーニング・ドライブ」では、試合結果に「累積被ダメージ」と「FB(フィニッシュブロー)」が表記されていたのだが、今話ではその表記はないので試合終了時の姿から試合内容を考察する。 ★ルーテシアの決勝戦★ バリアジャケットの破損状況から全身にダメージを受けていることが分かる。射撃魔法や砲撃魔法を回避できなかったのだろう。お互い射撃魔法の撃ち合いであった可能性が高い。エリオの感想から相手選手に押されながらも勝利を掴んだと予測される。おそらく決勝戦まで温存していた魔法か戦術を最終ラウンドに使い見事成功したものと思われる。勝利後の笑顔は、自身の策が成功して逆転勝ちした喜びなのかもしれない。 ★ハリーの決勝戦★ 準決勝戦と同じように全身にダメージを受けているのだが、バリアジャケットの損傷は決勝戦の方が大きい。胸のさらしが大破状態でバストが見えかけているのだが、お構いなしに堂々としている。レッドホークを攻撃モードにしていることから中距離攻撃と砲撃魔法を織り交ぜながら果敢に攻めに行ったものと思われる。 ★ヴィクトーリアの決勝戦★ 準決勝戦時と同じくバリアジャケットに損傷がない。クリーンヒットを受けることなく勝利している。ただ、試合終了まで3Rかかったことから、相手選手はヴィクトーリアの攻撃を回避もしくは防御し続けていたのだろう。お互い防御スキルの高い者同士の対戦であったと推測する。 ★ジークリンデの決勝戦★ 準決勝戦では2R2分15秒でのKO勝利であったが、決勝戦では1R3分02秒でKO勝利しており、しかもバリアジャケットに損傷はみられない。相手選手はルーフェン武術の使い手であったことから格闘技による近接戦であったと推測するが、アイリンとの決勝戦対策が功を奏して終始有利に試合を進めた結果であろう。 ★ミウラの決勝戦★ 相手のニーナ選手は武器を所持していない。ミウラのバリアジャケットの損傷が射撃攻撃の類ではなく打撃攻撃によるものと推測する。ミウラがKO勝利できなかったことから、抜剣で致命打を与えられずいたことから、互いに決定打が決まらず接戦となり勝負がつかなかったと思われる。 《世界ケンカ強いランキング》 かなり上位にランクインしているというなのは。おそらくフェイトやシグナムも上位にいると思われる。ランキングトップが誰なのか気になるところである。 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村
魔法少女リリカルなのはViVid (17) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA
2016-10-26
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

コミックマーケット95 委託参加

三日目ぺ44a「みはるワークス」様で委託させていただきます。 当日はスペースで売り子のお手伝いをしていますのでお気軽にお立ち寄り下さい。 頒布物は会場限定コピー誌を用意します。 『魔法少女リリカルなのはViVid解説本』 オフセ前の原稿の一部になりますので無料配布とさせていただきます。

魔法少女リリカルなのはViVid第81話「目標」 解説ブログ

サイネリアの聖羅夢です。 物語の舞台はルーフェンからミッドチルダへ。ヴィヴィオの物語が新たに始まります。
【主な登場人物】23名 高町ヴィヴィオ 高町なのは フェイト・T・ハラオウン アインハルト・ストラトス ユミナ・アンクレイヴ 八神はやて ルーテシア・アルピーノ ファビア・クロゼルグ ミウラ・リナルディ ヴィータ ザフィーラ リオ・ウェズリー コロナ・ティミル ノーヴェ・ナカジマ ミカヤ・シェベル シャンテ・アピニオン イクス   リンナ・タンドラ レイ・タンドラ アイリン・ハーディン タオ・ライカク イェン・ランカイ シュエ・ローゼン
《扉絵考察》 アインハルト、ユミナ、ティオが描かれている。 ユミナの服装はルーフェンに訪れた時と同じであることから、ミッドチルダに到着してヴィヴィオらと別れてからアインハルトと一緒に自宅を訪れていると推測する。ユミナはアインハルトに合宿疲れを癒すマッサージを特別メニューでしてあげるつもりでいたことから、その時の様子ではないだろうか。 ユミナは腰を浮かせて全体重を指先に乗せて指圧療法をしている。アインハルトの表情から痛みを我慢していることが分かる。手技療法のマッサージは少し痛い程度で効果があることから、ユミナの治療が効果的であることを物語っている。 《愛情いっぱいの高町家》 ヴィヴィオがルーフェンに滞在している間でも、なのはへは定期的にルーフェンでの出来事を報告していたと思われる。それでもなのははヴィヴィオが帰宅するまでは気が気ではなかったのだろう。Memory;56「過去からの一歩」では、朝に出掛けたヴィヴィオが日暮れ時に帰宅した際、ヴィヴィオの帰りが遅かったからという理由で“すりすり”と頬ずりしている。此度は“すりすり”ではなく“ぐりぐりぐりぐり”で頬ずりしており、さらに強く抱き着いていることが分かる。数日間直に会えなかった寂しさから余計にスキンシップを求めたのだ。 ヴィヴィオ曰く「ママ力全開モード」でテンションが高い状態なのだが、抱っこをされて恥ずかしがるヴィヴィオからは、少しずつではあるが親離れをする傾向がみられる。 《クロとはやて》 クロには窃視・盗聴・不正アクセス等の容疑があった筈なのだが、重い処罰にならないように済まされたのであれば、はやての手回しがあったに違いない。局の民間協力者として登録したのも、はやての勧めがあったからであろう。魔女の血脈を持つクロのスキルをどう活かしていくのかをクロなりに真剣に考えた上での民間協力登録であると思われる。ただ、クロが局内で信用できるのは、はやてやルーテシアらである。いずれはルーテシアのように隠し刀として動くことも予想される。ルーテシアやクロといった協力者がいることで独自の情報収集ができることは、はやてにとってもメリットは大きいと思われる。 《アインハルトとクロ》 アインハルトがクロと再会するのはMemory;62「今日から明日へ」での聖王教会以来となる。 フレンドリーに接するアインハルトに対し、まだ友達として接することができないクロであるが、二人の姿はかつてヴィヴィオがアインハルトと初めて出会った頃を彷彿とさせる。クロはアインハルトのペースに押されがちであることから、打ち解け合うのも時間の問題であろう。積極的に仲良くなろうと接すアインハルトの行動はヴィヴィオの影響を強く受けている。 《戦技披露会番外編》 毎年時空管理局で行われているという「戦技披露会」。実はヴィヴィオは以前このイベントで、なのは対シグナムの模擬戦闘を観戦したことがある。その時の模様が漫画で描かれているのだが、発行元が「角川書店」ではなく「学習研究社」であること。『魔法少女リリカルなのは MOVIE 1st THE COMICS 2』限定版の特典物として発行された特別読み切り作品であること。「学習研究社」で発行された「魔法少女リリカルなのはStrikerS THE COMICS」の特別篇であること等から、「魔法少女リリカルなのはViVid」ではこの出来事が「魔法少女リリカルなのは」の歴史にどう扱かわれるか大人の事情が絡んで判断が難しいところである。この時、なのはとシグナムとの壮絶な試合を観ていたヴィヴィオであるが、「戦技披露会」についての反応が毎年なのは達が参加しているイベントという軽い認識であり、過去に観戦した事実があるかどうかを曖昧にしている。 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

こみっく★トレジャー32参加します

2018年9月2日(日)インテックス大阪 スペース番号5号館ナ05a コミケの原稿が終わってからも「FGO」クエストで同人誌を作り続け何度も入稿前にループさせられるエンドレスサマー状態のイベントをしていたせいか、ゆっくりと休んだ感がありません(苦笑)。 こみトレ32には、コミケの新刊を持っていきます。
「魔法少女リリカルなのはViVid解説本17」 タイトル「さらなる挑戦」 A5 P16 ¥200
画像
<委託のお知らせ> サークル「みはるワークス」 委託本『エグゼイドまんが大王』 是非お立ち寄りくださいませ。会場でお待ちしております。

魔法少女リリカルなのはViVid第80話「領域」 解説ブログ

サイネリアの聖羅夢です。 コミケでは新刊を購入しに来てくださいましてありがとうございます。 コミケ会場は暑かった……まだ身体が火照ってます。皆様は大丈夫でしたか?
【主な登場人物】14名 高町ヴィヴィオ アインハルト・ストラトス リオ・ウェズリー コロナ・ティミル ミウラ・リナルディ ユミナ・アンクレイヴノーヴェ・ナカジマ リンナ・タンドラ アイリン・ハーディン ジークリンデ・エレミア シャンテ・アピニオン イクス エドガー レイ・タンドラ
《解説》 リオの里帰りを兼ねた『ルーフェン紀行・春光拳の秘伝書を探せ!ツアー』は3日間の日程であった。ジークリンデやミカヤらは当初の目的を果たし、ヴィヴィオらは合宿での経験がさらなる成長を促す起爆剤となったことが何よりの収穫であった。 今話では、大勢の登場人物の中からヴィヴィオに焦点を絞っており、彼女が本作の主人公であるという位置付けを改めて認識させている。 《ヴィヴィオのルーフェン紀行》 物語冒頭に記された紀行文だが、誰が記したものなのか特定されていない。だが、「3日間の滞在期間はあっという間に過ぎていって」に続くのが、ヴィヴィオとレイ総師範とのやりとりであったことから、ルーフェンでの体験や感想を書き綴ったのはヴィヴィオであると推測する。レイ総師範とのテストについて詳しく紀行文に記さなかったのは、二人だけの内緒にして欲しいとレイ総師範から哀願されたからであろう。 《総師範の技》 ヴィヴィオとの賭けで見せた技であるが、一度目は一瞬で相手の間合に飛び込み、突きを寸止めしている。この瞬時に移動する歩法だが、中国武術の『箭疾歩(せんしっぽ)』と相似している。「八極拳」や「八歩蟷螂拳」では秘伝の歩法とされており、総師範は予備動作なしで移動したように描写されているが、「八極拳」では上半身の構えを動かさず、相手に動作の気配を感じさせずに歩きながら最後に大きく踏み込む。相手からは一歩で近寄ったように見えるのである。「八歩蟷螂拳」でも、必ずしも一歩で飛び込むものではなく、強い推進力を保ったまま移動することで八歩の距離を一気に進むことができるのである。 また三度目は、足で地面を強く踏みつけてからの打撃であった。この動作は八極拳の『震脚(しんきゃく)』の技と酷似している。これは一撃の威力を極限まで高める発勁法であるのだが、この時総師範は『震脚』と『箭疾歩』を連動した一撃でヴィヴィオの顔面を狙ったのではないだろうか。 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村
魔法少女リリカルなのはViVid (16) (カドカワコミックス・エース)
KADOKAWA/角川書店
2016-04-22
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

コミケ94お品書き

2018年8月12日(日)東ヘ12b「サイネリア」で参加します
★新刊情報★
「魔法少女リリカルなのはViVid解説本17」 タイトル「さらなる挑戦」 A5 P16 ¥200 表紙サンプル<表紙はOKミューズキララ(ピンク)で製本します>
画像
<カラーバージョンのブロマイド付>
画像
◆既刊情報◆各400円 掲載していない既刊も持ち込みしますので希望の方は受付に申付け下さい
画像
画像
画像
画像
当日お会いできるのを楽しみにしております

魔法少女リリカルなのはViVid第79話「二つの道」 解説ブログ

サイネリアの聖羅夢です。 サービス話です♪ TVシリーズでも欠かすことのできない入浴カットが満載! 今話はかなり攻めてます!!
【主な登場人物】19名 高町ヴィヴィオ アインハルト・ストラトス リオ・ウェズリー コロナ・ティミル ミウラ・リナルディ ユミナ・アンクレイヴノーヴェ・ナカジマ ミカヤ・シェベル タオ・ライカク イェン・ランカイ シュエ・ローゼン リンナ・タンドラ アイリン・ハーディン ジークリンデ・エレミア シャンテ・アピニオン イクス オッt- ディード レイ・タンドラ
《解説》 三岩窟イベントが終了し、試練をクリアしたヴィヴィオ達の評価回。先達らの武術&格闘談義が主でヴィヴィオ達の台詞が僅かしかない貴重な一話である。 本話で登場した人物は総勢19名。主な台詞はレイ、リンナ、アイリン、ノーヴェらが担当しており、ヴィヴィオらの選手組は温泉浴場でリラックスタイム。サービスシーンで読者の目を引きながら、どんな会話をしているのかは、読者の想像に委ねている。ルーフェンでは新キャラのタオやアイリンらが目立つ立ち位置のため、ヴィヴィオらがサブキャラ的な扱いで物語が進行し主役の存在が曖昧になりがちなのだが、チームナカジマの子供組へ向けたメッセージとして、ヴィヴィオ達が物語の中心であることを認識させている。 《タイトル「二つの道」とは》 Memory;77「道の在処」でもタイトルに“道”が使われているのだが、これはアイリンの「それも武の道ですのね」の台詞からヴィヴィオとミウラの武術の在り方を意味したものであった。 今話でアイリンは「それが彼女の「武」の道なのだろうと感じました」と語っており、第77話と同じ意味合いである。“二つ”の意味であるが、ジークリンデ、アインハルト、ミウラらの「神撃」とヴィヴィオの「一閃必中」の武術 を指しているのではないだろうか。タイトルは、それぞれの武の道を示したものなのである。 《入浴心得》  魅惑のカット満載の入浴シーンであるが、湯船のお湯に髪の毛が浸からないようにするのがマナーである。男性作家は髪を湯船に垂らすのに対し、女性作家は髪をまとめて描く傾向がある。今話では、長髪のヴィヴィオ、アインハルト、コロナ、ジークリンデらは、髪をまとめておらず湯船に髪を垂らしている。過去の入浴シーンを見比べると、各話ごとに入浴スタイルが異なっており、髪をまとめるかまとめないかは統一していないものと推測する。 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

魔法少女リリカルなのはViVid第78話「試練の宝」 解説ブログ

あけましておめでとうございます。2018年もよろしくお願いします。 「力」チームの試練に挑むアインハルトとリオ、そして待ち受ける最終試練……試練の先にあるお宝とは……。三岩窟イベントいよいよクライマックスです。
【主な登場人物】19名 アインハルト・ストラトス リオ・ウェズリー ユミナ・アンクレイヴ ノーヴェ・ナカジマ コロナ・ティミル タオ・ライカク  シュエ・ローゼン リンナ・タンドラ 高町ヴィヴィオ ミウラ・リナルディ アイリン・ハーディン イェン・ランカイ ミカヤ・シェベル クレア・ラグレイト ジークリンデ・エレミア シャンテ・アピニオン イクス エドガー レイ・タンドラ
《解説》 三岩窟での試練をクリアしたヴィヴィオ達。各々が学んで得た事が何物にも勝るお宝であった。指導者組の思惑通り「技」「力」「心」の鍛錬だけでなく、仲間との結束力も高まり、個々の経験値アップとアイテムゲットも兼ねたイベントであった。宝箱の中身はヴィヴィオ達が到着する前に用意しておく必要があったことから、別行動であったノーヴェとリンナが持ち込んだものと思われる。タオとアイリンの伏線も解消し、ミッドチルダ組とルーフェン組との親交も深まった。ルーフェンに到着して早々のイベントが終了したわけだがまだ初日である。次なるイベントを期待させる一話であった。 《扉絵考察》 冒頭は、Memory;77「道の在処」のラストに続くシーンで着替えを済ませたジークリンデ、シャンテ、イクスらがフルカラーで描かれている。Memory;73「アイリン・ハーディン」では私服姿のジークリンデ、シャンテ、イクスらがフルカラーで描かれており、ミッドとルーフェンとの衣装の違いが鮮明に分かる。扉絵には、その場にいないヴィヴィオ、クリス、アインハルト、コロナ、リオらも描かれているのだが、ヴィヴィオ達が着ているのは、ルーフェン出発時に来ていた私服である。Memory;68「春光拳道場」の扉絵でも私服がフルカラーで描かれているのでヴィヴィオがミッドチルダ出発時に来ていた服と同じであることが分かる。ヴィヴィオを中心とした構図であることから、ルーフェンで見たみんなの笑顔を思い出しながら笑みを浮かべていたのではないだろうか。 《力ルート最後の試練》 リオが挑むのは頑丈な巨大な木製の扉を力技で破壊すること。武装を解除したのは、デバイスの能力に頼らず自身の力で試練をクリアしなければならないからである。リオの魔力砲であるが、チーム一と言われる魔力を最大出力して放つ砲撃魔法の威力は、チームの誰にも負けないと自負しているからこそ、一番自信のある魔法技なのである。リオが使用したのは炎龍と雷龍を召喚しての同時砲撃。Memory;72「鍛錬課題!」で対ゴーレムに使用した「双龍砕」に似ているが、砲撃魔法並の放射であったことから、威力はMemory;37「レッドホーク」で披露した「双破龍神翔」と同程度あったものと思われる。 アインハルトが挑むのは巨大な石の扉。使用した技は、Memory;72「鍛錬課題!」にてゴーレムを粉砕した「空破断・改(仮)」ではなく「断空拳」であった。ノーヴェの指摘を受けて断空の真髄に近づく鍛錬に取り組む決意をしたアインハルトは、これまで学んだことの集大成として「断空拳」を放ったのだ。その威力は武装状態時かそれ以上であった。クラウスの覇王流とチームナカジマで積み重ねた経験がアインハルトの覇王流となっていることを物語っている。 《タオとアイリン》 タオとアイリンの交友関係だが、タオが武術をやめてからアイリンとは疎遠になっていたと思われる。武術を避けている間は、アイリンともまっすぐに向き合えないと感じていたに違いない。三岩窟の試練でタオは自身の「憑髪」を受け入れ本当の心を閉ざして逃げていたことを知った。自身の弱い「心」を克服したタオは、ようやくアイリンを避けずにすむことができたのである。三岩窟天声の間で二人は再会するのだが、やり取りは短かった。だが、タオが“笑顔”でアイリンと話をしたことで、過去のわだかまりが無くなったのではないだろうか。アイリンはタオが再び武術を始めたことを誰よりも喜んでいた筈である。 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村
魔法少女リリカルなのはViVid (20) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA
2017-12-26
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女リリカルなのはViVid (20) (角川コミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

魔法少女リリカルなのはViVid第77話「道の在処」 解説ブログ

サイネリアの聖羅夢です。 「心」と「技」チームの試練を描いた一話。困難に打ち勝つヴィヴィオ達の奮闘が見所となる。
【主な登場人物】11名 コロナ・ティミル タオ・ライカク  シュエ・ローゼン リンナ・タンドラ 高町ヴィヴィオ ミウラ・リナルディ アイリン・ハーディン イェン・ランカイ ジークリンデ・エレミア シャンテ・アピニオン イクス
《扉絵考察》 アイリンの衣装は作中の拳法着ではなく普段着ている道場着である。イラストを描いた藤真拓哉氏は、「華麗に舞うアイリンを描かせて頂きました☆」とコメントしており、優れた舞踏家でもあることを示唆している。華凰拳が扇舞を取り入れた武術であることが分かる。 《コロナvsタオ》  コロナが有利だったのはタオの戦いのスタイルを短い時間でありながら把握し、その対応策を打つことが出来たからである。実力では勝るタオであるが、コロナの様なゴーレムを使役する戦い方をする対戦相手とファイトするのは初めてだろうから、突然のゴライアスの登場とその攻撃に虚を突かれた分、敗れてしまったのは致し方ない部分もあるのではなかろうか。 《アイリンとの対戦》 ヴィヴィオとミウラの諦めない闘志が道を切り開いた。 疲労とダメージが蓄積しているヴィヴィオとミウラであったが、疲れた身体だからこそ力まず自然と無駄な動きをせずに技に集中することができたのではないだろうか。 ミウラの空牙を受け止めたアイリンであったが、ミウラの大勢を崩すまでには至らず、本来の威力をそのままアイリンにぶつけることができた。その結果パワー負けしたアイリンの方が吹き飛ばされたのである。 ヴィヴィオが一本取ることが出来たのはアイリンの講座を参考にして、自分の動きを変えたことでアイリンが対応しずらくなったからでもある。防御の要である扇子を飛ばされたことで、素手の防御にせざるを得なくなったのだ。ヴィヴィオの連打を全て見切れなかったものと思われる。 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

コンプエース2017年12月号~なのはViVid最終話~

聖羅夢です……遂にこの日がきました。 今月号の表紙は『魔法少女リリカルなのはViVid』。最終回記念号です。みんな“色鮮やかに”輝いていますね。 特別付録は「魔法少女リリカルなのはViVid 連載完結記念・歴代表紙セレクト集 ViVid medley」 なのはViVidの歴史が詰まった一冊です。
画像
<藤真拓哉先生がセレクトした表紙とコメントの一部> 2010年3月号    初めての表紙 2010年11月号   フェイトママとの2ショット 2011年6月号    DOG DAYSとのコラボ表紙 2012年8月号    ちっちゃい頃のなのはママとヴィヴィオのツーショット 2013年5月号    初めての大人モードでの表紙 2014年10月号   アニメ化決定の発表号 2015年1月号    初めての子供チームオンリーの表紙 2016年12月号   ViVid Strike!とのスペシャルコラボ表紙 2017年6月号    ついに実現した親娘対決
9点の表紙イラストと藤真拓哉先生のコメントが掲載されておりますので必読ですよ! じつは藤真拓哉先生が描いたコンプエースの表紙はまだまだあるのです。 できることなら全ての表紙についてじっくりとコメントをしたかったことと思います。 私も選別した表紙イラストについてコメントをしておきます。
<2010年9月号>
画像
なのはファミリーとアインハルト。Memory;15「フィニッシュ・ブロー!」 が掲載されました。ヴィヴィオ対アインハルトのライバル対決が見物でしたね。 <2011年7月号>
画像
2011年6月号に続いての表紙でした。DOG DAYSとのコラボで前号と同じ構図で違う三人を描いています。 <2012年6月号>
画像
連載3周年記念の表紙です。スペシャルゲストとしてルシウスがお祝いに! <2014年8月号>
画像
笑顔のアインハルトが表紙に初登場! そしてラブラブな二人♪ Memory;62「今日から明日へ」の掲載号であり、前話でアインハルトが初めて笑顔をみせた感動話のあとでしたので、とても嬉しかったです。 <2016年3月号>
画像
仲良し親子♪ 娘が可愛いくて可愛くて♪ 愛情いっぱいで心温まる表紙でした。
そして今月号の表紙!
画像
笑顔と嬉し涙でもう……みんな大好きだよ♪ 
『魔法少女リリカルなのはViVid』最終回 最終話には冒頭で描かれる扉絵がありませんでした。そして作品タイトルも……なんとタイトルは最終ページにあったのです!!! TVアニメ最終話でOPを流さずにラストシーンでOPをフルコーラス流す……みたいな演出でしょうか。ラストに最終話のタイトルを示すことで、ヴィヴィオ達の未来を見事に表しています。そのタイトルは……「鮮やかな未来へ」 “鮮やかに”ViVidで締めくくりました。 ★チェックポイントその1★
画像
あれから一年たちました……Memory;01「セイクリッド・ハート」の時は“4年生になった始業式の日”でしたね。
画像
“また絵とか書いて!”とヴィヴィオは恥ずかしがっていますが、なのはママはきっと来年も書くでしょう。いつまでもヴィヴィオが笑顔でいられますようにっていう思いを感じます。 今回はクリスもいます。どんな具材を使ったのでしょうか気になります。 ★チェックポイントその2★
画像
あ~なるほど~。アインハルトはこの時から……『ViVid Strike!』を視聴された読者ならお分かりになると思います。きっと良い人物に巡り合うことでしょう。 そして……感動のラストシーンは是非本誌でお確かめください。
実は今年の5月28日に開催された同人誌イベント「リリカルマジカル23」に参加して、なのはViVidの今後と最終話予測なるものを作りました。
画像
実際どんなストーリーになるのかドキドキでした。 ヴィヴィオ達の鮮烈な物語はここで幕を閉じます。ですがお別れではありません。ヴィヴィオ達はこの後も夢や目標に向かって進み続けます。読者一人一人に鮮烈な思い出を残したはずですし、私的には悲しさよりも未来へのわくわく感でいっぱいです。希望を胸に抱いた彼女達のこれからを笑顔で送り出してあげたい気持ちの方が勝りました。 ヴィヴィオ達に出会えて感謝しています。 藤真拓哉先生、8年6カ月の連載ありがとうございました。 コンプエース2017年12月号の情報は藤真拓哉先生のブログにもありますので是非チェックしてください。 http://www.fujimatakuya.com/blog/2017/10/post-654d.html
にほんブログ村
コンプエース 2017年12月号
KADOKAWA
2017-10-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コンプエース 2017年12月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

魔法少女リリカルなのはViVid第76話「憑髪」 解説ブログ

サイネリアの聖羅夢です。 コロナVSタオの勝負。タオの過去が明かされる。タオの閉ざされた心をコロナがどう開いていくのかが見所となる一話であった。
【主な登場人物】7名 コロナ・ティミル タオ・ライカク アイリン・ハーディン クレア・ラグレイト  シュエ・ローゼン リンナ・タンドラ  レイ・タンドラ
【解説】 タオに関する伏線がほぼ解消されたと言ってよい。主人公のヴィヴィオやアインハルトらの選抜チームと違い、余り者組の印象を受けるコロナチームであったが、タオとコロナの組み合わせが、二人の成長のための布石であったことに気付かされる。コロナに誘われて突然同行することになったタオであるが、レイ師範がタオを三岩窟に同行させたのは今回の事を期待してのことであったのではないだろうか。
《タオの伏線にまつわる考察まとめ》 ◆すごい反射神経(Memory;69「イェン&シュエ!」)◆  タオが尻餅をつきながらも大量の書物を落とさずにいたのだが、かつて武術道場の幼年部で一番強い腕前であったことから身体能力は優れていたのではないだろうか。武術は辞めたものの、日常生活でその能力を発揮していたものと思われる。 ◆あの子の事はまだ諦めていませんから(Memory;72「鍛錬課題!」)◆  「心」ルートに向かうリンナに言ったアイリンの台詞。武術の道を諦めたタオが春光拳道場で家事用人をするようになってからも、アイリンは何度もタオを説得していたものと思われる。タオは武術をする資格がないと自分に言い聞かせてきたのだろう。それでもアイリンは諦めていなかった。リンナに伝えた台詞からアイリンの強い想いが感じられる。 ◆何か事情があってうちの総師範が預かったんだって(Memory;75「タオ・ライカク」)◆  シュエはタオの「髪」の事やアイリンとの事故の事を知らされてはいなかった。タオは道場に住み込みで修業していたことから、立ち入り禁止処分を受けたことで、住む所がなくなったことになる。伝統武術と縁を切り、親元に帰るという選択肢もあったと思われるが、『問題児』 扱いのタオの事を知ったレイが、春光拳道場でゆっくり考える時間を作るために引き留めたのであろう。
《コロナ対タオ》  操作系魔法同士の対決となる一戦。タオの正気が戻りカウント9で立ち上がったコロナだが、ダウンするまでの試合内容が省略されており、どのような攻防が繰り広げられたのか定かにされていない。だが、二度にわたる攻防でコロナはタオ攻略の糸口を見つけている。 まず、コロナはブランゼルをTact formからwristlet fromに変化させていることから近接戦で押し切ろうとしたものと思われる。その際、どのような攻撃を受けたのかはコロナの状態から推測できる。コロナの両腕、両太股、腹部の服が破けていることから、「憑髪」の攻撃を全身に受けて突き飛ばされたのだ。ヴィヴィオやアインハルトのような近接格闘型の戦い方では「憑髪」の攻撃を防ぎきれないと判断したコロナは、距離をとって「憑髪」の動きを封じる戦法に出たのである。「憑髪」はタオを守るために防御本能で動いているが、タオ自身は無意識状態であるため、防御が手薄になることに気付いたのである。 《アイリンの穿いてない疑惑》  幼年期にアイリンがタオと三度目の手合わせをした時である。アイリンの拳法着はスカート仕様になっておりタイツやレギンスを着用している描写はない。「本気のアイリンは本当に凄くて」のシーンでスカートがめくれているのだが、股間部分の描写が不自然である。もとい、下着らしいものを着用していないように見えるのだ。アイリンの蹴りを避けたタオは股間部が見えた筈だが、果たして穿いていたのか、いなかったのか? リンナやノーヴェに続きアイリンまでも“穿かない派”疑惑が浮かび上がった一コマであった。 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村
魔法少女リリカルなのはViVid (15) (カドカワコミックス・エース)
KADOKAWA/角川書店
2015-12-22
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女リリカルなのはViVid (15) (カドカワコミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

魔法少女リリカルなのはViVid第19巻徹底チェック(下)

魔法少女リリカルなのはViVid第19巻徹底チェック(上)の続き http://saineria.at.webry.info/201710/article_1.html
★ハリーの服★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
ボタンや模様を付けています ★ヴィクトーリアの服★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
襟に模様がついています
<Memory;96 繋ぎ止める> ★ヴィヴィオのバリアジャケット★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
首と襟、腕部分に陰影を入れています ★ヴィヴィオの首と腕&なのはの首と胸★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
それぞれ陰影を付けています ★なのはのリボン、襟、首、左指部分★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
それぞれ陰影を付けています ★ヴィヴィオの首と襟★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
それぞれ陰影を付けています ★射撃魔法の余波★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
なのはの指とヴィヴィオの肩辺りに修正されています ★擬音★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
“パァァァァ‥”が付きました ★魔力光★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
手の平に収束していく魔力が描かれています
<Memory;97 撃ち抜く閃光> ★算用数字と漢数字   ★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
★ヴィヴィオの眉毛★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
眉毛の色を訂正しています ★ヴィクトーリアの服★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
<コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
どちらも襟に模様を付け忘れていたのを訂正しています
チェック箇所は以上です。ジャージが曲者でしたね。 毎巻修正箇所をチェックしているのですが、藤真さんからは“まだまだあります”と、100点満点をもらえたことはありません。それだけ単行本では作品を良いように手直ししていることを痛感しました。 さて、次巻の単行本20巻が最終巻となります。最後もしっかりとチェックしたいと思います。 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村
魔法少女リリカルなのはViVid (19) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA
2017-07-24
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女リリカルなのはViVid (19) (角川コミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

魔法少女リリカルなのはViVid第19巻徹底チェック(上)

単行本19巻では、遂にヴィヴィオ対なのはの試合が開始されます。 ミウラ戦とは違ったヴィヴィオの戦い方に驚かされます。 藤真拓哉先生にヴィヴィオ対なのはの試合の感想を伺ったところ、なのはを殴るヴィヴィオを描くのはつらかったとのことでした。単行本では「いっぱい直しています」とおっしゃっておりましたので、連載版との違いを隈なくチェックしてみました。
<Memory;93 2人のカウントダウン> ★足首と足先の装飾部★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
★マントとリボン★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
着色されていなかった箇所を修正しています ★算用数字と漢数字★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
★エルスの服★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
腕部分を装飾しています。少しオシャレ度がアップしましたね ★リオのジャージ★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
<コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
★コロナのジャージ★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
それぞれジャージのズボンにチームナカジマのロゴを描き忘れていたので修正しています ★算用数字と漢数字★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
<Memory;94 可能性> ★ミウラのジャージとリストバンド★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
それぞれ模様を修正しています ★コロナのジャージ★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
小さくて分かりづらいですが、ズボンのNロゴが抜けていたのを修正しています ★漢字訂正★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
ミウラの台詞で漢字変換ミスを訂正しています ★コロナのジャージ★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
手首部分の色を修正しています <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
このカットでもコロナの手首部分の色修正とズボンのNロゴを描き足しています ★アイリンの扇子★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
<コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
色付きに修正されています ★フェイトのジャージ★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
模様の色を訂正しています ★ヴィヴィオのジャージ★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
ロゴの描き忘れを修正しています ★なのはのジャージ★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
腕の箇所を色修正しています ★ノーヴェ、リオ、コロナのジャージとコロナのリボン★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
チームのロゴを入れ忘れていたのを訂正。コロナのリボンの模様を修正しました ★フェイトの制服★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
ボタンの色を修正しました
<Memory;95 予想と理想> ★エリスの服★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
腕の箇所に模様が入りました ★ハリーの服★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
手首の箇所に模様が入りました ★ジークの服★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
色修正しています ★なのはのバリアジャケット★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
右足首部分を修正しています ★ノアの実況マイク★ <コンプエース連載版>
画像
<単行本版>
画像
耳の箇所を修正しています
※続きは魔法少女リリカルなのはViVid第19巻徹底チェック(下)へ http://saineria.at.webry.info/201710/article_2.html

コンプエース2017年11月号~遂に物語はクライマックスへ!~

聖羅夢です。 夏アニメが最終話を迎え秋の新作アニメが始まろうとする中、コンプエースの連載漫画も最終話を迎えることが発表されました。 連載開始から約8年となる長寿作品『魔法少女リリカルなのはViVid』が第102話で完結することが決まったのです。ヴィヴィオとアンハルトの成長を見守ってきましたので、なんとも感慨深い気持ちです。 そんなコンプエース11月号の表紙は『フェイト/アポクリファ』。 モーちゃん格好いい!  巻頭特集も『フェイト/アポクリファ』。TVアニメ12話までをまとめています。
魔法少女リリカルなのはViVid第101話「世界で一番」 挑戦者アインハルト対チャンピオンエーデルガルトとの試合です。 そして……アインハルトに関連する伏線が全て解消される一話でもありました。
現在単行本19巻をチェック中なのですが、今話で気になった校正ポイントをいくつかピックアップしてみます。 <首と胸部分>
画像
<ベルト部分>
画像
画像
<前頁ではこうでした>
画像
アインハルトの新たなスタートを是非本誌でお確かめください。 そして、次話の第102話が最終回です。 <コンプエースでのなのはまだ終わらない!> 新たな“なのは”が始まります♪
画像
次号予告でも大々的に取り上げられています。
画像
コンプエース2017年11月号の情報は藤真拓哉先生のブログにもありますので是非チェックしてください。 http://www.fujimatakuya.com/blog/2017/09/post-95cf.html
にほんブログ村
コンプエース 2017年11月号
KADOKAWA
2017-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コンプエース 2017年11月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

コンプエース2017年10月号~祝! 100話達成!!~

サイネリアの聖羅夢です。 表紙は「プリズマ☆イリヤ」のイリア。劇場公開したばかりなのでホットな記事が掲載されています。
画像
アニメイトではイリアのブロマイドが封入されておりました。
画像
「プリズマ☆イリア」なのに主人公のイリアがいない? と思われるのでしょうが仕方ない(笑)。 早速観てきましたが、「魔法少女リリカルなのは」であれば、なのはと出会う前までのフェイトの物語に近いかもしれませんね。
魔法少女リリカルなのはViVid……遂に連載第100話です!タイトルは「覇王流 アインハルト・ストラトス」 一度も休載することなく連載を続けてこられた藤真拓哉先生、おめでとうございます! 一足先にイベント会場で直接お祝いの言葉とヴィヴィオ対なのはの試合を振り返っての感想をお伝えさせていただきました。 さて、ヴィヴィオの試合が終わった後は、アインハルトが主役のストーリーです。
画像
アインハルトの伝説が始まろうとしています。
コンプエース2017年10月号の情報は藤真拓哉先生のブログにもありますので是非チェックしてください。 http://www.fujimatakuya.com/blog/2017/08/post-709e.html
にほんブログ村

こみっく★トレジャー30参加します

2017年9月3日(日)会場:インテックス大阪 サークル「サイネリア」で参加します。スペース番号5号館「ネ30b」 <お品書き> コミケ新刊 それぞれの武の道 400円(会場限定ブロマイド付)
画像
既刊+既刊全巻セット
画像
★委託のお知らせ★ サークル「みはるワークス」 http://gangando.blog87.fc2.com/ なのはまんが大王出張版:50円 ライダまんが大王総集編3:1000円 コミケ新刊二種持込ます よろしくお願いします にほんブログ村 漫画ブログ 同人・同人漫画(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

魔法少女リリカルなのはViVid第75話「タオ・ライカク」 解説ブログ

サイネリアの聖羅夢です。 心ルートがメインです。訳ありの伏線が張られていたタオについて色々と明かされた一話でした。
【登場人物】5名 コロナ・ティミル タオ・ライカク  シュエ・ローゼン オットー リンナ・タンドラ
【解説】 登場人物がわずか5人であり、技ルートと力ルートのサブストーリーを省いている。タオに焦点をあてており、重要人物の一人として描かれている。 過去のエピソードで謎多きキャラクターとして伏線が張り巡らされていたタオの秘密が遂に明かされる。タオ自身は「呪い」と言う、自らの髪を武器として扱う「憑髪」の猛威が一同の前で披露されることで、事態の深刻さが伝わって来る展開となっている。 タオの深刻さに比べて、リンナの楽しそうな変装術やコロナの格上の相手との対戦を楽しむ姿勢、リンナが勧める変装を丁重に辞退するオットーの表情などの描写は万事軽妙で、作風が必要以上に重くならないように配慮もされている。 《タオの憑髪》 タオ自身が呪いというだけあって、コロナを圧倒する力を発揮している。だが、タオの目から光が消え、半ば気を失った状態で発動していることからも、意思で制御出来ない発作の様な描かれ方である。「気を失った」と先に書いたが、道教では気が集合することで物質が形成されると考えられていたので、本来の長さよりも伸びて暴れるタオの髪も気が制御出来なくなった末に形成された産物と解釈しても良いのではなかろうか。 タオと対戦するコロナもゴーレムを魔法で創りだして使役する部分では、タオとも相通じる部分があるので、組み合わせの相性もよく練られたものであると分かる。 《コロナの反応》 心ルートの番人がオットーのネクタイを見せて、既に彼女の手中にあることを示したのだが、コロナは“あー…”と察しがついた反応をしている。これは、オットーが捕らわれているのではなくて、オットーが番人に同意したことを意味していると解釈したものと思われる。だから、タオとの試合も意味のあることなのだと理解したのだ。 《成長したコロナの格闘術》 試合開始後の徒手格闘戦で、コロナはカウンター狙いのタオの拳打をフェイントで空振りさせて反撃に出たのだが、全く逆のことがインターミドル予選3回戦で行われていた。アインハルト対コロナの試合である。敗戦から学んだことを実践しているのである。
にほんブログ村
魔法少女リリカルなのはViVid (15) (カドカワコミックス・エース)
KADOKAWA/角川書店
2015-12-22
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女リリカルなのはViVid (15) (カドカワコミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

コミケお疲れ様でした

コミケ92参加の皆さまお疲れ様でした。 東京へは飛行機で 雲を見下ろす風景が好きなのでパシャ!
画像
サイネリアのスペース 新刊は印刷所から会場搬入でしたので、当日まで完成品が見れないドキドキ感がありました。 無事に新刊が出せてなによりです。
画像
次回のイベント参加は「こみっく★トレジャー30」(9月3日 インテックス大阪)です。 コミケで出した新刊を持っていきますね。

魔法少女リリカルなのはViVid第74話「技と力」 解説ブログ

サイネリアの聖羅夢です。 技ルートと力ルートがメインです。ノーヴェコーチ……色々とすごいです!
【登場人物】13名 高町ヴィヴィオ アインハルト・ストラトス ユミナ・アンクレイヴ コロナ・ティミル リオ・ウェズリー  ミウラ・リナルディ ノーヴェ・ナカジマ イェン・ランカイ シュエ・ローゼン アイリン・ハーディン オットー  リンナ・タンドラ タオ・ライカク
【解説】 「技」ルートでのヴィヴィオとミウラ、「力」ルートでのアインハルトとリオらの試練を描いている。タイトルの「技と力」は、「技」と「力」ルートでのストーリーを意味している。また、アイリンとノーヴェの指導でも「技」と「力」についての説明がされており、ヴィヴィオ達に課題を提示して次のステップへと進むことが目的であったものと推測する。本気の実戦形式で指導する事が一番効率の良い鍛錬と判断したので、アイリンはヴィヴィオらに対して挑発的な態度をとったのだろう。ノーヴェは自身の正体を隠すことで、アインハルト達に手加減されないよう細工をした上での対戦であった。アイリンは、ルーフェンの伝統武術に触れることで自身の武術をさらに磨いて欲しいと期待しており、ノーヴェは教え子達に普段のトレーニングや指導では伝わらない鍛錬課題を示したいとする目的があった。二人の教え方も見所となる一話であった。 《扉絵考察》 変身メイク姿のノーヴェが構えており、彼女の独擅場となるカットであった。変身姿とは言え、ノーヴェ一人だけの扉絵は今話が初めてとなる。単行本15巻裏表紙にカラーイラストの変身メイク姿が掲載されているので、こちらを確認してから本話の扉絵を見ると魅力度が増すので是非お勧めしたい。 ノーヴェの構えは、Memory;72「鍛錬課題!」でアインハルトが「空破断・改(仮)!」を放つ前の構えに酷似しているのだが、アインハルトとは左右の腕の位置が逆であり、左拳から技を出す構えをしている。本編では右拳で「断空拳」を使用していることから、左右どちらの拳からでも技が出せるものと推測する。 《ノーヴェ対リオ》 リオは炎雷変換資質を活かした格闘技で攻め続ける。拳に炎熱の魔力を付与した「炎龍破」に、脚に雷の魔力を付与した蹴りを入れようとするものの、全てかわされている。ノーヴェが受け止めようとしなかったのは、魔力付与のダメージを受けないようにする事と、力押しを防ぐためであったと思われる。また、不発に終わったリオの技であるが、両手に炎熱魔力を付与していたことから、Memory;38「情熱の行先」で、ハリーに使用した「絶招織炎虎咆」であったと推測する。防御の上からでも大ダメージを与える技なのだが、両手に魔力を付与する際にノーガードになる瞬間を突かれて打撃を受けている。リオの技は、魔力とパワーはあるものの対応され易い欠点があったのだ。ノーヴェは特殊な技を使わず基礎の拳打だけでリオに勝利しているが、技の速度・精度が達人レベルなのである。基礎レベルの違いが強さに表れている。 《伝統武術と扇子》 扇子を防御に使用したアイリンであるが、中国武術には扇子を使った拳法が存在しており、「体極扇」や「花架拳」が代表的である。「体極扇」は「体極拳」と「体極剣」の動作をもとに、 ゆっくりとした穏やかな動きが特徴で、「花架拳」は“華麗なる舞の如き秘拳”とも呼ばれ、相手の死角にはいって関節技やツボを攻撃する技が多い。女性でも扱える武術とされており、アイリンの華凰拳でも護身術として存在していても不思議ではないのだ。
にほんブログ村
魔法少女リリカルなのはViVid (15) (カドカワコミックス・エース)
KADOKAWA/角川書店
2015-12-22
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女リリカルなのはViVid (15) (カドカワコミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

夏コミ お品書き

無事入稿できましたので、新刊と当日の配布物の告知をしておきます。 サイネリアのスペースは『日曜日 東ム25a』 新刊は魔法少女リリカルなのはViVid解説本「それぞれの武の道」 原作第78話から84話までの解説になります。
画像
今までの解説本シリーズも持込します。 単品販売では各400円 既刊全巻セット 5000円
画像
毎日、エアコンの効いた涼しい部屋で作業しておりましたので、外に出たときは熱気と日光でまいってしまいそう……東京ビッグサイトの会場でも暑さ対策を怠らず参加したいと思います。

コンプエース2017年9月号~劇場最新情報!~

サイネリアの聖羅夢です。 今月号の表紙は『魔法少女リリカルなのは』より。 『魔法少女リリカルなのは Reflection』公開記念で『魔法少女リリカルなのはViVid』とコラボしています! なのはとフェイトが時空を超えてヴィヴィオに会いに来ましたよ♪
画像
特集は『魔法少女リリカルなのは Reflection』の最新情報。
画像
入場者プレゼント情報! 5週目までのプレゼント。全種類コンプリートすることは困難ですが、お気に入りのキャラがもらえるといいですね。
画像
さらに……続編の発表です!
画像
魔法少女リリカルなのはViVid第99話「ただいま」 ヴィヴィオ対なのは……勝者はどっち!? 是非本誌でお確かめください。
画像
試合場で本気で戦っていた二人が、親子に戻って笑顔満載です。二人の表情が今回の試合内容を物語っていますね。もう最終話でもいいような、あったかい締めくくりでした。 次回は遂に“100話”です!! 次号は8月26日発売です。劇場情報が満載の予感……。
画像
コンプエース2017年9月号の情報は藤真拓哉先生のブログにもありますので是非チェックしてください。 http://www.fujimatakuya.com/blog/2017/07/9-c262.html
にほんブログ村
コンプエース 2017年9月号
KADOKAWA
2017-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コンプエース 2017年9月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
魔法少女リリカルなのはViVid (19) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA
2017-07-24
藤真 拓哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法少女リリカルなのはViVid (19) (角川コミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

夏コミ告知

コミックマーケット92にサークル出展します 8月13日(日)  配置:東地区ム25a  サークル名:サイネリア 新刊は『魔法少女リリカルなのはViVid解説本 それぞれの武の道』のオフ本です。 ルーフェン編をまとめた一冊となります。 伝統武術についても色々と考察しました。 あとはゲスト様の原稿が届けば締め切りまでに入稿できると思いますので締め切り前の修羅場モードは避けられそうです。 イベント前に夏休み旅行やなのは劇場版の公開でこれから忙しくなりそう……。 時間があれば会場用のグッズを作って持っていきますね。

コンプエース2017年8月号~単行本発売日決定!~

サイネリアの聖羅夢です。 今月号の表紙は『Fate/Apocrypha』よりジャンヌ・ダルク。彼女の勇姿がもうすぐ見れますね。7月よりアニメ放送スタートです。
画像
来月公開の『魔法少女リリカルなのは Reflection』情報です。
画像
主な登場人物たちが描かれていますね。えっ? 守護騎士たちは? ちゃんと活躍の場があるはず!
魔法少女リリカルなのはViVid第98話「虹の一閃」 単行本19巻の発売日が7月26日に決定しました! 今話ではヴィヴィオ対なのはの試合がいよいよ大詰めを迎えます。 みんな笑顔のカラー扉絵
画像
アインハルトの手をしっかりと組むユミナがしっかりと正妻の位置をキープ(笑)  母の愛を強く感じる1コマ……たくましく成長した娘だからこそ全力全開で想いをぶつけるのです!
画像
二人の対決の続きは本誌でお確かめください
コンプエース9月号は7月26日発売です。なのはViVidが表紙ですよ!
画像
コンプエース2017年8月号の情報は藤真拓哉先生のブログにもありますので是非チェックしてください。 http://www.fujimatakuya.com/blog/2017/06/8-e1ca.html
にほんブログ村
コンプエース 2017年8月号
KADOKAWA
2017-06-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コンプエース 2017年8月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

リリカルマジカル23参加します

いよいよ明日開催となる『リリカルマジカル23』にサークル参加します。
画像
なのはViVidが連載して遂に97話となりました。100話の大台まで目前となりましたので、今後のストーリーを推測してみましたので、会場限定配布のペーパーにして用意していきますね。

コンプエース2017年7月号~娘として~

サイネリアの聖羅夢です。 今月号の表紙は『幼女戦記』です。付録はTYPE-MOON作品のクリアしおりですよ。
画像
特集はFGOです。新章開始までに「新宿編」をクリアしておかなければ……。
画像
魔法少女リリカルなのはViVid第97話「撃ち抜く閃光」 前話第96話「繋ぎ止める」では、なのは視点でヴィヴィオへの想いが描かれていましたが、今話ではヴィヴィオ視点でなのはへの想いが描かれていました。スターライトブレイカーが放たれるまでにヴィヴィオの脳裏に浮かんでいたものとは……
画像
ヴィヴィオとなのはの出会いについては、第2話「昔はいろいろありました」(コンプエース 2009年8月号)でも描かれていました。
画像
藤真先生に単行本1巻と現在のViVidのイラストについて質問したことがあるのですが、苦笑いをしておられました。第2話が連載されたのはもう8年前になるのですね。昔はいろいろありました(笑)。 ヴィヴィオは、なのはのスターライトブレイカーを防ぐことができたのか? 試合の行方は本誌でお確かめくださいませ。
コンプエース2017年7月号の情報は藤真拓哉先生のブログにもありますので是非チェックしてください。 http://www.fujimatakuya.com/blog/2017/05/7-7823.html
にほんブログ村
コンプエース 2017年7月号
KADOKAWA
2017-05-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コンプエース 2017年7月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル